« 今日庵文庫/茶書に見る 茶の湯の歴史 | トップページ | ダライ・ラマからのメッセージ »

リングティー「ジャヤ チャッカラ」

紅茶…??なんですって…Rimg1601

とても変わったお茶をいただきました。
まるで中國の工芸茶!…ですが、セイロン紅茶。
子供の指輪ほどのリング状に加工されています。

Rimg1603

味は、黄金糖のような…上品な蜂蜜 のような甘い味わい。
甘露のしずく…そんな表現が似合います。
かすかにライチの様な何か果物香も香ります。

これは スリランカ、ルフナ地方/ルンビニ茶園/「ジャヤ チャッカラ」
茶葉の入った瓶はその香りでたっぷりと満たされ、
岩茶の岩韻にも似た何か…力…があるようです。

工芸茶は中國茶のモノと思っていましたら
ヨソのお茶もどんどん変化しているようです。
この手間ひまかけたリングティーは
生産量も極少であまり出回っていないそうですが
形も味も楽しくとっても美味しく
大変よいお茶で、驚き!でした。

_______________________________

Nさま、貴重なおすそ分けをごちそうさまでした!
ところでお茶酔い 大丈夫でしたでしょうか?

|

« 今日庵文庫/茶書に見る 茶の湯の歴史 | トップページ | ダライ・ラマからのメッセージ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日庵文庫/茶書に見る 茶の湯の歴史 | トップページ | ダライ・ラマからのメッセージ »