« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

candle bar @ 好日居 20111030

Dsc00460

今日はかなり無謀だったなぁ…と思うのですが、営業後、
金継同好会の相棒と(金継だけにゴールデンコンビ?)
candle bar を開店。
Dsc00456
(カメラの加減で明るく写ってますが、もっともっと暗くて落着く光です…)

照明は最小限にして、candle点火。
雨の夜のひとときをお過しいただきました。

Dsc00458

美味しいルートで入手した蔵王牛と
好日居の父製・無農薬里芋で作った
山形仕込の「芋煮」
他、オリジナルのおつまみもいくつかつくってみたりして、

Dsc00462

まんべんなく見える今どきの灯りと対比すると
candleの灯りは、見たいモノだけが見えたり感じたりする気がします。

Dsc00464

夜は暗いもの。
そのくらいがおちつきます。

…気まぐれ candle bar…
また、いつか、

Dsc00459


するかな…

| | コメント (0)

【ご案内】candle bar @ kojitsu-kyo 2011.10.30

■blog更新は、【ご案内】の次頁より更新中!

2011年、今年は考えるコトがいっぱいあります。

岡崎エリアでは、京都市主催で
flair岡崎あかりとアートのプロムナード」→■詳細■

を開催するそうです。

その最終日、好日居では
ひと夜 moon3candle barwine をオープンすることにいたしました。
以下、ご案内です。

20111030candle_bar_2

2011.10.30(日) 暮れて間もなく

好日居にて

candle bar やってます。

ゆらり ろうそくのあかり、

美味しいお酒と、

ささやかなおつまみと、

好日な一日のおしまいを楽しみつつ…

好日な明日を楽しみにしつつ…

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●NOMU MENU●

・日本酒

・WINE

・ベルギービール
 "Duchesse de Bourgougne"

・茶

 …etc…

●KUU MENU●

・珍味盛

・つまみ米

・nuts

・温かいモノ…

 …etc…

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

candle bar

@ 好日居  京都市左京区岡崎円勝寺町91

tel:075-761-5511

bar time:2011.10.30/18:30-22:00
    

| | コメント (0)

キリッと冷えてきました京都です。

10月23日は秦家住宅・親子会で子供たちとお茶を楽しんできました。
その足で実家のある名古屋経由、
日曜はお休みいただき久しぶりの蓼科へ…
少し早かったけれど、信州の秋を満喫してきました。
またその足で東京廻り、そして今朝京都へ戻ってきたところ。
ちいさなEASTぐるり旅。
慌ただしいながらも久しぶりにリフレッシュしてきました。
秋の様子をご報告できましたらまた後日。

Dsc00448

朝、掃除を始めると、好日居の奥の間、大谷石の縁側には
フランス色の複雑な光が差し込んで居ました。

けれど、どことなく秋も終りの光。

Dsc00450

原因はこの子たち。

Dsc00449
好日居の窓辺の朝のお楽しみです。

さて、少しずつ冬への仕度をしつつ今日も開店いたします。

30日の candle bar の準備もしなくちゃ…
秋はかなり忙しくカレンダーが埋まって行きます。
みなさまもよき秋をお過し下さい。

| | コメント (0)

『旧暦日々是好日』2012年版

Dsc00341
私たちは今、どこにいて、どこに向かっているのでしょうか。
小さな草の芽、花のひとひら、風の匂い、鳥の一声。
ふと目をむけ、耳を澄ませば、自然界はつねに正確なトキを教えてくれます。
それはときに予兆であり、警告でもあるかもしれません。
3.11以降、日本は大きな転換期に入りました。
今こそ私たちは原点に戻り、本当に必要なものはなにかを考える節目のトキを迎えています。

地球上のあらゆる生命は太陽と月の恩恵によって生まれ、すべてのものはつながりながら
生まれては消え、循環しながら、美しいこの奇跡の星を支えています。
旧暦とよばれる太陰太陽暦は現在、公式に使われることはありませんが、
太陽のめぐりや月の満ち欠けに、新旧はありません。
旧暦は月と太陽、この2つの天体の動きをほぼ正確に知ることができる時間軸です。

