« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

「羊茶会」/メェ~・迷・銘茶会

今日はgallery「好日居」でやってる上野山有希子さんの『ひつじから布へ』展
にまつわる茶時「羊茶会」をさせていただきました

山の恵みをいただきに早朝より山へ091031_002
「羊歯」と書いて「シダ」と読む
よって『羊茶会』のための草木は「羊歯」!と思いたち
お爺さんは山へ柴刈りに、「好日居」は山へ羊歯刈りに行きました とさ…091031_008今日の「好日居」にはまるで 山の精 が棲んでるみたい 091031_009すっかり山ノ香山ノ気に満たされています

茶会の写真はありませんが
大谷石の縁側の建具を全て開け放し、想定としては寒い寒い中、
「上野山さんのウールをまといながらのお茶会」したい予定 (でした)

しかし残念ながら想定外!今日は暑い暑い一日…!!
(風とこもれびがここちよいお茶会ではありました が)

お茶会は、ひつじみるくから始まり、毛糸玉に見立てたお茶やお菓子
テーブルには羊の放牧に見立てた小菓子群…
そして羊みるくのチャイ
羊ヨーグルトから作った濃厚クリーム…
…とまぁ ひつじ三昧 ひつじ尽し のお茶時間となりました

テーブルも庭に近い場所へ移動させてここちよい風と作品のウールとこもれびの中、
楽しいひとときを過ごせました(写真があればまた更新します)

galleryにも絶えずお客様が来て下さっていらっしゃった様で
galleryにご来居のお客様でソプラノとテノール歌手の方々が歌って下さる…
サプライズなひとときもありました
上野山有希子さんの展覧会は明日まで

ぜひ上野山さんの丁寧に織られた布、手にとってみてください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ひつじから布へ」 上野山有希子さん @gallery好日居          10/28-11/1

gallery「好日居」のご案内です!11/1(日)まで

gallery好日居を気に入って下さった上野山有希子さんのはじめての個展

ひつじの毛を買って洗って染めて紡いで織って仕上げて…
お話を聞いているだけで果てしない時間が織り込まれているように思えてきます

手にとっていると時間を超えてからだと心まであたためてくれそうです
開催中上野山さんもギャラリーにいらっしゃいます
手にとってみたり上野山さんのひつじから布への果てしない物語を聞きに
ぜひお立ち寄りください

10月31日(土)には上野山有希子さんを囲んで『羊茶会』もあります
こちらもお楽しみに0910285 091028_5  

ひつじから布へ

「羊毛」と一言で言うけれど
羊により、その年により、
季節により様々変化し
同じものはありません
「羊の毛」との出会いは「一期一会」、
出会った「羊の毛」の個性と向き合い
手紡ぎ手織りの作業を一枚の布へ 
そんな地道に仕上げた布たちです 
                      上野山有希子

「ひつじから布へ」
二〇〇九年十月二十八日(水)-十一月一日(日)
正午~午後六時
@ gallery 好日居
606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町 九一
電話 〇七五-七六一-五五一一

お茶時「羊茶会」
十月三十一日(土)
十一時~十ニ時半(DMに書きました時間からこちらへ変更となりました)
会費:二千五百円
要予約
@ tea 好日居

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

○●○上野山有希子さん○●○
 奈良在住
  京都市立芸術大学・工芸科・染織専攻 修了
   住江織物(株)・東レ(株)にてインテリアファブリックの商品開発を経て
    川島テキスタイルスクール にて織りの基礎を学ぶ
     現在、しんたく織工房(大阪)で手紡ぎを教える

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「羊茶会」(「メェ~迷銘茶会」!?)予約受付中

只今上野山有希子さんがgallery好日居にて「ひつじから布へ」展で
羊の毛からはじまる果てしない手紡ぎ手織の仕事を見せて下さっています

上野山さんから「お茶会しませんか~ぁ?」なんてお誘いを受け
軽~く勧誘されノッてしまった好日居ですが
どんなお茶会になるのやら…未だ自分でもマスマス当日のお楽しみ状態
いったい「羊茶会」って何?
謎かけしながら迷いつつも迫リ来るお茶会
羊が一匹・羊が二匹…数えるほどに目の覚める「好日居」です!

