« 世界はちひさいね… | トップページ | 【ご案内】バーナード・リーチ工房作品展 2010 »

世界はちいさい…かも

昨日、台北のお客様との出会い偶然発覚したのだが
「好日居」と私の出会いも旅先にあった。
…よくよく考えると旅先でのご縁がとても多い気がしています。

学生最後の年だったか、ヨーロッパ建築行脚の旅に出た。
イタリア人建築家 カルロ・スカルパ(Carlo Scarpa)設計のお墓に行った時のコト。
そのお墓、ブリオン家墓地はベネチアの北、トレビソと言う小さな町の中にあり、
とても不便な場所ゆえ、私は友人とタクシーでそこへ向かった。

そんな場所に滅多なコトでは日本人に会わないはずだが
タクシーに乗って墓地に向かう途中、
私達とすれ違う日本人らしき女性二人連れが墓地から歩いて帰るのに出くわした。
「珍しいね…こんな場所で」なんて友人とタクシーの中で話してた。
すれ違っただけなのに、
歩いて帰る日本人女性のオレンジ色の服と鞄が目に焼き付いたまま…

…10年経った。

ある仕事先でフトした会話の中で、
同じ頃建築行脚の旅に出ていた彼女と知り合い
ブリオン家墓地ですれ違ったのがその彼女だと確信した時にはとても驚いたものだ。

うん、やっぱり世界はちひさい かも…。である。

|

« 世界はちひさいね… | トップページ | 【ご案内】バーナード・リーチ工房作品展 2010 »

偶然・運命・サプライズ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界はちひさいね… | トップページ | 【ご案内】バーナード・リーチ工房作品展 2010 »