« まるで細手の白墨みたいな… | トップページ | 3.10.岡崎問題説明会終了 »

3/10 どうなるの?「岡崎公園」問題 説明会。

この案内次頁よりblog更新中。

未来の京都、未来の「岡崎公園」について
にわかに市民の間で問題になっています。

世界からお金持ち旅行客を集める構想とも聞こえてくるのですが
広域避難場所であり、貴重な広場である「岡崎グランド」をつぶし
最高級★★★★★HOTEL、
カフェ、レストラン、ショップなどの
”にぎわい施設”を作ろうという計画がある。
とか

また、京都会館の高さ規制を外し、
100億円かけて「世界に誇るオペラハウス」を作る計画がある。

とか

市民の知らぬ間に、市民の場所に、市民の足が遠のく様な
無謀とも思える大プロジェクトがまさに決定され
進められ様としています。
(もしも失敗すれば税金は上がり、お荷物は市民が負担しなければいけません)

地元でこのことを危惧する
「岡崎公園と疎水を考える会」
が作られ、
京都市を呼んで「説明会」が開催されるそうです。
___________________________________

日時 平成23年3月10日(木) 午後6時半
場所 
岡崎コミュニティーセンター2階
    
〒606-8342/京都府京都市左京区岡崎最勝寺町2/「細見美術館」少し西
   
 (東大路二条東入ル、一筋目上る市営住宅に隣接した集会所)
呼びかけ 「岡崎公園と疏水を考える会」

___________________________________


「皆さんが気にされてる今後の岡崎公園一帯の包括的説明を
京都市活性化ビジョンの担当者が来て行います。

町内ならびに周辺の環境はどうなるの?
と疑問に思われておられる皆様方に幅広く聞いていただきたいので、
ご参集の程よろしくお願いたします」

とのことです。

|

« まるで細手の白墨みたいな… | トップページ | 3.10.岡崎問題説明会終了 »

京都会館・岡崎公園問題」カテゴリの記事

コメント

まじでーって感じですね!

先生と作石が、京都市にやって欲しいことは!!!

京都の美しい町並みを形成している町家、どんどんつぶされ、駐車場やマンションになっている。これを、行政の側から保護政策を打ち出すべき、とのことです。

そうすれば、京都の町並みが保全され、観光客も増え、お金も落ちて行く。なにより、この国のアイデンティティーや文化が、壊され、淘汰され過ぎなのでは?

夏は暑いに決まってるし、冬は寒いから鍋や燗酒が旨い。好日居のお茶がほっこりするのも、四季のうつろいがあってこそのことでは?

投稿: 作石 | 2011年3月 8日 (火) 23時08分

作石くんへ

まじです~。

京都の美しかった町並みは残念ながら絶滅に向かってますね…
残された町家もますます点在する形になっていく事でしょう。
景観協定だって
(まちなみ風?)デザインとして瓦が採用されているだけで
機能を持たない瓦がくっついてる新築建物を見ると
情けなぁい姿に泣けてきます…

便利さと裏腹にコインパーキングネオン街にも
参っちゃうしね…

昔の名もなき大工さんが普通につくってきた家並がなぜ美しかったのでしょう…
仕方ないかもしれないけれど
個性の時代、政策が曖昧な状況でまちなみKEEPなど
不可能でしょう。ね。

そうそう!四季のうつろいがあってこそ、
夏には秋を、冬には来る春を想うのですよね…
燗酒を傾けながら、茶をすすりながら

投稿: 好日居 | 2011年3月 9日 (水) 00時02分

建築は、街並みは、時代の、またはオーナーの価値観によって生まれ変わる

建築家やデザイナーはそこに精一杯の抵抗や同調をしたとしても、もはや昔の価値観を再現することは不可能

嫌だ、嫌だと言って嘆くよりも、そういう現実、現場の中で何が出来るのか?少しずつ発信することが大切なこと

カウンターの内側からの積極的な意見、期待してます

投稿: ほろ酔い | 2011年3月 9日 (水) 21時53分

ほろ酔いさま

もちろんその時代の最善の形があるはず…
でもそうでないモノも多すぎる様に思えて
嘆いてしまうのです。

作り手であるほろ酔いさまも
ぜひ、よい街よいうつわであるために、
大いに貢献なされてくださいませ。

楽しみにしております。

投稿: 好日居 | 2011年3月10日 (木) 00時08分

さすが!!ほろ酔いさん!

投稿: のびちゃん | 2011年3月10日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まるで細手の白墨みたいな… | トップページ | 3.10.岡崎問題説明会終了 »