この手帳はもっと自然のしくみを知りたい、自然に寄り添う暮らしをしたい
と願う方々に支えられて9年目を迎えました。
購入の動機をお尋ねすると、自然から乖離した暮らしに疑問を感じていた、
このままではいけないのではないかと直観的に感じていたという方が多くいらっしゃいます。
手帳には先人達の積み上げてきた季寄せや、古い時代の図版を多く掲載していますが
制作当初から、「未来に役立つ手帳」であることをめざして制作を続けています。
また環境や天体に関する新しい情報も毎年、少しずつ増やしています。

過去に戻るのではなく、忘れ去られた日本の叡智には未来を救うような
大切な情報が眠っているのではないか、そんな思いがしてなりません。
それが何であるかは、ひとりひとりが五感をひらき、六感を働かせることによって
個人の意識の変容の中でひもとかれていくように思います。
そして日進月歩で進化するテクノロジーと融合することによって
私たちも自然の一部として循環できる存在になること、
そんな未来が実現することを願っています。
旧暦の元旦(新月)から始まるちょっと風変わりな手帳ですが、
見て、読んで、感じて、五感をひらくための手帳として、ご活用いただければ幸いです。

…LUNA WORKS HP 『旧暦日々是好日』より…

Dsc00343
出来立てホヤホヤの2012年の手帳が届きました。
好日居にてご用意して居ります。

地球の呼吸を感じるための手帳 『旧暦日々是好日』…2300円

| | コメント (10)

『旧暦日々是好日』届きました。

下記のblogを書いた傍から早速届きました!
いのいちばんに送って下さったそうです。
近々blogにupします。
そして今日からお渡しできます。
待ちきれない方はどうぞ好日居まで…

『旧暦手帳 日々是好日』

昨日、製作者の高月さんからお電話をいただき

思ったより早く出来上がられたとのコト、

来週あたり好日居にも手帳が届けていただけるようです!

3.11以降、旧暦で知るトキの概念が

一層身近で自然なリズムであるように感じています。

今年はどんな内容かな?

どんな色を選ばれたかな?

とても楽しみです。

届きましたらまたblogにてご報告します。

| | コメント (0)

好日居繕いの会/金継会 3年経ちました。

10月の金継会も金蒔きを終えたうつわ達が続々といます。
たまにはご報告。

Dsc00339_3

ちいさなお猪口の口からはかなげに垂れた、まるで蜘蛛の糸。

Dsc00340_3

かなりたっぷりした土瓶の口がポロリ…
長期戦だったこの子も再び使ってもらえそうです。

そうしていろいろなうつわ達が再び暮しの元へ帰って行きます。
金継して直したうつわの扱いは、
以前より少し気を遣って丁寧に扱ってもらえる様です。

とはいえ、やっぱり欠けてしまう事もあり、
私が最初に直したウズベキスタンのボウルも
再び欠け直しを始めました。
今度はまた違った姿にしてみようかと
継ぎ方を考えるのも楽しみです。

実は、そんな繕いの会も今月で3年経ちました。
リーダのSちゃん、
関わったみなさんもありがとうございます。
そしてこれからもどうぞよろしく、
楽しく継いでいきましょう。

…追記…

10月の金継会を終えたリーダーSちゃんと私は…
金継会3年を祝って乾杯しました。

(王冠はmoon3月の満ち欠けですfullmoon。チュ~モク!↓)
Dsc00347_2

新潟ビール「GORDEN EDHINBURGH」(ゴールデンエディンバラ)。
/いわゆるビール好きではない私もかなり好きなビールです。
 東欧の田舎町で飲んだ美味しいビールの味。
 「飲む奈良漬」的なビールです…常温でも美味しい!

Dsc00349_2

「鳴門時100% カワイモくん」をおつまみに。
やっぱり金継会のお祝いはGORDENでしょ(笑)。

4年目もどうぞよろしく。

| | コメント (0)

【ご案内】10月22・23日(土・日)はお休みします。

10月22・23日は好日居をお休みします。

特に22日(土)は秦家親子会へ出張させていただきます。

すでに親子会10月の募集は 定員に達しておりますが
出張しますので、満席ながら一応ご案内させていただきます。

月に一度の秦家親子会をこれからもどうぞお楽しみに!

Img

◆五感で遊ぼう!   ~音・味・香り・見る・ふれる~
 第6回 親子で体験『炭火で香りを楽しむお茶時間』
      10月22日(土曜日) 14:00~

秋になると、あたたかいほうじ茶がおいしく感じませんか?
少しひねたお茶でも煎ってみると・・
炭火のいこった火鉢で楽しむお茶遊び。
今回のナビゲーターは、岡崎・好日居の横山晴美さんです。
しぶ~い?企画。
けれど、今回も本物の味わいを体感いただければと計画しました。
★持ち物:お茶を50g(ひと組あたり)ほど、
  お家でいつも飲んでいる茶葉をお持ちください。

  そういえば・・
  祖母は毎朝、ボコボコになって片手の取れた小鍋で 番茶の葉を炒ってました。
  少し前まで、どの家庭でも当たり前に習慣としてあった。
  普通のお茶を少しでも、香ばしく。。知恵ですね。 /秦さん談

・場 所:京町家 秦家

・参加費:大人のみ1人1000円(子供は無料です。)

・定 員:親子10組(要予約。10月は満席につき締め切らせて頂きました。)

※お申し込みは電話またはメールで秦家住宅までお願いします。
TEL:075-351-2565
メール:秦家住宅

11月以降のスケジュールは今後をお楽しみに↓

Img_0001

| | コメント (2)

ちいさい秋みぃつけたぃ♪

毎秋、京の街路樹にはとても心淋しくなってしまう私です。

なぜか?

木々が病気になったのか?と毎年ハッとするのですが。
夏の終り頃から、まだ青々しい葉を枝ごとばっさり散髪されて行くのです。
一部の街路樹を除いて…
木々達は毎年紅葉できずにストレスにならないのかしら…?
夏から秋を超え、すっかり冬の趣き…
街中に落ち葉があればもっと秋らしいのに…
というか、ないとおかしい…

秋なのに
秋なのに





そうなんです。
京都は四季のお楽しみが多すぎるのか?
落ち葉嫌いな人が多いそうです。

シャンゼリゼ通りの趣きは無いし
外苑前の気持も味わえない
イギリスでは枝をカットする庭師を雇うのではなく
落ち葉の掃除人を雇用しているそうです。

秋なのに
秋なのに




不自然で
さびしいです。

| | コメント (0)

緑の鳳梨酥

Rimg5583
緑茶生地の鳳梨酥 from 台湾

緑茶生地といえば、日本の定番はお抹茶ですが、
この緑、お抹茶ではなさそう…
聞くと、中国緑茶の碧螺春だとか!

香りよくさわやかで美味しい!
パイナップル餡も甘すぎず美味です。
友達がバイクに二人乗りして買いに行った
地元で人気のケーキ屋さん製らしいです。

鳳梨酥もいろいろいただいたけど
お茶生地製もなかなかです。
機会あればいつか買って帰りたい!
開店してから一度も行けていない台湾…そろそろ行きたいものだなぁ…

apostle 2035 @ 台北

| | コメント (6)

エフスタイルの仕事展を終えて

「エフスタイルの仕事展」にお越しいただき、
ありがとうございました。

今日は会期中の出来事をいくつかご報告してみようと思います。

まずはご近所の美術古書店「山崎書店」さん
は鉛筆Fの愛用者。
「そうそう、えんぴつはFなんだよね。」
F/styleのFが鉛筆F:FIRMから取った事(FreeのFじゃないんです)なんかに
感銘を受けて下さり
Fたらん理由が腑に落ちたご様子で
しっかりF/styleの仕事を見て下さいました。

亀田縞を力説する私にまた山崎さんはご自身の資料
「1903年(明治36年)第五回内國勧業博覧会紀念染織鑑」
の中から新潟県をピックアップして下さり
F/styleさんに差し上げて下さい。
と…貴重な資料を手渡して下さったのでした。

