« 秋ノ気功とお茶のひととき-20131106 | トップページ | 気の早いサンタ!? »

好日居ノ茶教室だより-2013-11

今月の茶教室は、
≪平成の貴人的遊戯茶時≫ ?
としてみました。
110000
これが遊戯具。
110001

発端は、11月11日、駆け込んだ最終日の奈良・正倉院展。
宝物のひとつ、
110006
≪投壺(とうこ)≫と≪投壺矢(とうこのや)≫
という展示

その説明はこうだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
古代中国において、宴会後の余興として行われた儀礼的ゲームに用いられた遊戯具。
投げ入れる壺、すなわち「投壺(とうこ)」と言われる。
儒教の教えを説いた書物『礼記』には、
矢二本半分の距離から矢を交互に投げ入れて点数を競い、
負けた者は酒を飲む。
この勝負を三回行って勝敗を決める。
奈良時代、投壺は貴人の遊戯であった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
?負けた者は酒を飲む…?
酒は罰ゲームだったのだろうか…?
…どうでもよいことが気になってしまった遊戯≪投壺≫。
ふと、
これをお茶でやったら…?
ということで、
≪平成の投壺≫ ?
を作ってみたのでした。
110002
投壺は茶壺
投壺矢は夜鍋の好日居手製。
『礼記』に似せ、点数を競い勝ったものが茶を淹れる。
世界から宝物が集まった様に
美味しいお茶が世界から集まる平成の貴人気分で
競い、淹れ、飲んでみたわけです。
美しいニルギリの緑茶、
メーサロンの白茶、
同じくメーサロンの蜜香烏龍。

点心、
110003
奈良、茶粥、連想ゲームの続きは
茶飯にぎり
 
茶菓、
110004
「ぶと饅頭」(春日大社に伝わるという現代版?唐菓子?)、
干柿+柚子「柿須賀」
11月は奈良満喫の茶教室、となりました。
 
来月は押し迫る師走。
ホッとひととき、心あたたかなるお茶の時間を楽しみたいと思います。

|

« 秋ノ気功とお茶のひととき-20131106 | トップページ | 気の早いサンタ!? »

Tea salon 好日居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋ノ気功とお茶のひととき-20131106 | トップページ | 気の早いサンタ!? »