【ご案内】「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)

日本の内閣府が
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)
を募集しています。(2012年7月31日18時まで)
要は原発に賛成か反対か、というコトですね。

老若男女、日本の人々さん、ぜひ後悔無きよう
人任せにせずにみなさんの意見を伝えましょう。
安心安全だと思っていたこの国はすでに過去の空想にすぎない…かもしれません。

端っこの隠された場所にあるのが原発。
この狭い日本では、どの県だって実はすぐソコにあるのです。
あなたは原発の横に住みたいですか?
原発の横に家族や子供、孫を住まわせたいですか?
ほとんどの人がNo!と即答されるのではないかと思うのですが…

私達の記憶にはくっきり、
着ぐるみ着ないと近寄れないあの映像を見たでしょう?

もしも、原発汚染に色がついていたなら…
例えば「真赤」とか、汚染されて居たらわかりやすいと思うのですが、
わかりにくいかな、原発の汚染は目には見えない「透明」です。

しかし、汚染された海、魚、土地、野菜、果物、虫も動物たちも被害者です。
傷ついた人々、人生、心、家族、そして人の縁。
いろいろな被害が未だ現在進行形。
また、そうあってほしくないと心から願うけれど、
これからはじまるかもしれない病との闘い、苦しみ。

原発が無くなると、ある部分の人達の経済が「いっとき」困窮するだけで
原発は無くてもちゃんと生きていけるのです。

困る人達も「いっとき」リセットして、力をあわせて
たとえ少し苦労したり経済が苦しくなったとしても
もういちど、この国を基礎から、そしてゆるぎない骨太な国を築き直す
めったにないすばらしいタイミング、チャンスが到来した!
のじゃないかと思うのです。

原発をその土地の人に押し付けたりしないで
国任せにせず、ほんとうに必要なのか?
今、国があなたにイエス、ノーの答えを問いかけています。

海でつながる地球でのこと。
冷静に考えれば、国境など越えて地球規模の決断、につながると思うのです。

ぜひ、みなさんも愛情と覚悟を持って、清き一票を投じましょう!
2012年7月末日(18時まで)です。

■意見募集のご案内: http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/41225/

■内閣府: https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html

| | コメント (0)

わたしも、そしてみんなのコト。今も、そしてこれからも。

自ら耳を傾けないと、聞こえてこなくなった昨今。
ですが、
未だ、そしてこれからも、
ほんとうは深刻な日本の問題
覚悟しなくちゃいけない事実。
その存在に蓋をせず、
耳を傾けてみなくちゃいけないと思ったので…
あえて、blogに載せてみます。

fbより、ある方の報告。です。
…以下…

2012年4月11日

今日、第一原発の現場に入りました。

業務上の守秘義務もありますが、書けるだけ書かせて頂きます。

重要免震棟で説明を受け、骨組みだけになっている4号機、3号機を間近に見てきました。
本日の最高値は1,000μsv/h。
異次元の世界です。

素直な感想としては、進んでいるが進んでいない。
そして進んでもいるということ。
重要免震棟は線量の確保ができていますが、一歩外を出ると高い線量であることは紛れもない事実。

そのような中でMくんをはじめ、最前線でこの事故を押さえていこうと、尽力している方々がいること、当然のこととして仕事をしている方々がいることが、自身にとって大きな励みになりました。

間違いなく言えることは、現場の支えがなければ、東日本は吹っ飛んでいました。
今でも千本近くの燃料棒がむき出しの燃料プールに残っており、格納容器よりも危険な存在です。
今回の事故は、いい意味では上澄みの爆発。
燃料自体の反応で燃料そのものが飛び散っていれば、われらが八王子メンバーでさえも当事者になっていたという甚大さを実感しました。

そして、誤っていけないのは、今回の事故は最悪ではなかったこと。
重要免震棟がギリギリ半年前に完成していなければ、現地での対応は不可能であり、間違いなく今の日本はないということ。
幸いなことに最悪を免れることができたという、恐ろしい事実をもっと皆で共有すべきと感じます。