Rimg5580

まじめなよい仕事をしていると自然と繋がって
仕事もちゃんと集まってくる…
F/styleの仕事の魅力を垣間見た瞬間でした。

また、F/styleの靴下愛用者の多さには驚きでした。
「靴下やさんはこちらですか?」
などと、聞かれた折にはさすがに笑ってしまいましたが、

ある方のおばあちゃまは亡くなるまで、
F/styleの靴下を愛用されていらっしゃって
今回はご自分の靴下を買って帰られる方が居たり、

ご自分用とご実家・新潟のお母様にプレゼントされるかっぽう着を
おそろいで買われる方がいらっしゃったり

生れてくる子にベビー用を買われる方もいらっしゃれば、

ちいさなちいさなベビー用カーディガンを
あまりの可愛さにご自分で見て楽しむ為に買われた方、

家に帰って、服に袖を通した瞬間、
もうひとつ追加を決意された方の多かったこと…
数日通って下さった方もほんとうにたくさんでした。

たくさんの方が、F/styleが好日居にとても馴染んで居ると
ほめて下さって、似合いの場所でよかった…と思っています。

F/styleのおふたりに、
第一会場のしかまファインアーツさんに、
手伝ってくれたSちゃんに、
F/style展をお知らせくださったみなさま、
そして展示会に来て下さったたくさんの方々に
心より感謝いたします。

新潟の、ひいては日本のいいモノを末永く、
「エフスタイルの仕事」をこれからも楽しみにしたいと思っています。

| | コメント (0)

エフスタイルの仕事展・終了しました。

10年目のF/style、京都での「エフスタイルの仕事展」へ
たくさんの方にお越しいただき、
そして会期中、たくさんの方にリピートいただき
心からありがとうございました。

いろいろな出来事がありましたが、
ナビゲーター役の私達もF/styleの心地よいモノに囲まれ
とっても楽しい時間はあっという間でした。
F/styleの仕事をきちんと皆様へお伝えする事ができたのか?
少し不安になりましたが、それは使っていただければ
きっと言葉はいらないお品だと思っています。
会期中のいろいろなコト、忙しさにまぎれる前にご報告できるといいのですが…
それはまた後日。

使いたかったものをいくつか…
私も自分のご褒美にしたいと思ってます。

好日居は10月12日までお休み、
またいつもの茶房 好日居 に戻ります。
美術館やご近所に来られた際には
どうぞお散歩ください。

明日も好日でありますように。

| | コメント (2)

【ご案内】エフスタイルの仕事展 2011.10.5~10

※blogはご案内次頁より更新します。
 
201110fstyleoutline_3

201110fstyleoutline_5

エフスタイルの仕事展

2011年10月5日(水)~10日(祝・月)11時30分~18時

10周年を迎えたエフスタイル、京都でははじめての展示会です。
伝統産業の作り手と使い手、そして次世代へと繋ぐ仕事。
二会場でカテゴリーを分けて開催します。


F/style 在廊日:10月5日(水)

【しかまファインアーツ】 
 マットシリーズ、シナ布バッグ、角袋、銅製品、わっぱ製品、など生活道具を中心に

【好日居】 ( ※ 通常の喫茶営業はおやすみします)
 亀田縞の風呂敷、手ぬぐい、ホールガーメントのニット、ゴムが入っていない靴下など
 の日用品を中心に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● しかまファインアーツ 中京区姉小路通富小路東入ル ■map■(最寄駅:京都市役所前)/075-231-4328
    www.naohitoshikama.com

● 好日居 左京区岡崎円勝寺町91 ■map■(最寄駅:東山)/075-761-5511
    http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【attention!】
・離れた2会場での開催となります、ご注意ください。(2km)
・商品はカテゴリーを分けて展示します。(詳細はblogにて随時報告予定)
・期間中、好日居の喫茶営業はお休みします。
・カードのお取扱いはございません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
細やかな気遣いのF/styleのおふたり、五十嵐恵美さん・星野若菜さんの
たずさわるデザインはさりげなく「想いやり」にあふれています。
京都でのエフスタイル展、私自身とっても楽しみです。
ぜひ、お立寄りください。 

Fstylebooks1_2 

| | コメント (0)

亀田縞ファン/F/style…④

F/styleの亀田縞ファンの私ですが、
ハンカチ・てぬぐい・風呂敷、スリッパ、
衣類はワイドパンツやスカートに至るまで商品は広がっている。

新潟の亀田地域は日本最北の綿の産地だそうで、
亀田縞は農閑期に作られる野良着の生地だった。
洋服への移行で一度途絶えた亀田縞だが、
郷土資料館に残る「縞見本帳」を手がかりに
現代の亀田縞を復活させたのがF/styleの亀田縞シリーズといえる。

