続々茶壺壺壺…

0001_3

先日、東京のお茶好きの方の手から、
こんなにもたくさんの茶壺(ちゃふう)が
好日居にやってきてくれました。

もっともっとお茶を淹れなさい!
ってことでしょうか…

茶壷を使って育てていく
養壷(やんふう)
と言う言葉があります。

うつわに美味しいお茶を飲ませて、
(つまり、美味しいお茶を淹れて)
お茶が美味しく入る器に育てていくのです。
さまざま使って育てて、楽しもうと思います!

| | コメント (2)

大山崎春茶会 2013.05

遅刻気味の報告ですが…
今春も大山崎山荘美術館のステキな庭園内にて
中國茶會 無茶空茶 主催、中国茶会が行われ、
お手伝いに行かせて頂きました。
(好日居はお休みをいただき、すみません。)

今回のテーマは、
大好きなお茶処
-福建省-

福建省 岩茶の産地、武威山、
武威山と言えば、九曲渓
九曲渓と言えば、筏下り
がお決まりの観光です。

大山崎の庭園に浮かぶのは…竹製筏!?
茶杯を差し出すと、親切な船頭さん(?)が
冷製ジャスミンティーを青竹筒から注いでくれました。
0001_4

私は、こちらの茶席を担当しました。
相方さんさんは、茶友 囍茶さんの旦那さん。
0002_3
その≪福≫降る席では

大紅袍、肉桂、水仙、
岩茶の荒茶、を飲んでいただきました。
0003_3

岩茶の荒茶とは、
仕上げ焙煎前の一般には出回ることのない
とてもみずみずしいお茶です。

その日、途中で雨が降り出してきて、
写真が少しとなってしまいましたが

眺めのよい庭園で、
また通常非公開の茶室で、
あずまやで、
そして道の途中、
美しい新緑の中、
雨のしずくもごちそうに
美味しいお茶ノひととき、
お客様とともに楽しみました。

春ノ福建省の次は…
一体何処のお茶をいただけますでしょう…?
楽しみですね。

| | コメント (2)

21th-大山崎秋茶会2012

2012年10月6、7日(土、日)は、
中國茶會・無茶空茶主催、
大山崎山荘恒例の秋茶会(21th)。

秋のひと日、お手伝いに行かせていただきました。

複雑ないろいろが交錯する昨今、
…ひととき平和な味わいを…
と、メイン茶席は、庭に大きく設えられた
陰陽の大テーブルでした。

0001

中國の歴史的特別な年や
日本との国交における重要な年に製茶された
珍蔵普洱茶などなどをアレコレいただくための席。

人と人、
国と国、
陰と陽、
 …
ひとたび、
美味しいお茶でも飲みながらひとつのテーブルに
たくさんの人と人が茶の輪に集うまぁるい席となったのでした。

突如大山崎山荘の庭に、
そんな大きな陰陽紋が浮かび上がり、
天の神様や宇宙衛星から無事確認されたでしょうか…?

0000

補足ですが、その巨大テーブル
その陰陽の帆布は、無茶空茶のスタッフさん達が
(中の島に広げて!?)
チクチクチクチク縫い上げたとか…
気が遠くなりそうな作業、
楽しませていただき感謝です。

お茶にお菓子が美味しいコトはさることながら
忘れられない陰陽大円卓茶会となりました。

| | コメント (1)

Coussin de Lyon

0002
先日、友達の友達のフランス・リヨン土産を
ご相伴させていただく。

美味しいチーズ味のクラッカー、

そして、実はかねてより食べてみたかったくせに
圧倒される色に、日本人の私はつい味を期待・想像できず、
見るだけ…と、買わずに帰った後悔ノ菓子。
絹製の御座布団をお菓子にしたと聞く
「クサン・ド・リヨンCoussin de Lyon」 (リヨンのクッション)。

だって、目の覚める様なエメラルドグリーン。

0001

その鮮やかなマジパンの中は、
リキュールのきいたガナッシュ。

甘すぎず、リキュールのバランスよく、
美しく美味しい。
しっかり味の岩茶と併せていただきました。
さすが、美食の街 リヨン製。

そしてブルー好きな私は、
好日ないちにちを過ごしました。

| | コメント (2)

my after work

このごろ、休みがなく
バタバタとめまぐるしく過ぎゆきます。
が、とりあえず今週も無事終わり…

梅雨入りにもかかわらず
足を運んで下さったみなさま
ありがとうございました。

今週も店を閉めて、ご褒美のおつかれさまの一杯です。
0001
お供は、久々にパティスリー「SUMINO」の
「ガトー・カマンベール」
その名の通り、カマンベールのお菓子、
熟成感あるカマンベールのスイーツです。

本当は、赤ワインと行きたいところですが、
明日からの金継会の準備にかからなくては…
今から預ってるうつわを運んだり、と
酔う訳にもいきません。ノンアルコールです。
グラスの中はお菓子にあわせて
熟成感ある岩茶の冷茶。

来週も好日な日々でありますように。

| | コメント (4)

tea time @ bar

ひさしぶりにbarに行く機会があり、
お茶のリキュールを使ったカクテルをいただきました。
グリンティーフィズ。
Bar0001
サントリー ヘルメス/グリンティーリキュール
は、1950年代に発売されて以来、伝統的な製法を忠実に守った本格リキュール
だとか。
茶と酒。
どこかライバルの様で
常に気になる相手…

あるbarのマスターから言われたのは、
きちんとシェーカーが振れる様になったら
抹茶でさえ点てることができるのだそう。

そろそろ冷抹茶の夏がやってくる…
カウンター越しにシェーカーの音を聞きながら、
好日居もシェーカーの手慣らしをはじめなくては…

| | コメント (0)

今宵の桜

実は、あまり花見の宴に出かけることのないこの頃。
ですが、
0001
ずっと前からの習慣で
友人の部屋からみえる ある桜ノ木には
仕事の合間を縫ってでも、
毎年、必ずごあいさつに行きます。

桜と友、そして私。
ただお茶をいただきながら
春とコレカラ、を静かに迎えるのです。

特別に毎年見る桜、
ありますか?

| | コメント (2)

オトギのクヅユ

「オトギクヅユ」
心くすぐられる箱。
浦島太郎が開けた「玉手箱」のようなニオイがする。

そういえば、
花咲か爺さんの絵が
なんとも今の季節に響く

0001

…というか…
私は好日居で「花咲かばあさん」になりたいのだった~
…ふと、そんなことを思い出し…
好日居は5回目の春を迎える。

さて、「オトギクヅユ」
作り方は白湯を淹れるとあるのですが、
茶房といたしましては、
やはり、お茶で…。

0002

台湾・杉林渓高山茶(秋摘)。
甘く香る乳香に桜を添えた
「オトギクヅユ」
となりました。

| | コメント (0)

初釜へ

今日は初釜でした。

201201090001_2 

はなびら餅が社中さんのお手製となって何度目かの正月。
円形の求肥に白味噌餡、牛蒡、人参。いい塩加減です。

201201090007_2

絶妙な透明感が美しくもあり、素材佳し、頃合いよく大変美味也。

「御菱葩」、はなびら餅はもともと「宮中雑煮」と呼ばれ
宮中の正月宴の初献に饗されていたもの。
今では裏千家初釜用主菓子としても欠かせないものです。

201201090021

干菓子は、亀屋伊織製。
さすがの有平糖はいつも美味しいです。
煎餅には辰の焼印。

お正月、初釜、毎年変わらぬものですが
コレが無いと始まらないですね。

そんな初釜を無事終える事ができ、感謝。
また今年一年、美味しいお茶と共に過ごしていきたいと、
身が引き締まります。

さて、今日の京は明るい満月。
2週間後、次の新月が旧暦の元旦となります。 

| | コメント (0)

      。

ある方のおかあさまが亡くなられたと聞いて
その夜、ひとりそっとお茶を淹れる。

我ためでなく、
その方に。
肉体から離れて自由になられたそのたましいに。
まだ、きっと近くを自由にめぐっていらっしゃると信じて…

「まぁ…好日居はここにあったのね…」なんて、ほほ笑んで
「うん、おいしい!」などとたわいもない会話をかわしながら
ご一緒に飲んでくださるような気がして…

こっそり、お茶を淹れてみる。
白い大輪の菊花
長寿のお水。

どうぞ、そのたましいが天に召されてもずっとお元気でありますよう

そんなキモチをこめて
…私もお茶をいただく。

Dsc00299

| | コメント (2)