« 南国名産 「ごまざた」??? | トップページ | 京都吉田山大茶会 »

【ごあんない】きのちから@堺町画廊

Rimg1605 Rimg1608Rimg1614_2

    友人の展覧会に行ってきました。

  いつもの家具やうつわと違い
  今回は縄文時代から海底に沈んでいたという古木を使っての作品。
  ステキな町家の堺町画廊さんの空間に浮遊する縄文の木(ノ精)達…
  不思議な形と不思議な浮遊感…
  縄文の木(気)と対面してみてはいかがでしょう。

____________________________________  

6月1日(火)~6月6日(日) 11:00~19:00 堺町画廊(京都市中京区堺町通御池下ル)

小沼智靖

堺町画廊の空間から発想を得たイメージを木と漆を使ったオブジェで表現

2007年の中越沖地震をきっかけに、5000年前から海底に沈んでいた古木が大量に浮遊。
この縄文時代の海底古木をデザインの力で再生するプロジェクトに参加しています。

時を経て、さらに”ちから”に充ちる古木。
古材の美しい町家に、縄文古木がたたずむシーンをイメージしながら制作しました。

小沼智靖プロフィール
木漆芸作家・画家

1965 埼玉県に生まれる
1990 東京芸術大学油画専攻卒業
1992 東京芸術大学大学院修士課程油画専攻修了
     以後、画家として活動
1999頃より立体作品に取り組む
     主に漆で仕上げた木の家具・木の器を発表。

2004 「第三回全国 木のクラフトコンペ」(小田原)銀賞受賞
2005 「 第23回 朝日現代クラフト展 」グラ
ンプリ受賞
     「 工芸都市高岡2005クラフト展 」優秀賞受賞
2006  「金沢わん・One大賞2006」準大賞受賞


縄文の古木を使った作品にちなんで縄文カフェを開催。どんな飲み物とお菓子かお楽しみに!


6月5日(土)、6月6日(日)12:00~18:00

|

« 南国名産 「ごまざた」??? | トップページ | 京都吉田山大茶会 »

ご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南国名産 「ごまざた」??? | トップページ | 京都吉田山大茶会 »