« PA PI PU PEPPER そして PO | トップページ | 美人的好日/丹沢×東方 »

かりんとう 「たちばな」

お江戸土産 というか 銀座土産 だ

090809_002

かりんとう 「たちばな」

銀座にひっそりたたずむ小さく端正な店で

太めの「ころ」・細長めの「さえだ」 かりんとうニ種のみ

材料は「小麦粉、砂糖、植物油、イースト」のみ

シンプルでありながら視覚味覚ともに上品

番茶のお供というより煎茶に添えたいお菓子である

かわいらしく橘模様散るパッケージは色遣いも美しく

その缶はいつまでも手元に使いたくなるもので

10年以上「たちばな」の丸缶を茶缶として愛用している(丸缶は朱色ですが)

そうしてその茶缶を見ながら ふと たまに食べたくなる

…罪な缶である

かりんとう たちばな /東京都中央区銀座 8-7-19(江安ビル1階)
                               03-3571-5661
                               営業時間:11:00~19:00(土曜日は~17:00)
                               定 休 日 : 日曜・祭日

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

2009年8月24日(月/定休日)~9月1日(火/定休日)までお休みいただきます
2009年8月29日(土)は千葉で賣茶旅/お茶会の予定です(詳細は後日)
2009年8月30日(日)は東京天真庵さんにて午前中プライベート茶会の予定
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

|

« PA PI PU PEPPER そして PO | トップページ | 美人的好日/丹沢×東方 »

菓子」カテゴリの記事

コメント

浅草「小桜」、湯島「花月」と並んで江戸かりんとう御三家ですな

かりんとうの起源には、唐菓子説と南蛮由来説があって、菓子屋育ちは勝手に黒砂糖系は唐菓子、白砂糖系は南蛮と思っております

育った菓子屋のかりんとうは秤売りであったため、湿気に敏感な白砂糖系は敬遠されたと思われ、専ら硬い黒砂糖系でした

江戸に育ちながら大人になるまで「ほっこりしたキツネ色のかりんとう」を知りませんでした

しかし「黒いお顔の不思議な甘さのかりんとう」は、中に空洞があったりして、子供の頃の空想と共に忘れられない味であります

投稿: 菓子屋育ち | 2009年8月11日 (火) 10時36分

菓子屋育ちさま

久しぶりのブログご来居ありがとうございます
そして「キツネのかりんとう」ありがとうございました
白に黒、南蛮に唐菓子伝来、それもシカリ

こういうのはどうでしょう…
キツネのかりんとうは大陸より黒かりんとうがシルクロードを通り南蛮を経て伝わり来た

いずれにせよ黒も白も美味しモノは年月を経ても変わらず愛されるという事ですね

たちばな萬歳!

投稿: ○。°好日居 。○ | 2009年8月11日 (火) 14時32分

遣唐使が伝えた「かりんとう」は、どうみても、黒く油っこく硬いものでないと日本海の荒波は越えることが出来なかった気がします

それに対し、南蛮渡来の品々には、カステラ、天ぷらなどキツネ色の仲間が沢山居るようです

しかし、いずれにせよ先人達の並々ならぬ努力によって改良に次ぐ改良がなされ、今に伝わったことは間違いありません

そんなことを空想しながら、美味しいお菓子を楽しむのも乙なものですね

投稿: 菓子屋育ち | 2009年8月11日 (火) 19時35分

菓子屋育ちさま

京都の「清浄歓喜団」奈良の「ぶと饅頭」
上御霊さんの「唐板」もソレでしょうか…
唐菓子あれこれありそうですね
郷土菓子に並び唐菓子にも少々興味が出てきたり…

投稿: ○。°好日居 。○ | 2009年8月11日 (火) 19時52分

「清浄歓喜団」も「ぶと饅頭」も唐菓子ですね

やはり硬めで揚げ物なのは共通してますね

でも唐も広大な国だったから、地域によって様々な菓子があったのでしょう

しかし千年の時を超えて「唐」から伝わるって凄いことです

好日居のお菓子も未来の宇宙茶会で噂になるといいですな

投稿: 菓子屋育ち | 2009年8月11日 (火) 21時50分

菓子屋育ちさま

未来の「宇宙茶会」にて話題の「好日居」菓子ですか…
そんな老舗の域に達せれるかしら…(笑)
日々努力ですね…

月には小さいながら好日居の土地があるから(?)
好日居Luna支店ができるのも在り得る話かしら!?
楽しみです!

