« リニューアルモダンガーデン | トップページ | 桜。そろそろ… »

teaカウンターはさまざま桜/好日居建築案内⑤

好日居のteaカウンター
(barカウンターと呼ぶモノがあるなら「好日居」ではこう呼んでもいいかな…)
は櫻三昧である。

Rimg1024製作依頼時、木工作家の臼杵春芳さんにサイズを伝えると
とってもとって~も立派な栗の一枚板を用意して下さっていた。
…のだが…
あまりに御立派過ぎてどうにも私には似合わない…

そこで
「何か古材で作ってもらえませんか?」
…すると、小さな櫻の古材が一枚…しかない。。。
逆手にとってそれをイイコトに「古材+寄セ集メ計画」がはじまった。

工房にあった「桜の古材」、「水目桜」、「山桜」…三種の櫻材、5枚継ぎ!
『さまざま桜カウンター』など願っても無い仕様。

なぜ願ってもないのか…?

それは、「好日居」開店が桜の頃であるコト、
そして宇野千代さんのコトバ
「幸福をまき散らす花咲かばあさんになりたい」
にあこがれてる私故

古材の輪染みもそのまま、Rimg1023
新材の機械で荒削りされた跡もそのままRimg1022
個性の違う材料達を継ぎ合わせる。
繋いだ部分が馴染む様、厚み調整、彫り、をほどこし
仕上げに臼杵さん自ら漆掻きされた貴重な日本の漆で拭いて下さいました。

結局、立派な栗の一枚板で製作するよりこの継ギハギカウンターは
ずいぶんたくさんたくさんのお手間をかけていただいた様です。

そんなカウンターもこの桜の頃、二年が経とうとしています。
いつも主張し過ぎること無くそっと好日居を見守ってくれてるみたい。

実は…だぁれも座るコトなど想定していなかったカウンターですが
ずいぶん多くのお客様がお茶を飲んで行かれました。
そしていろんな会話を聞いてきたんでしょうね…
拭き漆にもずいぶん味わいが出てきました。
このteaカウンターでこれからどんな歴史が刻まれていくのでしょう。

ただ、時を経ても変わらず吾想ふ、
今日も明日も好日でありますように            カウンターの向うヨリ

|

« リニューアルモダンガーデン | トップページ | 桜。そろそろ… »

好日居。」カテゴリの記事

コメント

カウンターに
見合うような
客に成れますように


かしこみ
かしこみ~

投稿: 惡王子 | 2010年3月18日 (木) 22時22分

「幸福をまき散らす花咲ばあさんになりたい」ですか!
いつも癒されます。
ついつい、このカウンターでお話しすることを楽しみに
行くこと数回。
いいんですよね。このカウンター。
今や、ふらりとお酒を飲みに行く身分では無くなっています
ので、teaカウンターありがたや。

投稿: 秋桃 | 2010年3月18日 (木) 22時32分

惡王子さま

カウンターに
見合うような
店主に成れますように

しかし好日居はいろいろ雑多な茶処
馴染んでいただけますよう
こちらこそ
心して

かしこみ
かしこみ~

投稿: ○。°好日居 。○ | 2010年3月19日 (金) 00時15分

秋桃さま

母である秋桃さましか拝見したコトしか無く
ふらりお酒をBarカウンターで…
なんて想像に難いですけれど

とあるステキなBarでwinebottleにボトリングされた美味しい凍頂烏龍茶を飲んだコトがあります
もちろんBarですからそれはステキなカットグラスでいただきました
ノンアルコールではありましたが
すっかり酔えるひととき

お酒気分ノお茶があってもいいかもしれませんね(笑)

お酒を飲む身分 じゃなくても
お酒を飲む気分 …
いつか、好日居のteaカウンターにて

投稿: ○。°好日居 。○ | 2010年3月19日 (金) 00時28分

このカウンターが据わった時、好日居に花が咲いたように思いました

好日居が好日居らしくなった瞬間

古櫻達は嘗ての満開の記憶を秘めていて、その艶やかな記憶を空間に散りばめているのかも知れません

願はくば花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃

投稿: ほろ酔い | 2010年3月19日 (金) 07時58分

ほろ酔いさま

西行の季節がやってきましたね
いつも見守って下さりありがとうございます

言われてみればこの桜たちもかつて美しい花をいっぱいに咲かせていたことでしょう…
確かにきさらぎの頃、特に喜んでいる季節かもしれません
花が咲いたら桜三昧のこのカウンターにもお茶を捧げませう

今年のきさらぎノ望月は3月30日ですね


投稿: ○。°好日居 。○ | 2010年3月19日 (金) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニューアルモダンガーデン | トップページ | 桜。そろそろ… »