091029_002とはいえ北海道の松山農場さんから羊ミルクやヨーグルトが届きました!
なかなかいただけない羊さんのミルク
幻のステキな「メェ~迷銘茶会」
となりそでしょ…

10/31(土)11:00~12:30/上野山さんを囲んで羊話に群れをなしながら
羊自慢なんか聞きつつ!?ひつじにまつわるお茶時を楽しみたいと思っています
まだお席ありますのでご興味ある方はぜひご予約くださいませ

ひつじの本によれば
『美』とは「大きな羊は美しい」意味から出来た文字なのだそうだ
「美」なる羊茶会にしたいと思います

好ご期待。予約は好日居までどうぞ/075-761-5511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大谷石の縁側/好日居建築案内④

091017_005

大谷石の縁側と呼んでいる部屋
秋、朝のこもれびです

大谷石は栃木県の大谷で採掘される
2000万年前の海底の地層でα波が出ているのだそう
設計事務所時代からこの石が好きでいつか使いたいと思ってた

18切符で大谷石の現役採掘場へ向ったのは2007年
地下60m暗黒の世界へ…細い鉄骨の階段を降りる降りる降りる…
暗い暗いひんやりした地下にぽつんぽつんと光灯る中
職人のおじさんと一緒に採掘をさせてもらった(まねごと程度ですけど…)

石屋さんにお湯をもらって降りてその暗い地下採掘場でお茶を淹れて飲んだ
(なぜか決めたい時にお茶を淹れる習性?)
茶店をする覚悟を決めた瞬間だったかも?

地下にある石はしっかりと水分を含み濃い緑粘土の様で
地上に出た石は大きく呼吸をはじめるが、乾く前は多少重い
切り出したての石を宅急便で送ってもらう
経費節減のため荷降ろしは自分でする
そして友達で庭師のイロハデザインさんと一緒に敷いた

手間をかけて改修した大谷石の縁側
夏は少しひんやり、そして冬は少しあたたか
足触りよく裸足でいるのが気持ちいい
建具は壁側に引込み全開放でき庭へと続くのがこの部屋の魅力でもあり

石は2000万年の時を超え、やわらかで風化しながら「縁側」で日々歴史を刻んでゐる

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

山南石材店(大谷石採掘・販売)/高橋さん
                    /宇都宮市岩原町558/028-652-2854

イロハデザイン(京都の庭師)/上村さん/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せの呪文 「ポルボロン」×3

091025_002 久々にいただく大好きなレピドールのポルボローネス
お土産にいただいたお客様からお菓子にまつわる幸せ情報を入手

口にそうっっと入れて溶けないうちに
「ポルボロン ポルボロン ポルボロン」
…三回唱えると幸せがやってくる…とか!?

ヨーロッパのお菓子にはそんな遊びがつきもので楽しい!
ホッ…と甘くて幸せになるお菓子の話

「ポルボロン」はスペイン・アンダルシア地方のChristmasシーズンにかかせないお菓子
フワァッ~そしてホロホロしたもろさが身の上
スパイス香るはかない洋落雁、と言った風です

さぁ、お口にぽいと入れてそぅっと唱えましょう

「ポルボロン ポルボロン ポルボロン」…

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「ポルボローネス」

レピドール/田園調布店/tel 0120-095123

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年も冬支度

091026 秋は急に足早に冬に向かってゆく

慌てて冬支度…

エアコンなしの好日居はスイッチひとつで季節を変える事はできない

今日は大谷石の縁側にトルコの空飛ぶじゅうたんを敷き、ストーブ出して…

少しずつ寒い季節を迎える仕度

少しずつ心の準備…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヲタノシミ箱

最近「好日居」のお抹茶の小菓子です091025_001 ワクワク開ける楽しみがあるでしょ?
何が入ってるでしょう?091025_002

中身は大好きな「栗きんとん」でした!
「好日居」では栗きんとんの季節が到来

山猿(うちの父のコトですが…山に入ると鼻が利く才覚の持主)が山で採って来た
ちいさな山栗と和三盆だけで作っています

そしてお抹茶のお供に「お楽しみ箱」とこっそり呼んでる箱を使う事があります
廃業になった漆やさんの蔵から出てきたという中塗漆仕上げの小箱
ちいさな菓子とりどり入れてみたりして…楽しんでいます

食べ物の話題ばかりが続いてスミマセン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「これはりんごではない」

「これはりんごではない」と書かれた絵を描いたルネ・マグリット091025magriteto_001 091025magriteto_002 

マグリット好きだったりする

そして林檎好き

昨日林檎を買ったら

今日重ねて信州松川の奥地から林檎と洋梨が届いた

季節到来!

