« 素秋 菜花茶菓器事 | トップページ | 土祭へ 2012 »

好日居繕いの会だより 2012-09

8月、漆にかぶれやすい季節でもあり、繕いの会はお休みでした。
2ヵ月ぶりの9月の会。

ザクザク錫(すず)を蒔いています。
90008
錫は扱いも簡単ですが、金粉とは比べ物にならないお値段。
スプーンでざくざく蒔いたり、筆運びも大胆OKです。
しかし、意外にふところの広い材料、
土モノはもちろん、いろいろな器に似合います。

90005
90004

↑コレも↓コレも錫、同じ子が割ったらしい。割れ方が絵になってます

90006

以前、骨董好き高校生男子が通って来てたけれど
ひどくかぶれてしまって辞めてしまいました。
そして今現在、繕いの会唯一の男子の初作品は染付そば猪口。
その方はかなーりひどくかぶれていたのに、平気な顔して
「だんだんかぶれなくなってきた…」
と、克服しつつある模様。
好きこそ…でしょうか…
裏側に小鳥そして椿が描かれています。
繕いは錫。
90007

次のふたつは、錫より粉が細かい銀直し。
錫より細やかな分、仕上がりは上品です。
時間がずっと経つと、黒ずんでいきますが
それもまた、経年変化の楽しみですね。
90001

90002

どこかはかなげな硝子のコップ、
小さVは漆の繕い、それがまた景色になります。
90003

今月もたくさんのうつわたちが
元気に持主の元へ戻って行った様です。

【追記】
栃木県・益子の「土祭」へ出張していた金継会指導役のSちゃん。
その出張先に、ある方がたまたまお客様でやってきた。
その方は一度金継会に見学に来られた方だったのでした。
なつかしい。
小さな同好会ではありますが、
金継会に関わられた方が、全国、
いや~世界にも(アメリカに嫁がれた方も…)広がってます。

|

« 素秋 菜花茶菓器事 | トップページ | 土祭へ 2012 »

好日居繕いの会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素秋 菜花茶菓器事 | トップページ | 土祭へ 2012 »