« 好日居繕いの会だより 2012-10 | トップページ | ニュースレター from オースティン -アラスカ・続編- »

ニュースレター from オースティン -アラスカ編-

繕いの会からアメリカ・オースティンへお嫁さんに行かれたKさんからの便りです。

時々雄大な景色を目の前にすると、地球という星に棲むちっぽけなただ一匹の動物だよね~と改めて思う私ですが、このニュースレターには、私の想う雄大な写真も添付されていたので、一緒に楽しんでいただけたらな~と思い、Kさんに了承を得てのご紹介です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、オースティンからのニュースはご無沙汰してしまってるんですが
9月2日から8日、アラスカに行ってきましたのでそのご報告です。
今回は大阪からの友人とアンカレッジで待ち合わせ、という女2人の旅行でした。

まずは私の飛行機の1日遅れから始まりました・・・
私の9月1日のフライト、ユナイテッドのオースティン=ヒューストン=アンカレッジの
最初の便が遅れ、ヒューストンからの便の乗り継ぎが間に合わない。
私どうなるんですか、とカウンターに行ったら

「あーこれは間に合いませんね。他の行き方も(デンバー経由とか)見ましたけど...
ダメですね。また明日来て下さい。ビリ(今日のチケットを破る音)。じゃあこれ明日のチケットね!」
えええー!明日の都合はどうですか、なんて全然聞いてもくれないの。
せっかくの旅行なのに!
ここで引き下がってもよいものか、判断しかねましたが(仕事だったらこうもいかないでしょう)
Dに電話で相談したら「そう、航空会社ってひどいねん」ということで、その日は家にとんぼ返り。
ちなみに、ヒューストン=アンカレッジは行きは7時間のフライトです。
アンカレッジで待ち合わせの予定だった山ちゃんは、かわいそうにひとりで1日過ごさねばならず、しかも今回はRV(キャンピングカー)を借りての大移動!という計画。
といっても運転は山ちゃんが担当、私は料理と英語で働きました。
それで彼女は初日レンタカー屋でひとりで説明受けて手続して、その日は片道1時間運転して氷河を見に行ったらしい。
雨と風でよそ見いっさいできず、と言ってました。そりゃそうだ。8メートルもある車だもの。

翌日、私の到着がさらに1時間遅れて8時半ごろになったため(UA航空どうなってるんでしょう!)
待たせてもらっていた1泊目の宿「オッカー&オットーハウス」(日本人夫婦の経営)にてやっと合流。
そこからその夜はアンカレッジ市内のRVキャンプ場に移動。

で、次の日マクドナルドで朝食をして買い出しに行って、いざデナリ国立公園へ!
アンカレッジから片道5時間、いろいろあってもっとかかったのですが、
さぁ公園やでぇと興奮してたら
入り口からすぐにところでさっそくムース(ヘラジカ)に遭遇!

Dscn0845

みなさん車を停めて撮影に必死になってはりました。
この1週間ほど前に、男性が熊に襲われて亡くなるという、デナリ公園始まって以来の惨事があったのを聞いていたのもあって
この巨大な野生動物との距離には敏感になりました。かっこよく美しく、そしてアンタッチャブル。

続いて目に飛び込んで来たのはこの紅葉!
Dscn0859

3日目の朝にマッキンリー山を見ることができ、トンボ返りで無事アンカレッジに戻りました。
Photo
翌日は、この旅行初めての快晴!11時から6時間のキーナイ・フィヨルド氷河クルーズに行く事にして
朝もゆっくり支度。その日で4泊目が明けたところでしたが
初めてRVの中のシャワーを使う事にしました。
トイレもシャワーも、もちろん台所の水も下水がタンクにたまってくるので、できるだけ外で利用していたのです。
まだ一度も下水を捨てていないけど、まぁ大丈夫でしょう、ということでまず山ちゃんがシャワー。
続いて私が...途中でお湯が冷たくなってきたような...山ちゃん、なんかおかしい?と聞くと
Kさぁぁん!水のタンクは空に近く、汚水のタンクはもう満杯ですよ!
えー!今髪洗いかけで泡あわやのに!
ってそんなこと言ってられませんよ、満杯であふれますよ!捨てに行かないと!
カナさん私のエコシャワーわかりませんでしたか?節水してたのに。
そんないつもの調子で水流しっぱなしでどーするんですか!
と一喝され、ごめんなさぁいと泡あわの頭はタオルにくるんで、どうにか服着て、
近くの汚水捨て場まで車を動かして、ホースをタンクにつないで、情けないやら寒いやら・・・
でも山ちゃんは「親切さん」だからテキパキ働いてくれて
なんとか処理して、またキャンプの位置まで戻って、またシャワー入りなおして、あーやれやれ、でした。

さて、クルーズです。
船内アナウンスも、こんな晴れはアラスカじゃない!と言うくらいの晴天。
動き出してすぐにアザラシ!ラッコ!
そしてあっちにはシャチ!あ、くじらの潮があがってる!とみんな大興奮。
パンダイルカの群れがクルーザーと並走して、楽しーい!
写真がんばりましたがほとんどダメで、そうそうにあきらめて自分の目には焼き付けてきました。
片道3時間足らずで、目的地のひとつ、ホルゲート・グレイシャーに到着。青い!

レンタカー屋のグレート・アラスカン・ホリディに着くや、
すぐに右ミラーのパーツを取り替えてくれて、保険の事を話して、
はい、それじゃぁあなたたちはまだホリデイ中だからね!Have fun! と言ってくれました。
どうなるんやろ、と心配してたのでホッとしました。
これからストームがやってくるから気をつけて、南に向かってはダメよ、とも言われたので
その夕方はグレートさんの駐車場に泊まらせてもらうことに。
他にも数台嵐待ちの車がありました。
すごい風でRVもよく揺れたのですが、私は疲れてすぐに寝てしまい、何も気になりませんでした。
後で聞いた話ではアンカレッジでも停電があったそうで、季節外れのストーム、たいへんだったようです。

予定外にアンカレッジに戻ってしまったので、翌日からはスワードという南の町へ向かうことに。
アンカレッジから3時間、山のなかの氷河と、ハイキングと、海の氷河クルーズが目的です。

スワードに到着後、まずは山の中の氷河、イグジット氷河へ。遠景はこんなんです!
Dscn0907

この日はやっと登山靴をはいて歩くことができて、なんともうれしかったです。
この氷河がとけて川に流れ込んでいるところでは、氷の固まりがいくつも川の中に見られました。
Dscn0922
その水の冷たいこと!そんな風景も珍しいので、ハイキングトレイルですれ違ったおばさんに
川の中に氷河の氷があるよ、と知らせると
「そんなの見られるの、人生でこれっきりかも知れないからぜひ見てくるわ!」といっしょに興奮してくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…以上です…
もしかしたら、まだ途中のニュースレターですが、ヘラジカ、すばらしい紅葉、ストーム、山の氷河、川中の氷河…日本では味わえないスケール感がありますね…
すごい!

Kさん、ありがとう!

|

« 好日居繕いの会だより 2012-10 | トップページ | ニュースレター from オースティン -アラスカ・続編- »

好日居繕いの会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好日居繕いの会だより 2012-10 | トップページ | ニュースレター from オースティン -アラスカ・続編- »