林檎タルトの美味しい季節…

タイミングよければ好日居でも召し上がっていただける事があるかもしれません

香り高い秋の味覚

「これは林檎タルトでは あるのだかないのだか…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同じ釜ノ飯ヲ喰フ

091024_005

今晩は好日居にて「月食茶会+月光茶会」の反省会
泣けるほどボランティアでよくぞあんなにお手伝いしてくださいました…

まずは共同開催にのって下さった しかまファインアーツさん
スタッフとしてお手伝い下さった元同僚のカトリーヌ、
千葉でのお茶会主催者でもあったSAMIさん
そしてご近所の友達でいつも素敵な写真を撮ってくれるCasa de Bananoさん
本当はもうひとりお花を活けてくださった清水さんの参加があれば
ALLメンバーでしたがお忙しくて参加していただけず

たくさん至らぬ点がありつつ、複雑な茶会ながら
私の説明不足にもかかわらずみなさんよく動いて下さいました
心よりありがとうございます

こんな茶会、ひとりではとうていできません
よいチームワークのために本当は茶会の前に同じ釜の飯を喰うべきだったかな…
そうすればよりよい会にできただろうか…?
…そんな事を思いつつ、鍋をつつきました
(実際茶会の前にそんな時間的余裕はなかなか有りませんでしたが…)

考えてみれば大学生の頃お手伝いに行っていた設計事務所時代からずっと
どちらの仕事先でもご飯を作る役目が不思議と私にありました。
先日東京の設計事務所の先輩がやってきて
(すっかりメジャーデビューされてる方ですが)
「同じ釜の飯を喰った仲だもんね~ずっと会ってなくても言わずと知れる」
とおっしゃって帰られました

確かに…
建築の仕事をしていると仲間で居る時間の方が何より長くてご飯も一緒、
仕事は長所短所性格もすべて受け入れた上でのチームプレー
そこまで付き合えた仕事仲間とは連絡取らずとも
一生知れた感覚で居られるらしい

ひとり茶みせを忙しそうにやっていると
同じ釜の飯を喰う機会なんてなかなかなかった
たまにはこんなのもいいな…
やり遂げた満足感と仲間に感謝しつつ鍋をつつきながらの夜は更けた

感謝感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「月の雫」と甲州葡萄…京都で出会う偶然

091018_00210月某茶会にご参会のお客様お二人から別々偶然にいただいたお土産
なんとまぁ…甲州銘菓「月の雫」とその中身の「甲州ぶどう」!
(「月の雫」はお茶会にお出しした菓子、美味しかったので…と早速リピーターです)

「月の雫」がどんなお菓子か…?
それは、勝沼産甲州葡萄をひとつぶずつ糖衣で包んだもの。
新鮮な葡萄を使っているのでほうばると口いっぱいにジューシーな葡萄が広がります。
なんとも美味しいお菓子。

「月の雫」誕生物語もまた素敵なストーリーがあるようです。
明治10年の秋、偶然生まれたお菓子。
お菓子屋「松林軒」の3代目が砂糖蜜を練っているとき、
そばにあったぶどうの房から一粒のぶどうが転がり落ち、
拾い上げておいたところ、ぶどうにかかった蜜が冷え固まって、
それはちょうど広いぶどう畑に降り注ぐ「月の雫」に見えたとか…

今では商標権を開放し甲州銘菓となりいろいろなお店で作られているそうです。
皮のしっかりした甲州ぶどう…
「月の雫」のために生まれた葡萄と思えてならない私です。

とにかく美味しい!幸せなひとつぶ。
未食の方、ぜひいちど味わってみてくださいね。
来年秋。近所の方、ぜひ一緒に取り寄せしましょうね~

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「月の雫」(9月~3月頃)

松林軒豊嶋屋/山梨県甲府市中央1丁目14-3/055-233-3555/火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

club 好日居【うつわ好きの金継会】/たまには報告。

月いちど、去年の10月から好日居で金継会をやってます(只今満席ですが)

(好日居がいちばんのろのろ作業して居ますが)
私の次にゆっくり丁寧に継ぎの作業をされていたHさんの器が
10月から一年経ってとうとう粉蒔きまですすみました
(もちろんいくつかの器を並行して作業をしてゆきます)

