« 好日居繕いの会だより 2013-10 | トップページ | 秋ノ気功とお茶のひととき-20131106 »

「世界でつくられる中国茶」@京都府立植物園

11月3日(文化の日)、京都府立植物園ではお茶会などが開催されていました。

好日居は2年ぶりの出店で
前回は原付バイクで全ての荷物を運びましたが…
雨の今年は、車で運んでいただき大助かり!
 
開店前の腹ごしらえはOさんが花山椒のいなりずしを差入れくださいました。
(陶器のお皿に塗りの箸まで持ってきてくださって…!感激!)
0000_2
曇りのち雨の天気のせいか
ゆるゆる…
0002_2
開店前の写真しかありませんが
大きなヒマラヤスギの足元に茶席を開きました。
お題は「世界の国々で作られている中國茶」
0001_2
ネパール、インド・ニルギリ、タイ・メーサロン、で
中国茶の製茶法で作られるお茶を。
いずれも香り高く美味しいお茶たちです。

お菓子はSUMINOさんの塩サブレ。
世界で作られている中国茶
に合わせるお菓子として
世界(日本)で作られている唐納豆?「豆鼓」
と捉えてみました。
唐納豆が日本に渡ってきて作られているのが
大徳寺納豆、それを使ったサブレです。
 
雨に降られた文化の日でしたが
雨ニモ負ケズお越し下さった皆さま
ありがとうございました。
 
お茶淹れの私は他を回る事ができませんでしたが、
無茶空茶の黄先生も出店されていて、
植物園らしく花いっぱいのお茶を数々ご用意されていらっしゃいました。
 
その黄先生はスーパー雨女。。。
先生が好日居にお茶を飲みに来て下さいましたが
飲み終る頃にはザァザァ雨が降って来て。。。
いたずらっぽく、
「置き土産は雨ね…」
と、去っていかれました。
さすが、やられたっ!…
私は晴れ女なんですけど…
砂漠に雨を降らせる女、と噂される黄先生、
80年以上雨のない文化の日だったらしいその日生れのお父上の誕生日に、
2013年、とうとう雨を降らせたことにもなるらしい。。。
 
そういえば、無茶空茶主催、大山崎山荘美術館の中国茶会の折など、
市内は晴れていても、山崎の地だけ雷雨だったことなど何度か在ったっけ…
そんな、雨と共にある緑の木々の中でのお茶ノひとときでした。

|

« 好日居繕いの会だより 2013-10 | トップページ | 秋ノ気功とお茶のひととき-20131106 »

好日居 イベント・茶会」カテゴリの記事

コメント

植物園でのお茶会、お疲れ様でした。会場となった植物園には子供のころ行ったことがありますが、記憶には残っていません。
確かに、晴れの得意日である文化の日に雨なんて、残念ですね。私は八ヶ岳の麓に星の写真を撮りに行ってたのですが、雷雨にあってしまいました。
そのおかげで(?)星仲間とはしっかり友好を暖められましたが。

投稿: HAL | 2013年11月12日 (火) 12時21分

HALさま

比叡山も望める植物園。
のびのびしていて
いいですよ~

八ヶ岳は雷雨でしたか…
星仲間との友好の夜だったとのこと、
HALさまの天がより広がったことでしょう!

晴れて美しい満天星の中に立ちつくすことができるいつかを楽しみに~☆

投稿: 好日居 | 2013年11月12日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好日居繕いの会だより 2013-10 | トップページ | 秋ノ気功とお茶のひととき-20131106 »