« [ご報告]音と香/hayato aoki &maka & 好日居 | トップページ | 祝花 再花 »

好日居繕いの会だより 2014-04

4月の会は、ちょっとインターナショナル、
スペイン・バルセロナで華道を習う8名の女性達が
繕いの会をのぞいてくれました。

日本文化、うつわの繕い、
みなさんとても興味津々…
0001_2

その内のおひとりは旦那さまが日本人で
バルセロナで「Can Kenji」という居酒屋?を経営されている。

「ぜひ、次回日本に来た折には金継会に参加したい!」
と、希望されていましたが、
・漆による繕いは時間がかかりますよ~
そして
・繕ったものはとても丁寧に扱ってくださいね~
 もちろん手洗いで、繕った部分はなるべくさわらぬ様に~
などと、きちんと伝えられなくてはいけません。

そんな私達が地道にうつわを繕ってる風景、
異国の方々にはどんな風に映ったのでしょうか…?
言葉がもっと通じればよいのですが…
気になるところです。
 
さて、別の日の作業風景です。
湯呑の上に載せて?
手のひらサイズのお碗の全面に黒漆を塗ってる人がいました。
0002_2
さてさて、どんな風に仕上がるのでしょうか? 
 
5月より産休されるSさんから
こんなかわいらしいお手製ケーキをいただきました。   
0003_2
窓がいっぱいのおうちの形のケーキ。
楽しいわが家。おおらかゆったりおかあさんになりそうですね!
無事のご出産を
そしてまたいつか復帰を楽しみに!!
 
そんな4月の繕いの会でした。

|

« [ご報告]音と香/hayato aoki &maka & 好日居 | トップページ | 祝花 再花 »

好日居繕いの会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [ご報告]音と香/hayato aoki &maka & 好日居 | トップページ | 祝花 再花 »