今日は先日の作業、粉蒔きの様子を披露いたしましょう。

091019_002一年近く掛けて直した部分に漆を塗りました(黒い部分) 091019_007漆が適度に乾きかけたら、そこに金属粉を筆で蒔きます(今回は銀粉) 091019_012やさしく真綿で馴染ませます 091019_014粉蒔きができました。この日の作業はここまで

そのまま来月まで乾かします

次回その上に「伊勢早漆」(いせはやうるし)を塗り
また乾かします…そうしてやっと完成…となります

お正月に間に合うかな…と言ったところ…

(月に一度という事もありますが)
一年以上かけて直す息の長い作業
でもうつわに命を吹き込む大切な作業(もっと早く完成してる方もいらっしゃいます)

Hさんのこのうつわ、
もしかしたら江戸や明治時代から欠けてしまったまま
使ってもらえなかったものかもしれない様です

そうしてそのうつわは再び命と役目を持って…
欠け継ぎ…受け継ぐ…

先日の母から娘へ受け継がれた小谷さんのグラスの様に使い継がれていく

「金継」、とはステキな作業です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母から娘へ /quarter世紀を生きたお祝い

友達が「好日居」にちょっぴり自慢げに持ってきた
倉敷ガラス・小谷真三さんのグラス達
小ぶりで少しやわらかな形…ひとつひとつ味わい深く、とても小谷さんとわかる091017marlive_005

友達の母が結婚する前、(30年近く前でしょうか?)
小谷さんから購入されたそう

好日居のwaterグラスも小谷真三さんが作ってくださったもの
小谷さん曰く「何を入れても美味しくなる魔法のコップ」

友達の母は「好日居」のブログを見て
「魔法のコップがうちにもあるある…」 と
棚の奥に仕舞ってあったこのグラスを思いだしてくれたのだとか

友達がちひさき頃、特別な日、ちょっぴり背伸び気分で使ったであろう
大切な思い出の詰まった大好きなグラスwine

友達がおねだりしたのかその母がゆずったのか
ちひさき頃、カルピスをいれたそのグラスを
母から娘にプレゼントしてくれたのだと…

1/4世紀生きたお祝いに…

アルコールにめっぽう強く育った彼女と
こんどシェリーでも一緒に飲もうと約束した

1/4世紀、おめでとう birthday

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『金木星 Bar 好日居』

本日宵の頃より “蒼 -深みある音色-” MAR Live@好日居 でした

091017marlive_003

MARの三人+ボーカルお二人を迎えての豪華Live

Liveの中で照明を全て消して聞く音時間、そんなひと時がありました
「Amazing Grace」

いつもと違う感覚で音を聞く。
音だったり香だったり空気感だったり…
視覚が薄れるかわりに他の感覚がとても敏感になるのがわかる
それがステキだ

091017marlive_007 そんなMAR Liveに友達の鞍馬口ん家から届いたすてきな贈り物
大きな金木犀。
照明の消えた好日居に香る金木犀と「Amazing Grace」が
皮膚から沁みこむのを聞いた

明日ご来居のお客様!
「好日居」は金木犀の香に満ち満たされています

さながら 酸素Barならぬ 『金木犀 Bar 好日居』
明日は お茶時間 というより 香時間「好日居」となります(?) あしからず(!?)
秋好きの方どうぞお待ちしております

ま…言い方を変えれば
金木星の宇宙でお茶時間できます…ってところ(?)

091017marlive_010 今日のお茶は岩茶・夜来香+小菓子は“深みある焼菓子”
珈琲をたっぷり使ったおとな味クッキー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

缶入「夏みかんマーマレード」/光國本店製

091015

大好きな「夏みかん丸漬」を某茶会に使った折
右は一緒に取り寄せてみたモノ

缶入り「夏みかんマーマレード」
珍しいですよね、缶入りって

【御召上り方法】によると
パンに付けてジャム代用
白湯に混ぜてコーヒー代用

…とあります
缶を開けたらまたご報告いたしませう

レトロ缶 の レトロ感、しばし目で楽しんでから味わおっと…

光國本店/山口県萩市熊谷町41/T 0838-22-0239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“蒼-深みある音色” MAR Live@好日居 09.10.17