いいですか、本当にぎりぎりの状態でした。
今、それぞれの事業をどう展開させていくかといった議論をしていますが、それは奇跡的なラインが守られたから出来る話にすぎません。
隅田であれ、八王子であれ、日立であれ、東京全体であれ、おそらく西日本であれ、紙一重だったのです。
そしてしっかり対応しなければ、これからも紙一重であり続けるのです。

ふくしまが当事者というのは明らかな誤解。
本当に日本全体が当事者となるべき問題なんです。
きっとこれを実感はできないでしょう。
キツメのトーンになってしまいますが、共有できる皆さんだからあえて言います。
この重さを心に刻みつけてほしい。

その上で、当事者としてやはり皆さんにはかかわってほしい。
当事者として、外部支援者ではなく、自分自身が自分自身の仕事やライフスタイルをどう見直していくか、この原発に依存するエネルギー消費の仕事やライフスタイルの在り方を、真剣に考えるしかないと感じます。

むき出しの鉄骨を見て、改めて事態の深刻さを痛感しました。
テレビとは明らかに違うのです。
そして、その現場で体一つで作業している方々がいます。
その中には被災者がいます。
われわれ日本人はそういった方々に今この時も支えられているのです。

改めて福島を支援するということが誤解であることを実感しました。
逆に福島の地で今を支えていること、それによって日本が支えられているのです

だからこそ、この問題は皆がまさに当事者なのです
東京にいては分からない。
福島市にいては分からない。

ゆえに分からないではなく、想像を働かせる、思いを巡らせるしかないのでしょう。

第一原発の構内でわれらのMさんの伊達重機のクレーン車と運命的にすれ違いました。
逃げない彼らがいる。そういった人がいるから、普通の生活が送れている。
それは今も変わらない。

皆さん、原発が収束していないというのは事実。
そして福島の問題ではないことを、しっかりと共有しましょう。
ふくしまの問題と考えること自体が誤りだと、本当に痛感しています

それが私の今日の報告です。

| | コメント (2)

今日のカウンター/原発①②③

今日は不思議なほど原発が話題になる
好日居のカウンターでした。

【①-巻町で原発反対運動をされてきた方】

最初のお客様は、長年原発反対運動をされてきた客様。

新潟県巻町原発計画 を最終的に住民投票まだ持込み
反対派が勝利、建設を阻止、
なんと…30年も原発反対運動をされた結果のコト。
その道のりには計り知れないご苦労があった様です。


3・11以後、巻町の朝市では、農家のおばあちゃん達が
(もと推進派だった人たちも…)
「巻町に原発が出来なくてよかったねぇ」
と言いながら、朝市で平和に野菜が売られているそうです。

原発というのは計画段階から、
推進派×反対派で戦いがはじまります。
平和であったその土地に…

原発が出来ないコト意外何の得にもならない反対派の方々
は多大なる人生をの時間を使って反対の旗を揚げる、
脅され、いたずらされ、干され、疲れ果て…
原発推進派の方々には出世や肩書が与えらたり甘い蜜が注がれる…
安全や命と引換えに「悪魔に魂を売る」…
そんな世界の様です。

原発を受け入れざるを得ない致し方ない理由がある。
地方と中央のバランスがよい国になる
何かよい政策がないのでしょうか?

「原子力は人があつかうべきものではない」
そう言い残して帰られました。

【②-町家暮らしのお客様】

次にカウンターに座られたのは
少し前の普通、日本が皆そうであった
美しい町家の暮らしをされている女性。

このごろ火加減をみることができない人が日本中に増えてるとか…
原発が推進してきた便利な「オール電化生活」のたまものでしょうか?
確かヒトは唯一、火が扱える動物…
…でしたよね…?

技術の進化、便利生活は人間を退化させる!?
少し手間ひまな暮らしに再び目を向ける時…
退化しない様に…。
…と自分にも言い聞かせた次第。
少し昔の生活を見直したい…と思うこの頃。

【③-原発反対デモへ向かう前の一服】

3人目のカウンターのお客様は、
一週間、京都で原発反対デモがあるので
そちらに参加する前にお立寄りいただいたお客様。(下記)

ノーモア ヒロシマの私達がなぜ危ない原発を作り続けるのか?
関東地方の病院で エックス線フィルムから多数
福島原発の放射能と思われる黒点現る。
より密室である病院のレントゲン室のフィルムでさえ…
微量とはいえ汚染されているのだ。→click!
目に見えないからこわい。
____________________________

■5月16日(月)~5月21日(土)
1週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発(→click!)
18:00 三条大橋西側集合
18:30 デモ出発(三条河川敷出発、河原町を南下、
     四条をすぎ、仏光寺通りをUターンして三条河原にもどる)
5人でも10人でも歩きます。
プラカードや鳴り物、自分の得意な表現で、
あるいは仕事帰りにフラっと立ち寄る感じで自由にどうぞ!
雨天決行。
____________________________

そのお客様からは
原発反対のデジタル署名できるサイト!を教えていただく。
ぜひ、と思う方は署名致しましょう。(→click!)


なぜか今日は濃厚に原発について考える日となりました。

| | コメント (0)

自分自身責任法Ⅱ/苦情社会の弊害

以前にも似た話をぶつけてしまいましたが今ひとつ社会にモノ申す…スミマセン

またひとつ欲しいモノがNIPPONから消えてなくなった

ガス充填式ライター

だ。Rimg0836 アウトドアのお店で見つけて購入、5年程使用。
先日とうとう壊れたのでアウトドアのお店に行った
「製造中止になっています」とのこと…
デザインが控え目で充填式…というのも気に入っていたのに…
慌てて他のモノを探したけれど使い捨てのモノばかり…おまけにデザインも悪い

そんな話をしていたらお客様のご親戚がその充填式ライターのメーカーの方で
在庫を聞いてもらい…わずかな期待を楽しみに待っていたら
最近液化ガスの移充填が禁止されたらしく、全品回収となった。
との事。
そしてもちろん…充填ガスもなくなるだろう…と…

早速ネットで充填式ガスライターを買い占めた
ついで充填ガスも買い占めなくてはいけないらしい…(苦笑)

確かにガスにはいろいろと問題がある
ガス台についてもしかり
今や安全装置の付いていないガス台は日本では販売禁止となり
好日居の愛すべきロジェールのガス台も違法の産物となり果てている

しかし、目に見えぬ安全装置に頼ってばかりいる人間でいいのか!?
安全装置を信頼するばかりに危険察知能力、感覚が失われていくだろう
危険皆無の世界などこの世にありはしない
ガス漏れの匂い→危険…決して良きコトでは無いが気付けぬ方が怖くないか?
安全装置が壊れた時…それも有り得る事態
安全装置神話とならねばいいが…

もちろんメーカーも最善の努力はすべきだが
使用者も五感を働かせてすべてをメーカーのせいにせず使用すべきだと強く思う
苦情社会がヒトを益々ダメにしていないか?

この先クレーム対象にならぬ当たり障り無きモノしか生れて来なくなるだろう
これではこの世から多くの良きモノを消していくばかりである

他人に迷惑をかけぬよう気を配り安全・危険も自分で嗅ぎ分け生きたいものだ
過剰な至れり尽くせり社会…ってどうかと思うこの頃である

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祇園祭宵山散歩-蛍光灯時代到来

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆ 2008.07.17更新

宵宵山のどしゃぶり雨後の昨晩、
めずらしく涼やかな祇園祭・宵山でした。
「好日居」に名古屋からみえたお客様が蟷螂(とうろう)山のカマキリに会いに行くと夕方お出かけになりました。
ついつられて遅めの時間、好日居もひさしぶりに蟷螂山や南の端の方から中心部へ宵山散歩してきました。