野良着といえば作業着である。
この生地は丈夫なだけでなく、
使うほどにやわらかくそれでいてへたれない。
F/styleの目指した「現代のモンペ」なのです。
シンプルで形よく、アクティブで、らくちん。
一度買われたお客様が感激され、次の日にまた
お買上される程の人気ぶりです。
これまた一度履くと手放せないアイテム。

風呂敷類や手ぬぐいも、丈夫さに安心感あり、
粋な感じが好きで、私の愛用品のひとつです。

Dsc00327
(現代のモンペ、亀田縞のワイドパンツです。カッコイイ。心地よい。)
Dsc00329
(亀田縞のスカートと風呂敷包み(中)ちょっとしたおでかけにもOKです。)
Dsc00332
(亀田縞の風呂敷(大)は粋でカッコイイ。)
Dsc00333
(柄や種類も豊富です。季節や好みにあわせてどうぞ。)

| | コメント (0)

商品タグの魅力/F/style…③

F/styleの魅力のひとつに商品タグ、があります。


商品説明が素直な言葉でわかりやすくストレートに伝えられています。
そのタグも、すべて彼女達の手作業。

作り手からF/styleに品が届くと、
ふたりの厳しい目で検品作業をします。
それからF/styleが商品の仕上作業をすることもあり、
アイロンがけ、などを経て、
プリンターでひとつひとつ出力されたタグや袋は、
カッターナイフでカットされたり加工され、
丁寧にひとつひとつ彼女達の手で商品に取り付けられていきます。
Dsc00312
(同じ種類の商品でも袋サイズによりレイアウトも違います。)
Dsc00310_2
(一商品一コピーしてつくられるステキな袋もあったりします。)

そんなふうにひとつひとつF/styleの手を通して
商品が展示会や取扱店舗に届けられてくるのです。

長く使ってほしい、と思う気持も込めて
付けられていくその商品の履歴紹介のタグ。

ぜひ、お買い求めの折には、じっくり目を通してみて下さいね。
そして末永くご愛用いただけます様に。

| | コメント (0)

ゴムが入っていない靴下/F/style…②

F/style展も前半終了。
Rimg5555
昨日は臨月のお客様がいらっしゃいました。

おススメの小さなベビーカーディガンと
ベビー用靴下をお買上されました。
かわいい!
だけじゃなくて、よくのびて長く着れるそうです。
おかあさんとあかさんとペアルックもあります。Rimg5567
(とてもとても小さなベビーカーディガンと籐のハンガーです)

さて、F/styleのリピーターさんはとても多く、特に靴下。
色々選べる色とデザインが理由、だけではありません。
Rimg5561
機械のスピードまで考慮した作り様で
「ゴムが入っていない靴下」シリーズ は、
足首を締め付けることなく、
健常者も御病気の方もあらゆる年齢層にとって、
はくことでリラックスし、心地よさが得られる、
欲張りな靴下とも言えそうです。

ファッション性とはき心地を追求し、感動が2倍になる靴下は
だから、一度はいたらやめられない魅力がある様です。

| | コメント (0)

F/styleって…FIRMなんです。

雨で足元の悪い中、お運びいただき
ありがとうございました。

Rimg5546_2(私も手放せない亀田縞シリーズたち)

F/styleを長年愛用されていらっしゃる方や、
「モノ」が目当て…というよりも
F/styleのお二人のお人柄含めたF/styleファンの方、
展示会初日が平日で雨の日にも関わらず
とても和やかでよい雰囲気のスタートとなりました。

初日を終え、今宵はF/styleを交えて、美味しい宴の後、
超多忙なお二人は夜行バスで新潟へ戻って行きました。

さて、F/styleの製品に感じる私の印象は、
最後まで使い切りたくなる「ストレスのないモノ達」
っていう感覚です。

そもそも ≪F/style≫ とは何か?
それはえんぴつの芯のかたさの表記Fから取ったそうです。

 HはHARD(ハード:かたい)、
 BはBLACK(ブラック:黒い)、
 FはFIRM(ファーム:しっかりした)という意味で、
 HとHBの中間の濃さとかたさを持った芯のことなんだとか。