Marlivekjk090927_2

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

“蒼 -深みある音色-” MAR Live@好日居
09.10.17 (Sat) Open 17:30/Start 18:00/Fee ¥3,000 with TEA

*イベント内容・チケット問い合わせはコチラまで。
*当日の会場問い合わせはtel.075-761-5511

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
MAR
服部 玲子 Sax /尾崎 愛 Piano / 田口 美郷 Percussion 
名古屋音楽大学卒業の女性3人組ユニット。
それぞれ別のフィールドで活躍する3人が、08年より共に演奏活動を開始。
クラシックを基礎としながらも、ジャンルにとらわれない柔軟な音楽性や
多彩な音色、ステージパフォーマンスが好評を得ており、
これからの活躍が益々期待されている。
現在、名古屋を中心に京都、大津、岐阜等で精力的な演奏活動を展開中 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

来たる10月17日(Sat)!

京都岡崎にて“MAR”Liveがなんと昼夜ふたつの会場、違った表情で楽しめます!

“おとあそび”MAR Live@Casa de Banano 
ではラテンのリズムにのって楽器製作からワークショップライブまで!
きっと明るい太陽の様な…

“蒼 -深みある音色-” MAR Live@好日居
ではグッと雰囲気を変え、テーマカラー“蒼”より夜へ深く静かに…
大人なLIVEが楽しめるはず!

ゆるり秋の一日、昼はラテンにて、夜はJAZZY(?)ナイトを過ごしてみませんか?

きっと、このハシゴは見逃せない!

夜時「好日居」Liveでは、目をつぶって静かに耳をかたむけてみてくださいね
“蒼”の音色が静か~に沁みてくるんだろうな~

とても楽しみです

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

↓以下 MAR Live @ Casa de Banano お昼のライブ案内です

Marlivecdbs_2 絵作者:アトリエ・ハピバール 清水啓介 / デザイン:parammm.net


来る10月17日土曜日、
京都岡崎、秋風が心地よい白川沿いのCasa de Bananoにて
MARによるライブが開催されます。
前半は、MARによるラテンな雰囲気溢れる曲演奏、
後半は、なんと!小さなラテン楽器づくりのワークショップがあり。
親子参加大歓迎です!

------------------
MAR LIVE “おとあそび”
09.10.17 Sat
Open 13:30/Start 14:00
予約制、¥2,000・親子¥3,000(定員20名の予定)

------------------
1部:MARによる演奏
2部:パーカッション奏者の美郷さんによる
   リサイクル材料を使ったラテン楽器づくりのワークショップ
3部:MARのメンバーによるリズムのレッスン、
   そして制作した楽器を使って、皆で曲演奏!

------------------
会場:Casa de Banano
京都市左京区岡崎円勝寺町57-8
地下鉄東西線東山駅1番出口徒歩3分 Map

*イベント参加はワークショップ付きのため予約制です。
イベント内容・チケット問い合わせはコチラまで。
予約の際にワークショップに必要な材料や道具について、お伝えします。
*当日の会場問い合わせはtel.075-634-5674

------------------
MAR
服部 玲子 Sax /尾崎 愛 Piano / 田口 美郷 Percussion 
名古屋音楽大学卒業の女性3人組ユニット。それぞれ別のフィールドで活躍する3人が、08年より共に演奏活動を開始。クラシックを基礎としながらも、ジャンルにとらわれない柔軟な音楽性や多彩な音色、ステージパフォーマンスが好評を得ており、これからの活躍が益々期待されている。現在、名古屋を中心に京都、大津、岐阜等で精力的な演奏活動を展開中

“no music no life”サックスの服部玲子さんのBlog
http://blog.livedoor.jp/voir_sax/

“voir(ボアール) ”
サックスの服部玲子さんが参加するサックスのアンサンブルグループのHP
http://www.geocities.jp/voir_sax/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の道真(みちざね)さん

091016

今日の道真さん 

(…と勝手に呼んでる仏像さん、いつみてもとぼけ顔がいい。。。)

O先生のお家のベランダで大切に育てられてる「ほととぎす」とご一緒に

なぜ「みちざねさん」…って呼んでるか…は以下のコメントにて↓

| | コメント (4) | トラックバック (0)

みちくさ

ココは押してならバイクや自転車も通れるふつうに道であり橋だったりする
(東福寺「臥雲橋」)091014_003「臥雲橋」より望む「通天橋」/紅葉ノ頃は恐ろしい人人人…今まだ静か… 091014_005

一年に何度か伏見街道を通る
用事で伏見街道を通るのは水曜と決まっていて
(水曜はもちろん「好日居」の開店日だが)
早朝出かけ、開店時間に間に合うよう「好日居」に滑りこむ算段である

五条と伏見を繋ぐ伏見街道は生活に密着したちいさな商店が長く続く道で
にぎわいの表情よく+街道のスケール感が好き
(車が猛スピードで通り過ぎる事を除いてだが)

(決して古い街並みばかりではないが…)
古くより伏見人形商う店があったり、お芋やさんが離れて2軒存在していたり
職人さんの店いろいろ、飲食店はもちろん様々古い店・生活の店が軒を連ねる

道の途中には伏見稲荷が拝め、
すずめの食べれる店・稲荷寿司の人気店があったりする
神社があるかと思えば伏見カトリック教会あり、すこし廻りこむと東福寺もある

用事が早く済めば、なじみの道についみちくさしたくなる場所があり、
寄り道をしながらみちみち帰るのが伏見街道の楽しみだ

少し遠回りして御香宮や藤森神社で水汲み、
贔屓の大学芋、並河豆腐店、おいなりさん、東福寺の通天橋、今熊野のコロッケ、
名も知らぬいつもの店の篭盛り果物…
みちくさしては戦利品を少しずつ…開店時間を気にしつつ「好日居」に向かう私

「伏見街道」…おとなのみちくさにかなりおススメshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「村雨」の露もまだひぬまきのはに

霧立ちのぼる秋の夕暮れ

唯一取り逃した事のない百人一首の札である
(…と言う人はこの世にたくさんいると思うが…)

今日は晴れて「霧立ちのぼる秋のゆふぐれ」とはなりませんでしたが
美味しいお菓子をいただきました
『村雨』Rimg0405
月光茶会のお客様からのお土産
それもお茶会感想文付き(月?)…またまた感激!
ありがとうございます。

感想文には
「あの日の地面すれすれの浮遊感、心地よい時間、
いつでもとり出せる大切な記憶となりました…
そして、月の見方が変わりました…」

…とありました。
月の見方が変わられた…と…

情報の少ない太古の時代
太陽や月、星、天空も大切な季節の案内人…
情報化社会の今こそ、
原初の感覚や大切にされてきた季節の行事と共に月を見上げてみたいですね

さて、お土産の『村雨』。小豆、砂糖、米粉というシンプルながら
かるかんの様なもっちり系ではないが、ほろほろ大変美味なるお菓子。
あずき色がきれいで甘さもよい。           ごちそうさまでした

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『村雨』

「塩五」/597-0004 大阪府 貝塚市西町 7-1/TEL 072-422-0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山崎園遊会「秋」

自分のお茶会「月食茶会&月光茶会」のご報告ができないまま…

お手伝いに行かせていただいた「大山崎園遊会『秋』」のお知らせです
お天気もここちよく秋の一日、私の担当はちいさな草原に遊ぶあずまや担当

091010_006 朝からこんなことして遊ばせていただいてます! 草原に咲く「遊縁遊宴」
550本ものバラが草原に咲いてるんです(笑)

091010_003担当その一のバター茶
チベットの栄養源、ビタミンドリンクとも言えましょう~
目の前でのパフォーマンスは中国・北京「18茶院」のchef自ら点ててくれます
はまると美味しく楽しいお茶 091010_020もうひとつ担当のお茶は「漏景春席」にてお抹茶です
宗時代のお茶遊び…切り絵を敷いたお茶碗に抹茶をふり入れ、
091010_014こんな風に絵を映します(これは蝶々)
少しドライフルーツなどを景色にちらし、お湯を注ぎ点てる…
日本の茶道とはちがった趣。お茶を楽しみ遊ぶココロ…
お正月なんか楽しいですね

他の茶席にはゴビ砂漠~チベット、福建省から台湾まで…
居ながらにしてお茶をめぐる旅におでかけできます
主宰の中国茶會・無茶空茶の黄先生のお茶と旅のお話も魅力
+13時15時と音楽もあります。
ぜひ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大山崎園遊会 「秋」/中國茶會・無茶空茶

10月11日(日)は「好日居」いつも通り開店。
10月12日(祝)は定休日につきお休みです。

「秋」、大山崎山荘お茶の旅をしながら日永一日遊んでみる。
いかがでしょ?

