« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

新潟銘菓アレコレMEMO

先日、茶教室のひとこまですが、
0001
雪の新潟から、持ち帰ったお菓子です。

残念ながら、すでにお腹に入ってしまい、
写真に残せなかったものもありますが、
記念写真を撮っておくことに…
0000
・玄米の柿の種(もち米、塩)/長岡 星六 /長岡市摂田屋4-5-11
・胡桃玉(黄粉、砂糖、水あめ、胡桃)/山岡屋/長岡市村松町2095-2
・黄味小判(砂糖、卵黄、片栗粉、味甚粉、新潟県産こがねもち、本葛)/松月堂/小千谷市平成1-3-11
・越乃雪(日本三大銘菓)(和三盆糖、餅米、氷砂糖)/大和屋/長岡市柳原町3-3

未踏の地には、やはり出会った事のない素朴で美味しいものが
まだまだある様です。
有りそうで、なかなか出会えない、新潟のお菓子達。
笹団子を買いそびれたのは迂闊でしたが、美味しく満足でした。

さて、新潟へお菓子を買いに行ったわけではありません。
F/styleの事務所が、移転されたお祝いに行ってきました。
事務所もショールームも広くなり、
時々galleryとしても開放されます。
また、ショールームの開放日があるようです。

(F/style:地場産業の丁寧なもの作りを、現代の私達に
      つなげる仕事をしている。新潟の素敵な二人組。→☆)

さて、来年あたり、京都でふたたび
F/style展が開かれるのを楽しみに…
その時には、ぜひ新潟の美味しいもの達も、
一緒に味わいたいものです。
…と妄想してみる。

| | コメント (2)

luceのチャイオヴナ @ 好日居

「チャイオヴナ」=お茶飲むところ=「茶房」
がとても多いというチェコ。
プラハには行ったけれど
ワインに嬉しがってか?
その頃はお茶など、旅先で気にもしていなかった。
茶房があったことなどちっとも記憶にないのだ。

チェコのイベント最終日、
luce(ルチェ)のチャイオヴナ @ 好日居
がゆるゆるはじまりました。

0005 
Welcometeaは、luce製エルダ―フラワーティー。
チェコで、エルダ―フラワーは「万能の薬箱」とも言われ、
風邪やインフルエンザにも効くのだとか。
とても小さな小さな花の集合体ですが、
とてもとても大きな力を秘めている様です。

6月の一週間程の間に花が咲き、
香のつよい早朝に、たくさんたくさん摘んで、
虫や異物を取り除き、乾燥させる。
細かい花故、気の遠くなりそうに
丁寧な作業です。

おやつは、luceとチェコ人の茶友さんが作る
ザーヴィン(チェコ語)
(またの名を、シュテュルードゥル(ドイツ語))
という素朴な焼き菓子をいただきました。
0001
0004
粉生地を伸ばし、
生リンゴやレーズン、木の実などを詰め物にして、
包み焼いたもの。
素朴でシンプルなお菓子。

素材のいい国は、手をかけずとも美味しいから
なにせ料理がシンプルだ。
チェコは、フルーツ、木の実の豊かな国らしい。

チェコ人はほんとうにお茶を愛して止まない人が多いらしく、
日本風チャイオヴナでは、
なんと!袴を履いていたり、
かしこまって、JAPANイメージで「いらっしゃいませ」
をしてくれる成り切り店主が居たり…(笑)
畳に障子(それも見よう見まねの手作りだとか!?)
カッコイイ!と、若者に尺八をたしなむ人が多いとか、
給料日は特別に、と玉露を注文するのだ…とか、
クスッと笑えるほど、お茶が好き!度の高さを感じます。

心から楽しむ。
シンプルで大切なこと。

いつか、チャイオヴナ in チェコ、
巡りたいな~と妄想しています。

さて、通常の喫茶営業に戻ります。が、
luceの手作り100%蜜蠟ろうそく。

エルダ―フラワーteaが少し、
好日居で購入していただけます。

気になる方は、ぜひ。
お待ちして居ります。

おふたりそろったluceのチャイオヴナを
いつか、また。

※luce(ルチェ)はチェコ語の手(ruce)に由来して名付けられた。
  南ボヘミアの森の近くの小さな村に住むふたりの作るもの
  を中心に、チェコのいろいろが紹介されていくことになるでしょう。
  luceのblog→☆

| | コメント (0)

【ご案内】luce とチャイオヴナ《うつわとお茶》

blogは【ご案内】頁次より更新します!

チェコ、ってお茶文化がかなり面白いらしい…

…それは意外だったのですが、
休日の公園ではあらゆるお茶会が開かれ、
お給料日には特別に日本の玉露を買って飲む人がいたり…
どうもお茶にこだわる人々が棲む国、らしいのです。
そんな国から来た友達が、
未知のお茶文化を垣間見せてくれるのかと思うと…
今から、ワクワクしています。

ようこそチェコの茶友!
今週末のご案内になりますが、
好日居に南ボヘミアの空気がmixされて
いつもと違う空気が楽しみでもあります。 

   -以下、ご案内です-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
luce とチャイオヴナ《うつわとお茶》
~チェコ 南ボヘミア、日々のちいさなくらし~

luce a cajovna. pottery and tea
Our small life in South Bohemia in Czech by Okesado Books


チェコの南ボヘミア地方のとある森ちかくに住んでいる
luce ルツェ の 2 人による陶器と
チェコの風景と暮らしを綴ったカレンダー

一から手づくりのあったか羊毛チェコ靴下に
チェコじゅうからさがしてきた ふるいガラスのボタンや
ブローチ・レースなどの雑貨やluce 製みつろうキャンドルたちが
大正時代の一軒家を改築した 茶房 好日居に並びます。

20 日(日)にはチェコのお茶文化をほんのり紹介する
「チャイオヴナ* in 好日居」も臨時オープン。
皆様のご来店をおまちしております。

 *チェコ語で、チャイ=お茶、オヴナ=所

2013 年1 月 18 日(金)、19 日(土)、20 日(日)
13~18 時まで

※20日のお茶話会に参加の方は会の前後にもご覧いただけます。

会場/茶房 好日居 ☎075-761-5511
    〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町 91

喫茶時間:13~18時 ※期間中も喫茶は通常営業しております。

*********

≪お茶話会≫ チェコのうつわとお茶の夕べ

2013年1月20日(日) 18 時半から

会費 2000 円 (お茶代込)、要予約。
詳細は facebook でご案内します。

*********

問合せ先:おけさど出版

okesadobooks@yahoo.co.jp
www.facebook.com/okesadobooks

*********

| | コメント (0)

好日居ノ茶教室だより-2013正月

お正月の茶教室も終了しました。
0000

おみくじに見立てて、
お茶を引いていただきました。
0002

当った工芸茶で花々しく、乾杯!
0003

歴史浅い工芸茶の世界ですが、
今や、様々なバリエーションの工芸茶がある様です。
たまには、楽しいものです。

節分の近い時節、
節分にまつわるお茶をいただいたり、
烏龍茶の王様もいただきました。

さて、今年はどんなお茶に出会っていただけるでしょうか…
楽しみな一年を過ごしていきたいと思います。

| | コメント (0)

luceとチャイオヴナ、はじまりました。。。

今朝のYahoo!ニュースに、
【チェコの雪まつり】を見つけました。
そんな極寒のチェコより、好日居に荷物が届きました。

luce とチャイオヴナ《うつわとお茶》 →☆
今日からはじまり。

チェコのもの、セレクトされる
0000
Aさん
素敵な写真と詩で綴られたチェコのカレンダーの作者でもある。

luce(ルチェ)は、お茶キチ、チェコ人の陶芸家、らしい。
0001

カレンダー、
そして100%みつろうのcandle。とっても癒される。
羊毛手紬手編みの素敵な靴下。0002

なんとも見たことのない空き缶。
趣きあります。
0003 
0005
さすが!ボタン類もたまりません。

0006
乙女なレースにも、見惚れます。

見た事なかった、憧れの花、エルダ―フラワー。
可憐でとても小さな花。
チェコの美味しくてたまらないはちみつと一緒にいただきました。
0007
チェコのカレンダーによると
エルダ―フラワーは「万能の薬箱」と呼ばれているそうで、
その昔、エルダ―の根には、
妖精の母さんフルダが住んで居ると信じられていたのだそう。
エルダ―フラワーを身につけていると、災いを祓ってくれるとか…
好い事ずくめのその花。
0004
そんなエルダ―フラワーもAさん手作り。
貴重なエルダ―フラワー、
販売されています!

そしてなんてやわらかくて美しい光でしょう!
0009 
こちらもAさん手作りのみつろうキャンドル。
灯すと、空気が澄んでいく様に感じます。

好日居のチェコ時間は、1月20日まで、
また20日にはスペシャル茶話会「チャイオヴナ」もあります。
お天気は冷たく寒い週末ですが、
心を暖めに、
どうぞお立寄りくださいませ。

| | コメント (0)

今年の初bar

今年一番におじゃましたbarでは、
0000
お抹茶を使ったカクテル「利休」をいただく。
いつもこの店のカウンターに座ると、背筋が伸びる。

抹茶、リキュールGreen Tea、グレープフルーツJをシェーク。
いつも美味しくいただきました。

さて、こちらのマスター、悪酔いされた方の注文に
あるモノをシェークしてお出しした事がある
と聞いた事があります。その答は、
美味しいただの「水」。
なんと…スマートなカクテルでしょう…!
美しい逸話の多いお店のひとつ。

好日居オリジナル、お茶のカクテル、
一生一品、いつの日か極めてみたいものです。
ふと、今宵シェーカーを取り出してみました。

| | コメント (2)

初茶房 好日居 -2013-

2013年、今年もお茶三昧な日々を楽しみに
本日好日居の門を開けました。

正月、小寒を過ぎた寒い今日ですが、
初めて来て下さったお客様、
ご近所が地元の方、
東京の友人の店のバイトさん、
体調思わしくないのに、来て下さった常連さん、
ガレット・デ・ロアでフェーブに当った茶友が
王冠をかぶって立ち寄ってくれたり…と、
0001
(めでたい当り!の小さなフェーブと王冠-あやかれそうです!)
この一年がワクワクはじまりそうな嬉しい初日となりました!

さて、明日は朝から初釜に参加した後、
いつも通り、13時の開店。
月・火は定休日にてお休み。
16日(水)はお茶教室の為、喫茶営業はお休みとさせていただきます。
17日(木)は通常営業
18~20日(金~日)は通常営業に加えて
友人の企画するチェコ展とチェコのお茶文化を愉しむ会があります。

意外だったのですが、
チェコのお茶文化…ってかな~り魅力的!らしいのです。

そちらは改めて、ご案内します!
お楽しみに。

| | コメント (4)

あけましておめでとうございます!

20130000_2
煩悩を着き祓い
一夜明け、

朝から気持よき晴天也。

2013年、あけまして
おめでとうございます。

20130001
(年甲斐も無く、振袖を着ました(笑))

よりよき年となりますよう
好日な一日一日を重ねていきたいと思います。

今年も美味しいお茶にたくさん出会い
みなさんに美しいお茶の時間をエスコートできますよう
心してつとめて参ります。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (4)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »