« -燕回帰-茶菓花器事 2013.6.14-16 in 台湾 | トップページ | 2万2千km分のjust10km! »

好日居ノ茶教室だより-201306

台湾でのお茶会から帰ってすぐ
荷ほどき的茶教室となりました。
60000

なんとなく、台湾で見た「っぽい」。

60002

台湾のお客様が描いて下さった茶時の様子を掛けて、
百香花茶、自然農法-文山包種茶、梅山烏龍茶、木柵鉄観音
などをじっくりと味わいました。

60004
台湾菓子のお決まり、「鳳梨酥」(パイナップルケーキ)

そしてこちらは、
60005
台湾の客家人の伝統柚子茶だそうです。
飲もうと準備していましたが、カンカチコチ!?です。
包丁が曲がってしまうほど…!
仕方なく、今回は諦めました。

冬至に飲むお茶だそうで、喉によいとか…
目打ち針などでほぐすのが良い様で、
次回以降のお楽しみに回すことにいたしましょう。
とてもよき香がして、
楽しみなお茶です!

|

« -燕回帰-茶菓花器事 2013.6.14-16 in 台湾 | トップページ | 2万2千km分のjust10km! »

Tea salon 好日居」カテゴリの記事

コメント

今、大学の市民講座「ボストン美術館」に通っています。昨日の講義で、作品に当てるライトを展覧会ごとにすごく配慮しているということを勉強しました。例えば、油絵でも、ゴッホは、青い光を当てるとより美しさが際たつ作品があったりするそうです。
好日居は、赤い光…茶の光ですね。それは、日本画を見るのにふさわしい光です。なんだか、日本人には落ち着く光なのではないでしょうか。

投稿: のびちゃん | 2013年6月27日 (木) 22時37分

まっこと、落ち着きますよね。蝋燭の光、でしょうか。

投稿: HAL | 2013年6月28日 (金) 00時23分

HALさま

この日は蝋燭は使っていませんよ~

好日居にLEDは無くて、
いわゆる白熱球です。

私の携帯は「ガラ携」?
そのうち「ガラ球」??
とか呼ばれるんでしょうかね~

いわゆる、
絶滅危惧的光
大好きです。

投稿: 好日居 | 2013年6月28日 (金) 01時09分

のびちゃん

ほ~、
赤い光は日本画を見るのに合うんだ~
美術館の照明は仕事としても興味あるな…。
好日居も少し照明計画を見直したい頃。

ボストン美術館-市民講座、
美術展照明の技、
日常の中にもちょっとヒントになりそうね。

投稿: 好日居 | 2013年6月28日 (金) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« -燕回帰-茶菓花器事 2013.6.14-16 in 台湾 | トップページ | 2万2千km分のjust10km! »