驚いたのはすべての山鉾の提灯(ちょうちん)が蛍光灯に変わった事、
私にとってはとても違和感のある雰囲気でした。
仕方ない事なのかもしれませんが時代と共に変わっていくのだなぁ~
…と…ふと蠟燭の燈った提灯の祇園祭を見たことはありませんが、
そんな宵山を想像しつつ思いを馳せて歩いた昨晩でした。

私はどうしても蛍光灯の光が夜灯すあかりと感じにくくとても苦手です。
電球の色はホッとできるのですが、蛍光灯では全く落ち着きません。
実は心より困っています。
早く寝るしかないかしら…と…思ったり…
本当になくなるんでしょうか…
白熱灯を使ってると非難される時代がくるのでしょうか…
ずいぶん困りながら考えながら過ごす日々です。

中世の石造の教会にこぼれてくる光、
小さなろうそくの光、
何もなくても光に神宿る空気を感じます。

「ねぇねぇ日本の神様、ホントに蛍光灯お好きですか??」
神様にもたずねてみたいのですけれど…
「もっと夜は程々に休みなさい」って言ってくれないかなぁ~
何もかもスピード&巨大化して休まない地球…

『もっと地球を休もう!』

もう少しみんなが太陽の光に寄り添う生活にすれば…
そうすれば「さよなら白熱灯問題」なんておきないのでは…?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『製造者責任法』改め使用者『自分自身責任法』/スバラシイ人間の感覚に敬意をはらって

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆ 2008.05.21更新

この頃、商品説明が無駄に多すぎませんか?
『製造者責任法』や諸々の法律も妙に他人任せな法律に思えます
個人が自身に責任を持つ事を忘れてませんか?
と思うのですが…ちょっと今日はお堅い話ですみません

ちいさな和菓子を買ったら
≪ご注意≫
「○○でお願いします」
「○○の上ご賞味下さい」
「○○の恐れがありますのでお気を付け下さい」
…あっけ…
「きな粉の開封時飛び散る恐れがありますのでお気を付け下さい」
そんな注意までしてもらわなくちゃいけないのかしら?
と思うのですが、、、
法律があるから企業側も大変だ
「注意をしておきましたが、お客様が注意できなかったので仕方ありません」
そんなためにわざわざたくさんの注意書きを書かなくてはいけない
電気製品の説明書にあってはもっとすごいですよね…

こんな馬鹿げた話も聞いた
金物加工をされてる方の話、
「泥棒よけに塀の上につけるトゲトゲの柵を取り付け泥棒が怪我をしたとする。
その泥棒が『この怪我はトゲトゲを作った金物屋のせいだ!どうしてくれよう!!』
と言った場合、製造者責任法では金物屋さんが負けてしまうらしい…
…あっけ…
和菓子屋さんの注意書きにならって柵に
「この柵は怪我をする恐れがありますのでお気を付け下さい」
とシールでも貼らなくてはいけないの?
本末転倒

国立公園内で落下してきた枯枝で重傷を負った事件も国の責任でしたっけ
でもきっと≪自然≫を楽しみに行かれたわけですよね…
新緑も枯枝もあっての自然…重力に従って落下してきたら
避けるか運が悪かったとしか言いようがないかと思うのですが…
それを訴える人は『自然風に造られた人工公園』を求めてるのかな?と思ったり
他人のせいにしていたらますます危険回避の能力落ちます…ょ…と心配になります

子供が危なければ親や大人が責任を持って注意し守る
大人は自分自身を守って生きていく

どうだろう?この『製造者責任法』をはじめいろいろな法律に物申ス
勿論法律全てを否定しているわけではありません。が、
人間はそこまで注意されなくてもできる≪素晴ラシ~イ感覚≫を持っていると思うのです
この法律たち
【注意力判断力そして感覚を奪われた人間を製造する恐れがありますので
  お気を付け下さい】

注意して判断してなるべく自分の身は自分で守る
それが基本でしょ?と思うのですが…

いかがなものでしょう…

『製造者責任法』よりも『自分自身責任法』が今必要なのでは?

| | コメント (2) | トラックバック (0)