« 歯を磨こう | トップページ | 願 無原発国日本へ… »

「世界はうつくしいと」 長田弘

うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。

風の匂い
はうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れ
はうつくしいと。
午後の草に落ちている雲の影
はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさ
はうつくしいと。
きらめく川辺の光り
はうつくしいと。
おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
行き交いの、なにげない挨拶
はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地
はうつくしいと。
雨の日の、家々の屋根の色
はうつくしいと。
太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺の、大銀杏
はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇り日の、
南天の、小さな朱い実
はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさき
はうつくしいと。
過ぎてゆく季節
はうつくしいと。
きれいに老いてゆく人の姿
はうつくしいと。

一体、ニュースとよばれる日々の破片が、
わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。
シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。
何ひとつ永遠なんてなく、いつか
すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。


      ――――― 「世界はうつくしいと」 長田 弘(おさだ ひろし)


上の詩は、
友達の友達から友達へそして私へ贈ってもらった
コトバのプレゼント。(ありがとうございます!)
長田弘さんの詩「世界はうつくしいと」。

大震災の渦中にいらっしゃる人々も、いつか 
「うつくしいものをうつくしいと言える」時 が
来ること。
それはきっとこころのふっこうへの
一歩になるのだろうな…と
この詩を読んでそう思わずにはいられませんでした。


「世界はうつくしいと」言おう。
それは私にとって
「日々是好日」
と同じきもち、であるような気がします。

|

« 歯を磨こう | トップページ | 願 無原発国日本へ… »

ことだま」カテゴリの記事

コメント

美しい詩ですね。
声に出して読んでいるとじわっと涙が出て来ました。
明日、本屋さんに詩集を買いに求めに行きます。
ステキな詩集を紹介して下さりありがとうございます

投稿: Hanako | 2011年4月17日 (日) 01時29分

Hanakoさま

ほんとうにうつくしい詩です。
毎日こそ、わたしたちの価値。

うつくしいものを
みつける目と心
うつくしいものをうつくしいと言う

それだけで
世界が変わるかもしれない
魔法の言葉かもしれませんね。

投稿: 好日居 | 2011年4月17日 (日) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯を磨こう | トップページ | 願 無原発国日本へ… »