« 霜降のお茶会@グランピエ倉庫 | トップページ | 「世界でつくられる中国茶」@京都府立植物園 »

好日居繕いの会だより 2013-10

10月も繕いの会はあっと言う間に終了していました。。。
もっとたくさん直っていた気がしますが
写真に収めたのは下のものだけ。。。ですが
今月もみなさんの繕いものをご報告させていただきます!
今月も続々繕われてほんとうによかった。

うつわを故意に割る事はありませんが
時折妙に絵になる割れ方をしているうつわがあります。
100001
これまたひびと相まって絵になってます。
そしてお皿としてまた歴史が刻まれていきます。100002

写真が暗いですが、、、銀かな?錫かな?
碗の桐の陰刻の上あたりに繕いされています。100003
宮田珠己さん、って作家さんの使われてるうつわらしい。
不思議な模様はどこかで次の作品につながるだろうか…
などと、気にしてみる。
100004

角皿の角の欠けが厚紙文具の角あての金属みたいに繕われてますね。100005
銀彩のうつわに黒漆で仕上げ。うーむ。かっこいい。
100007
陽刻のうつわの角に繕いです。
100008

ちょっと複雑なのでアップにしてみました。100009


 
 
 

|

« 霜降のお茶会@グランピエ倉庫 | トップページ | 「世界でつくられる中国茶」@京都府立植物園 »

好日居繕いの会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霜降のお茶会@グランピエ倉庫 | トップページ | 「世界でつくられる中国茶」@京都府立植物園 »