« SOROSORO | トップページ | 陶板の庭 »

お茶日記 ときどき綴ります。

blogにあまりに自分の飲んでるお茶の記事がないネ…
お茶やのくせに…
なんて友達のコトバに
ハッ…と気付く。

もちろん日々お茶を飲んではいますが…
掃除しながらの「片手間茶」だったり「慌て茶」だったりで
blogに…なんて考えたコトありませんでした。

コレを期に、
自分自身のお茶をみつめなおしてみようと思いたち
すこし落着いてお茶を飲むように心がける…決意。
私のお茶時間、おそるおそるはずかしながらおひろめします。

いつも飲んでる普通のお茶から
時には珍品、珍年茶。
いただきものやお試し茶
いろいろな飲み方で、いろいろなうつわで、
お茶日記MEMO、ときどき綴ります。

カテゴリーは【my tea time】
またのぞいてみてください。

さて、早速、今日のお茶は『岩茶/奇種』
「岩茶」は中国福建省、武威山(ぶいさん)の奇岩のモトで作られる烏龍茶の一種。
独特な岩のミネラル分が岩茶の味わいをつくりあげています。
その中でも『奇種』は岩茶の中庸といえる味、らしいです。

今日はそんな岩茶基本形の味を堪能。Rimg2630

『岩韻(がんいん)』に酔えるひととき。
(「岩韻」とは、岩が醸し出す力強い味と香、
         岩茶独自の甘味の中に深みあるのどごし)

Rimg2621

縁の「虫食い」を銀繕いされた
片手に握れるほどのちひさな清朝白磁のうつわ、にて。

やっぱり 美味しい。

|

« SOROSORO | トップページ | 陶板の庭 »

my tea time」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。