荒涼と したる月の表面で ふわふわ浮かぶ Luna茶会

いいですね
光はどんなのだろう
影はどんなのだろう
小さくとも季節はあるのだろうか
美味しくお茶は飲めるのだろうか
緑が恋しくなるだろう
そして地球をもっと大切にしようと
きっと思うだろう

投稿: ○。°好日居 。○ | 2009年8月11日 (火) 22時24分

花咲か婆さんよろしく、荒涼たる月面いっぱいに花を咲かせ、いまだ青き地球を眺め、月の岩で育てたるLUNA岩茶を好日居特製「地球伝頼のかりんとう」で頂く

「かりんとう」の話で月面茶会にまで辿りつくのも、いとおもしろき

投稿: 菓子屋育ち | 2009年8月11日 (火) 23時48分

上野は湯島の
花月のかりんとう
はいかがでしょう。
回りの飴はスッと溶け
歯ごたえは
しっかりしつつ
さっくりです。
花月の近所の
うさぎやのドラ焼きも
是非もの。
焼きたては
皮がもっちり
餡がトロっとしてます。
ここのは
できたてが
一番やと思います。

投稿: 惡王子 | 2009年8月12日 (水) 01時08分

菓子屋育ちさま

月で緑を育てる…
月岩茶もどんな味であろう

その前に少々心配ごとが…
月ロケットのチケット代はいかばかりか
その旅行はドリームジャンボで当たるのか
さてはて…やはり月は眺めるが好しと知るか
ゆめゆめ楽しみに100まで生きようぞ
菓子屋育ち様もぜひぜひLuna茶会を楽しみに
どうぞ不老長寿に勤しまれてくださいませ

投稿: ○。°好日居 。○ | 2009年8月12日 (水) 09時45分

惡王子さま

スッととけてしっかりさっくり…
これはもう京にない
粋な江戸の味!
花月のかりんとう
ですね

それに焼きたてドラのうさぎや、
あの上品な店の前でいつか
パクッ
と………

とりどり食感の取り合わせ
大変楽しまれていらっしゃる様で
惡王子さまの表現につい想像働き
すっかりいけません(笑)

上野へ…
そうココロに刻んだ好日居でございます
また美味しいおススメがあればぜひ教えてくださいませ

投稿: ○。°好日居 。○ | 2009年8月12日 (水) 10時01分

秦の始皇帝が徐福に請い日本に求めた不老長寿の仙薬「トキジクノカグノ木ノ実」とは「たちばな」のことであったとか

果たして「たちばなのかりんとう」は不老長寿の仙薬たりうるか?

ちなみにモノの本によると、近代かりんとうの創始は江戸時代後期の深川で山田某の手により爆発的な人気を駁した由

しかし「外はカリカリ、中はサクサク」のかりんとうは、大正時代の新宿中村屋を待たねばならぬらしい

江戸ならぬ東京御三家のかりんとうは意外に新しいのかも

「うさぎや」のどら焼きは、餡に強い甘味とキレがあり、江戸育ちには◎

投稿: 菓子屋育ち | 2009年8月12日 (水) 12時21分

菓子屋育ちさま

(都合良く)江戸が呼んでる気がしてきました

近々粋な味を楽しんで参りたいと思います

投稿: ○。°好日居 。○ | 2009年8月12日 (水) 16時30分

8/30は
お茶会の後は
浅草ですかね~。
上野界隈にも
足を伸ばせますね~。
江戸っぽい東京を
楽しんでくださいね。

投稿: 惡王子 | 2009年8月13日 (木) 22時27分

惡王子さま

浅草上野
「花月うさぎ」
といきたいところ
江戸を満喫してきます

ありがとうございます

投稿: ○。°好日居 。○ | 2009年8月14日 (金) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512170/30898711

この記事へのトラックバック一覧です: かりんとう 「たちばな」:

« PA PI PU PEPPER そして PO | トップページ | 美人的好日/丹沢×東方 »