Img Img_0001

大山崎園遊会 「秋」

        二〇〇九年十月十日(土)、十一日(日) 十一時~十六時
                    ※雨天決行 受付終了 十五時三十分

場 所:アサヒビール大山崎山荘美術館 (電話 075-957-2364)
参加料:1000円(税込、お菓子・お土産付/入館料別途必要)

お気にいりのお猪口位の大きさの茶杯をお持ちになってご参加ください。

問合先:中國茶會・無茶空茶(電話 06-6361-6910)

◆十一日は、秋の景色に染み入るような、美しい音色、喜びと哀愁に満ちた
 バンドネオンとバイオリンのデュオによるアルゼンチンタンゴの生演奏会も開催。
 (十三時、十五時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットサンドパン

お客様が時折気にとめるキッチン道具、ホットサンドパンRimg0384

イングリッシュマフィンや好きなパンをスライス、
(以前はFのパンドセーグルなんかよく使ったっけ…)
定番の具は、ハム、チーズ、マッシュルーム+黒胡椒、
パンに挟んで焼く
だけ
(でも「好日居」MENUにはありません…sorry)

ユトレヒトに居た友達のアパルトメントの屋根裏部屋で毎朝作って食べた
(もちろんオランダはチーズ王国だから文句無しに美味しいんだけど)
すっかり心を鷲掴みされ、買って帰った道具
日本でも同じのを時々見かけるけど
コイツはパン好きチーズ好きには手放せない人生の相棒だ

おススメ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

嬉しいごほうび! そして 浦山太郎氏より

今日はお客様からお茶会のごほうびをいただきましたscissors
shine本日開店というおめでた~い
パティスリー タンドレスさんのケーキcakeRimg0381
ごほうびにケーキ…なんて… ハーモニーがとっても美味し~かったです
ごちそうさまhappy01

…と思えば差出人「浦山太郎」なる人物から手紙も届いた!
ウラヤマタロウ?
(仮想)月食茶会の(竜宮城でなく)桃源郷でのお菓子だけ取りに来られたヒト?
OH!やっぱり「浦山太郎」さんだったんですね~Rimg0382趣味人さまの様で…達筆…(おじいさんの風格?)

「月色の美味 奈ル でした」

とある
?「玉手箱」を開けるとやっぱりが出て来て
…おじいさんになった…? か どうかは定かでないが
(箱の中はだった? うむ…謎だ…)

無事俗世に戻られ桃源郷の月菓子を食された(?か煙と消えたか?)ご様子で…

よかったです

そんなこんなお茶会その後あれこれ…
でした。

他。たくさんのお手紙やメール
ご意見ご感想ほんとうにありがとうございました!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

パティスリー タンドレス/Patisserie Tendresse

606-8151/京都市左京区一乗寺花ノ木町21-3/075-706-5085
OPEN:11:30~19:00

http://kyotocake.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のひとこま4@好日居

(仮想)月食茶会+(空想)月光茶会に生けられていた植物たちを少しいただいた091007_001お花の清水南文さんが愛知県の山に取りに行かれた植物たち…
少し不思議なモノたちもいる091007_002もうしばらく山のオーラを送ってくれたりする091007_003_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風去

京都・上空、台風は去りゆきました

昨日ご来居の東京と名古屋のお客様、無事お帰りいただけましたでしょうか?
吹けば飛びそうな「好日居」もまだ無事存在(ホッ…)
台風が中秋の茶会に参加してくれなくてよかった…

そして…また秋が深まる…

そろそろちいさく冬支度はじめよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶の妖精              ?

fullmoon夜ノ茶時(空想)月光茶会 に来られたお客様からいくつかコトバをいただいた
茶会の画像がまだ届かないのでいただいたコトバを少しばかり公開しちゃいます

「『茶の妖精』
みたいやった」…(私が?)…でも「茶」がつくのでちょっぴり喜んでみたりする。
しかし実はムチャクチャ恥ずかしい
でもきっと今だけしか言ってもらえないのでちょっと公開しとこ(笑)

「中二階で振る舞っていただいたエスプレッソお抹茶がとても印象的です。
モンゴルのパオのような赤いお部屋で
月が入りそうな大きな器に注ぎ入れるお抹茶。」

そのコトバを読まれた茶会不参会の方より
「月が入りそうな大きな器」
なんてまるで芥川詩人賞だね(ないけど…)
ですって…
Kさん芥川詩人賞おめでとうございますshine

抹茶の淹れ方は心を注いだ初めての試みだったので
器の出会いと場の雰囲気に助けられ…楽しませていただきました


さて、 不参会の方に質問です どんなお抹茶だったのでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月食茶会+月光茶会@桃源郷 改メ お茶のトライアスロン?

鹿ケ谷の月見台より望む091003_002 昼ノ茶時(仮想)月食茶会
夜ノ茶時(空想)月光茶会
@鹿ケ谷山荘 桃源郷

今回、鹿ケ谷山荘にてひねもす遊ばせていただきました
桃源郷の玄関から天界のテラスまで
…すっかりお茶のトライアスロンとなりました
(私はバナナ茶会からず~っとトライアスロン気味ですが…(汗))
ご来郷のみなさまありがとうございました

昼ノ茶時では…十五夜にちなみ、15種の月にまつわるお菓子をご用意
メニューには「桃源郷」で呼ばれている菓子名を披露
メニューに書かれた俗世の俗称は封印され、
その封印された頁は下界へ戻ってからしか見てはならぬ↓091003menu

昼の茶は五種…お茶ごとに部屋を移り、上へ上へ天界へと移動していく…
空間ごとに室礼調度も変わり、それぞれにお茶と月菓子を楽しむ

そんな大移動茶会…トライアスロンおつかれさまでした
そして無事の完走!おめでとうございます!?
全員GOALでよかった…

夜ノ茶時では…月見de一献 by 三友居
お茶は四種、月菓子は少しばかり

お食事の後は場所を変えながらの茶時
夜茶時 最後は天界にほど近い月見台にて「月光茶」と「夜来香」を楽しむ

昼も夜も合間あいま…
しかまファインアーツさんがお持ちくださった
アンティ―クのステキなポータブル蓄音機から奏でられる月にまつわるレコード…
言葉につくしがたいイイ音と鹿ケ谷山荘の空間に涙がこぼれそうになりました

そんな桃源郷での茶時など…今となってはまるで夢ノ如シ

091004_004 昨晩ノ 桃源郷ニ想ひ馳せつつ 好月居ヨリ 望ム十六夜             好月居

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「桃源郷の玉手箱」

Rimg0360
昼ノ茶時(仮想)月食茶会へ想定外のアプローチがありました

「どうしてもお昼ノ茶時に興味があり参会したいが仕事がある
 お菓子だけでも参加したい…」との事

ただ変ったお菓子を寄せ集めいただく茶会ではなく
参加せずしてお茶とお菓子、空間と空気…練りに練ったシナリオを
さまざまなバランスなしには絶対理解し得ないだろう茶会故
お断りした方がよかろうと意図を説明した

端的に言うと
「『桃源郷』でいただかないお茶時間は『竜宮城』へ行かなかった浦島太郎と同じだ」

…するとますます興味が湧くので参加したいとおっしゃるのだ
しかし難題を出されるとつい応えたくなる性分か…(汗)

                               つい うッ…・受けてしまった…

茶会が終わった後の時間、俗世間ヨリ桃源郷まで坂をあがっていらっしゃる
モノ好きな「浦山太郎」氏に「玉手箱」を用意させていただくことにした

「決して開けてはなりません」

このブログがアップされてる頃、
「浦山太郎」氏がすっかりお爺さんになり果てていなければよいのだが…





知ル由モナシ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「好月居」?ひねもす桃源郷に月と遊ぶ

天気上々。

本日お休みいただき、ひと日、ひと夜限りの桃源郷にて月とたわむれて参ります

明日より通常営業となります

みなさまもそれぞれの中秋のお楽しみないちにちとなりますよう

「桃源郷」にお遊びご予約のみなさま

足元濡れております

どうぞお気をつけてお迷いくださいませ

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ 「好月居」 @鹿ケ谷山荘 ○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨後の月

明日のお茶会準備のため

いちにち桃源郷に引籠り…

帰る頃には「雨後の月」が天高くのぼっていた

明日も好日まちがえなし!

お茶会ご参会の方

とってもとってもお楽しみに!!

お気をつけて桃源郷に迷われてくださいませ

月尽し月千昧にてお待ちいたしております

                   好月居@鹿ケ谷山荘

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »