お江戸見聞録-2013Christmas今更サンタ編-

せっかく久々のお江戸へお上りさんですから、
お江戸在住の茶友さんとうろうろ…
2013120000
キューピーといえば、好日居
と、知って下さってる方もいらっしゃると思うのですが
好日居開店時に祖母のキューピー展を開催したこともあり
友達がキューピーサンタさん付きの金冠をプレゼントしてくれたので
すぐ横にあった大きなツリーのオーナメントにしてみました。

ふと、横を見ると…変な犬。
2013120002

2013120003
角がある?…いやいや…

2013120005
トナカイ犬だった!

2013120004
同じ飼い主さんには、こんな子達も一緒です。
サンタ犬s。
ぬいぐるみじゃなくて、着ぐるみ犬さん達です!
カワイ過ぎる子サンタさんたち。。。
けれど、眼差しはしっかりモデルしてる。
勉強になります。。。

…とおもいきや、のっそのっそ…
2013120006
こんなワンさん達もいます。
アニメ「ハイジ」のヨーゼフですよねぇ…?セントバーナード??
2013120007
貫禄あるサンタ犬。。。
わんさんの遠く後ろにバカラのシャンデリアが秘かに映っています。
そんな場所をお散歩なさる犬さんたちもただならぬ感じで
私よりはるかに上等そうでした。。。ハイ…

気を取り直して、渋谷に出ると、、、おやおや、運転手まで赤いお衣装。
2013120008

ハ~イ!
2013120009
こちらは愛嬌たっぷりの人間サンタさん。
なんと「東京クリスマスバス」とあるけれど
一体、乗るとどんなサプライズが待ち受けているのか…
願いを叶えてくれるなら乗ってみたい気もするけれど…
後ろ髪ひかれつつ、違うバスに乗って目的地に向う。

さて、ず---っと憧れのパテやさん、よこのカフェで一服。
201312240001
こちらにはお菓子のサンタさん。
素敵な時間でした~

正月を迎えるというのに、今更サンタ、ですが、
私がお散歩しただけで、写真に収めていないサンタたちもずいぶん居らっしゃったので
京都と違ってお江戸にはサンタがたくさん居る!とおもわれます。
そんなサンタ尽くしのお江戸紀行~
でした。

みなさま今年もたくさんありがとうございました。
来る年の日々が好日で
みなさまの佳い一年となりますように。

来年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

憧れのチェス@Budapest(ブダペスト)

「驚喜の温泉都市ブダペスト!」
という見出しの雑誌に魅せられ
ブダペストを旅したのは7年前、
Rimg2774
雑誌に載る≪温泉でチェスを楽しむ風景≫を見たくて行ってしまった。
といっても過言ではない。

ブダペストに行ったのは冬。
(↓冬の風景、もちろん飛び込み先はあたたかな温泉。)Rimg2773

零下にある温泉は湯気がものすごい。
宮廷広場の様でもあるその公共温泉のメインは露天(↑)。
温泉に浸かりながらのチェス場は
雑誌の写真のまま、ずっと変わるコトがない様だ(↓)。

憧れのチェスを楽しむおじさま方をじっと見つめていたら
「おまえもやるか?」
と声をかけられた。

残念ながら、憧れていたもののチェスのたしなみは無かった。
あぁ…ここでチェスができたら、コトバなど解らずともどんなに楽しいだろう!
…ずいぶん悔やまれた。

その旅の自分への土産は、もちろんチェスだった(↓)。
Rimg2772_2

…しかし、帰国後、忙しくてチェスを覚えるコトはなかった…

いつか朝一番、いざ勝負!
Budapest・セイチェニ―温泉でチェスを挑みに!!
…なんてコトはあるのか…?
…しかし、今だって大いなる憧れ、ではあるのだ。

(先日、ハンガリー帰りのMさまがご来居下さって
忘れていたmyチェスのコトを思い出した、と言うわけです。
どなたか、チェスの手ほどき!よろしく、お待ちして居ります。)

| | コメント (4)

一枚で満腹になる ロシアビスケット

雑誌「旅」盛岡特集の一頁を埋めた写真。

Rimg2421

↑なんとも気になるのは
「アルカイックスマイルkissmark

「一枚で満腹になる
ロシアビスケット」

「ロシアビスケット」は私が愛してやまない
盛岡名物(?)である。

Rimg2422

有りそうで無さそなビスケット。
名古屋・大須の「カタパン」より固くはないけれど
胡桃と地粉とが説明不能なくらい、旨い。

Rimg2420

「なぜ、ロシアビスケットか?」
また盛岡正食普及会の店主に聞きそびれました。
今度盛岡に聞きに行けるのはいつのことやら…

ロシアビスケットのコトは今年このblogに二度目の登場…heart04
単純に一年に二度もいただけるなんて…shine    

一枚でお腹も心も満たされる「ロシアビスケット」
でした。   

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『ロシアビスケット』/盛岡正食普及会/盛岡市上の橋町1-48/019-652-3751

| | コメント (2)

ちょっとミーハー

岩手と言えば。

粉も有名である。

小岩井…ちょっとメジャー処だが買ってみた。

Rot03376

岩手山に抱かれるおおらかな大地で育った南部小麦。

楽しみである。

| | コメント (0)

フルーツ王国!?岩手!?

Rimg2364

「黄王(きおう)」という林檎。ブルーベリー。プルーン。

Rimg2378

「さんさ林檎」

どれも採りたてでリーズナブル、もちろんとても美味しかったです。

| | コメント (2)

朝から健全なまち…盛岡。

Rimg2369

4時にはじまり8時半には閉店するという「盛岡 神子田(みこだ)朝市」

県庁所在地のまち盛岡にあって
盛岡駅からだって自転車で行けてしまう距離にある。

安くて新鮮。活気があって、正真正銘 庶民の台所。だ。

Rimg2371

並ぶモノが(関西では)見知らぬモノもチラホラ…

Rimg2370

団子だって知らぬ名前が見える。「おちゃもち(?)」
他イロイロ…気になるモノいっぱい。
梅干しならぬ杏干し(直径 φ60mmもあった!)は初めて見たし。
中華そばやさんなんかもあって、朝ご飯だって食べられる。

朝市を一周するだけでも元気がもらえました。
なんだかとっても健全でした。盛岡…。

 「早起きして どうぞ おでってくなんせ」

だそうです。

| | コメント (4)

3つひとからげ。の

岩手の農閑期に作られる数々の竹製手仕事の中から
今回はザルをget!
土地ならではのリーズナブル感につい大中小3ツsetを購入しました。

Rimg2374(←3ツsetを購入したままのかたち)

ザルの素晴らしさはさることながら
とっても感激したコト。

何に感激したか…

Rimg2375
↑この結び目、見えます?
イマドキならビニール製紐で結ばれてるコトが100%
に限りなく近いと想像されるのですが…
編んである竹の(おそらく)切れ端で絡げてあります。

岩手県…ってホントに天然生活度高し!
なんだか素材感に感心してばかり。

| | コメント (0)

サイカチの実

購入しそびれた魅力の「サイカチ」

昔の人は自然のモノを上手に使いこなしてる!

下記の使用法を読んでみて、購入しなかったコト、大後悔のひと品…

Rimg2372

洗剤負けする方や大切な漆器に!
環境にやさしい天然洗剤

サイカチ

※マメ科の木の実、新芽は山菜として食用になる

【用途】

アトピーなど肌が弱く洗剤負けする方
食器洗い・洗髪その他身体全般
(古くは煮汁を利用し色物の洗濯もしたそうです)
高級漆器に化学洗剤を使いたくない方
板場その他の拭き掃除

【使用方法】

1.適量のぬるま湯に浸し軽く揉んで下さい
2.出汁に洗剤成分が含まれています
  (茶色で少し泡立ちます)
3.出汁を利用しスポンジまたは柔らかくなったサイカチで食器等を洗って下さい
4.サイカチのクズや粉があるので軽くすすいで下さい
5.サイカチは泡立たなくなるかこなれてぼろぼろになるまで繰り返し使えます
6.洗濯や洗髪の場合はガーゼ等で漉してから使用するとカスが気になりません
7.煮出して使用する場合は細かに刻み冷やしてから使用
  (20㎝位1本に対し水20㍑~30㍑の割合)
8.拭き掃除の場合は二度拭きの必要はありません

※注意

 新物は土用頃までに中から小さな虫(無害)が出るので
 それまでは屋外に保管するとうにして下さい
 数年経ったものでも使用可能です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Wikipediaで【サイカチ】見ると

木材は建築、家具、器具、薪炭用として用いる。
豆果は皁莢(「さいかち」または「そうきょう」と読む)という生薬で
去痰薬、利尿薬として用いる。
またサポニンを多く含むため古くから洗剤として使われている。
莢(さや)を水につけて手で揉むと、ぬめりと泡が出るので、
かつてはこれを石鹸の代わりに利用した。
石鹸が簡単に手に入るようになっても、
石鹸のアルカリで傷む絹の着物の洗濯などに利用されていたようである。
(煮出して使う)
棘は漢方では皀角刺といい、腫れ物やリウマチに効くとされる。
豆はおはじきなど子供の玩具としても利用される。
若芽、若葉を食用とすることもある。

………(以上)………

サイカチ エライっ!

| | コメント (4)

井戸端にて

盛岡はかなり生活に近く湧水がきちんと管理されているらしい。

岩手涌水MAP(click!) なんてページも発見。

Rimg2368

こちらは「盛岡三清水」のひとつ、大慈清水。

水場が段々になっていて。

Rimg2373

いちばん上から

一番井戸 「飲料水」、

二番井戸 「米とぎ場」、

三番井戸 「野菜食器洗い場」、

四番井戸 「洗濯のすすぎ場」

となる。

ちょうどおばさんが洗濯を終えタライを抱えてるの見えます?

生活密着型水場。いいですね…

水を汲んでるオジサンとお話したのは言うまでもありません。

水のキレイな町はきっといい町。

| | コメント (6)

上を見よ

Rimg2367

看板好きな「盛岡」でしょうか?

「上を見よ」

その上に看板が8枚。

一瞬にして判断される能力に拍手…な感じですが。

「上を見よ」

だけで驚きでしたが…すごいな~

| | コメント (2)

より以前の記事一覧