 HでもBでもHBでもなくて、
 Fなんです。

世の中にはいろいろなデザインがあるけれど、
F/styleのモノはかたすぎず柔らか過ぎず、
でも芯が通っていて、しなやかでなじむ、感じが
Fのstyleなんでしょうね。

10日(月・祝)までやってます。

・・・・・

≪おまけ≫
今宵のひとコマは、
下鴨のゆうげさんにて、宴会後に注文した10月のかき氷。↓
Rimg5551
「無花果のかき氷」
アーティスティックなバッファローのごとき木蓮華が印象的で
心憎い名残りの逸品でした。
もちろんうわさ通りかなり美味しかったです!

| | コメント (0)

エフスタイルの仕事展はじまります。

さてさて、新潟から長旅の疲れも見せず
F/styleのおふたりが手際よく2会場をディスプレーをしてくれました。

チラリと、一部ですが、会場を…

【第1会場/しかまファインアーツ】です→

Rimg5538F/styleと言えば…のDOGGY MATも見えますね。
額にはF/styleのはじまりのスケッチが…。。。。。
Rimg5539銅器やわっぱシリーズもいろいろな工夫がF/style、ぜひ見てみてくださいね。
銅器も錫引き有、無、があり、錫びきしていない銅鍋で茹でる野菜は
とても美しくきれいな色で茹であがるのだとか…
お手入れの気楽さと引かえに、どちらを選ぶか悩ましいところです。
憧れのシナのbagも…いいですね。

【第2会場/好日居】です→

Rimg5541
ゴムが入っていない靴下シリーズが色も豊富に続々と並んでます。
大谷石の縁側の間には、F/styleのカーペットがいつもと違う感じ。
F/styleのおススメは湯たんぽ、これからの季節はずせませんね。
Rimg5543
F/styleのかっぽう着も着物に似合うLONG丈で届いています。

10年目のF/style、京都ではじめての展示会、
どうぞお楽しみにお越しください。
お待ちして居ります。

| | コメント (0)

エフスタイルの仕事展/出品予定のご案内。

○[出品予定] 2011.10.1現在 (※多少の変更がある事もございます。)

■第1会場【しかまファインアーツ】

新作/銅の行平鍋(最新作)、銅のチロリ、雑木のコップ(最新作)、銅鍋とわっぱセイロ、レンジで使えるわっぱセイロ、ふるい、馬毛の裏ごし、銅のチロリ、銅のコースター、花鋏、シナの縄のバック、裂き織りシリーズ、シナ布のねじり袋、月山緞通の麻マット、紙器、シナ縄の鍋敷き、シナ縄の花かご、他多数

■第2会場【好日居】

ステインプルーフバケット、スーピマ綿のゆたんぽカバー・ブランケット、はぜの和蝋燭、燭台、亀田縞シリーズ全般、亀田縞の白縞、割烹着、スリッパ、手ぬぐい、ワイドパンツ、ホールガーメントの綿麻のニット(五分袖カーディガン、Vネック)、綿ニット、ウールニット、ゴムが入っていない靴下[ストライプシリーズ]、靴下全般、紙器、籐のバスケット&ハンガー、シルクのベビーまくら、石鹸、他多数


| | コメント (0)

レンジで使えるわっぱセイロ/F/style…①

さて、お楽しみにのエフスタイルのお品を
ご紹介してみます。

レンジで使えるわっぱセイロ、です。

セイロを水でぬらして、温めるものを入れて、なんと、
レンジでチン♪
します。
Dsc00302
↑コチラ、冷凍していた大好物の「縁賀良餅(えがらもち)」を
レンジで温めてみました。

実は、電子レンジが嫌いな私です。
ラップで温めると水滴が付くのがいやだったり
まんべんなく温まり難い気がしますが、
そんなレンジのイマイチ感をクリア。
ほっこりといい感じに温めてくれました。
そのままテーブルへ…見た目にも満足です。

時間の無い時、
あと一品欲しい時、
ひとり暮らしにも重宝しそうです。
もちろん、普通に蒸し器使用OKな優れモノです。

| | コメント (2)

秋香届く

京都のまちは急に秋の香りにつつまれています。

Dsc00304

今日、お客様からも、
秋の香りを届けていただきました。

香りにつつまれながら、いい気分にて
エフスタイルの仕事展
の準備してます。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »