« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

お茶の間紫禁城@好日居

20090429_003 (こんな写真でごめんなさい…Rちゃん勝手に撮っちゃった写真で…失礼します)

先日好日居には中国茶芸で優勝されたことのあるRさんがご来居

彼女の手のキレイさといったらありません!
(この写真では良さが写らず…残念です)
ふっく~らとした手の指先はほっそりとして
美しい手にはえくぼがあり真っ白できめ細やか、美しい陶磁器のお人形のようです
そう、美しい陶磁器のお人形に命が吹き込まれて動いてる…そんな感じ!

その美しい手の姿とゆったりとした動きを見て居るだけでうっとり釘付け lovely
好日居はすっかりおっさん化して居りました…(反省~)

紫禁城にはこんな女性達が皇帝にお茶を淹れていたのだろうなぁ~
と想像に難くない空気をたたえた人でした
不思議とゆったぁりした時間とオーラをまとった人…
しばし好日居を紫禁城のお茶の間にしてくれたRさん、ありがとうございました

うっとりしながら…お茶を淹れる人で美味しさも変わるなぁと再認識した先日の事でした
手も指も爪もすべてパーツが違いすぎる好日居ですが
あとはココロで淹れるしかないですね…ココロ、磨きますshine

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名付けて○○スルメ!?

20090427yuba_004 さてコレは何んでしょう?

わかりました?
コレ…湯葉なんです。
今朝早く中京区にある老舗の湯葉屋さんに連れて行っていただきました

「湯葉のおこげ」と言われるものだそうで
湯葉を引き上げた最後の最後にできる幕
味わいもお豆の凝縮されたエキス…とっても濃厚でありながら
カラメルのようで黒糖のような甘さがあり、噛むほどに旨しスルメのようでもある
そしてピカピカな表面は大豆油
(私が勝手に…)名付けて「湯葉スルメ」
お味噌汁に入れたり酒の肴にもかなりいいもの!
トッピングやお菓子にも使える素材です(何か作るぞ!?)

20090427yuba_019_2
湯波半のおかあさんに湯葉風呂(?)から引き上げたての湯葉をいただいたり
出来たてゆばのお吸物をいただいたり…

…そしておからもいただきました。(コレも何か作るぞ~!!)
お豆腐屋さんからわけていただくそれより粒粗く、また違って味わい深い

20090427yuba_017

格子一枚隔てた内からは格子越しに往来が見え
その薄い格子を境にまるでネガとポジの別世界が広がっているようです
屋根まで吹抜けたその場所は立ちのぼる湯気に満たされ天空の窓からは湯気のフィルターを通して光が差し込む

20090427yuba_011

朝3時から作業をされているそうで
きっと寒い日には湯気で先が見えないくらいだろう…
極寒の湯けむりに先の見えない青森・酸ケ湯温泉をふと思い出したのでした

今朝はそんな湯波半別世界への(美味しい)小旅行でした

湯波半/京都市中京区麩屋町通御池上ル

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よもぎの焼菓子

20090424_005

近所の友人宅で毎月インド音楽の会が開かれる
その幕間、友達の作るチャイと好日居のお菓子をいただいてもらっている
「薬膳」とのお題だけいただいているのですがこの度選んだ食材は
「蓬(よもぎ)」
中国では毒気、邪気を払う力があると言われ、魔除けとしても使われる
これを食べると、病無くなり寿命が延びるともいわれ
気を巡らせ鬱(うつ)を克服するための一品にも使われるという
この季節いちばんやわらかなヨモギの新芽のみを摘んでお菓子にしてみました
隣のお庭にヨモギ群生地(?)があり、そちらからの授かりもの。

ふうわりヨモギの香漂うお菓子となりました

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製タタキ/好日居建築案内③

20090424_001

20090424_002

20090424_007 自家製タタキである

「タタキ」と言えど鰹のタタキではなく「三和土」と書く

三素材が和して土となる…そんな意味なのか?
ただ 土、石灰、苦汁(にがり水)を混ぜて叩いて固めるのである

好日居がお世話になった左官や「さくあん」さんの親方にご指導いただき友人知人と叩きあげた逸品である。

左官教室でたまたま「三和土の会」があり庭師の大石クンと一緒に参加
その後大石クン筆頭に好日居で実演することに…
叩く道具も二つの木端を持ち手、叩く部分として固定するだけ…廃材利用で済む。

三和土の三つの材料を混ぜ合せ現場に敷き詰めただただ叩き続ける…
…それだけである。
まるで原始時代の作業の様相で無心になれた。
少し固まりにくかったので次の日お豆腐やさんに頼み込んで苦汁を分けていただいたりはしましたが
そんな労働の末の賜物…それが皆さんをお迎えする好日居の玄関土間です。

まだ2年ほどしか経たぬがもうすでに古色を帯び、年代物の風貌をしている。
叩いてくれたたくさんの友達に感謝の玄関。

ご来居の折、自家製たたきをぜひ味わってくださいませ
あたりの優しさ…コンクリートとは違った自慢の感触です

三和土にご興味ある方、ぜひ叩き続けてみてはいかがでしょう?
配合・施工がよければコンクリート並みの耐久力とか…!?

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんころ餅

20090421_002

九州は長崎、五島列島のお土産「かんころ餅」である

五島列島は大小140余りの島々からなり、日本一美しい浜もあるという
その昔遣唐使船最後の寄港地であり、中世以降は海外貿易の拠点として栄え、
特に日本におけるキリスト教に関する歴史が多く残る
いつか古本で見た雑誌「太陽」だったか、教会など見た事もない島の船大工さんが作った美しいボールト天井のある教会、漁師の彫ったマリア像、美しいステンドグラス、木造の小さな教会たち…
美しくもどこか切ない写真に釘付けになった学生時代…
五島の教会…その強烈な印象が今も胸に焼きついた島。

そんな島からやってきた菓子「かんころ餅」  (教会のイメージとは裏腹ですね…)

ただ素朴である

餅米・さつまいも・きな粉・ごま、そして砂糖
スライスして焼く
さつまいもの香りよく飽きずに食べれるやさしくておいしいおやつ
京番茶にとてもよく合う…

まだまだ日本に知らぬ美味し菓子あり!

私の食べた「かんころ餅」
『鶴田弘盛堂』 鶴田廣太郎/五島市玉之浦町玉之浦715-3/0959-87-2021

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のブツブツ…

■今日は好日居繕いの会/金継会の見学日
ご来居下さったみなさま…ありがとうございます。
5月から楽しんで繕って行きましょう~どうぞよろしくお願いします。

20090418_007

■好日居一周年のお祝いに先日お客様から不思議な組み合わせながら
大好きなパンと苺をいただきました。
とってもリッパで色がきれいだったのでついつい写真におさめてみたりして…
不思議な組み合わせなまま食べたのは私、かじったのは誰?

20090420_008

■千葉のお客様のお庭からオレンヂ好きの好日居に送っていただいていた夏蜜柑(?)
…の砂糖煮をやっと作ったり…(写真はほんの一部×5くらい…!)
さて、このオレンヂ…どう料理しようか思案中…
そのまま or 何かに姿を変えて小菓子に登場するかもしれません

夏、賣茶旅に出て↑この夏蜜柑のあるお庭でお茶会する…なんて話も出ています
さて、夏も近づいてきそうな暑さ…そろそろ考えなくては…

■6/30、一周年となるFint,takk!さんのお祝いお茶会させていただくことになりそうです

 たまには好日居を抜け出して賣茶旅計画中。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日4/22(水)金継会見学日@好日居

2009.4.22(水)13時~日暮 
好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会の見学日です。

時間も手間もかかりますが
本漆を使って古くから行われてきたやり方で直しています。
基本材料は負担が少なくなる様にシェアしています。
手間の分だけ完成したときにはもっと大切に使いたい器に生まれ変わります。

うつわ好き、金継に興味ある方…
どうぞこの機会に見学に来られませんか?
お気軽にご来居くださいませ ↓詳しくはこちらをご覧くださいませ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琥珀日和

「琥珀」というお菓子をそうそう食べる事も少ないのですが
不思議にも「好日居」には知人から3日続けて「琥珀」を届けていただいた今週でした。

まずは「木の芽琥珀」…20090415_003
持って来てくれた友人によると、京都西賀茂に棲む妖精がつくって居るのだとか…(?)
木の芽がキレイ!味も山椒好きにはたまりません、
それでいて琥珀の透明感美しく甘さも控えめ、食感も硬すぎず柔らかすぎず
…この季節にまたいただきたいお菓子です

そして「琥珀 柚子こごり」20090418 こちらは白いベールをまとっていますがしっかり甘く柚子味の琥珀

昨日届いた「琥珀」は名古屋の友人から、20090418_001_2
さまざまな色のキューブと桔梗花まじるとりどり目に美しい琥珀です

陽射しの強くなりつつあるこの季節…「琥珀」日和?なのでしょうか…
陽にかざして楽しませていただきました。

「木の芽琥珀」/霜月(そうげつ)/京都市北区西賀茂榿ノ木町5/075-491-5556
「琥珀(柚子こごり)」/永楽屋/京都市
「寒氷」/菓匠 花桔梗/名古屋市瑞穂区汐路町

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月17日の好日居

R0014681 R0014690 R0014711_2 R0014738_3R0014706_3

photo by AKIRA KITA

ひとつ前のブログでご紹介した喜多さんが切り取ったただ4月17日の「好日居」です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動のスイッチ

好日居に時々ふらり現れる写真家さん
いつもご来居と同時にカメラを構えてあちこちシャッターをキルキルキル…

おそらく写真家喜多さんにとってシャッターをキルことが好日居への正式なご挨拶。
ひとしきり撮り終えてからやっと言葉の挨拶となるのが常だ。
喜多さんの話を聞いていると視覚で見えるものを写真におさめるのではなくて
(私が言葉に置き換えるとなんだか薄っぺらだけど)視覚以外の感覚
たとえば匂い(臭覚)、音(聴覚)、触れる(触覚)、味(味覚)の感覚をカメラに瞬間保存しているように思える…
それがおそらくカメラと一体となった喜多さんにとっての身体感覚

私が感動するときそれを心の中で言葉に置き換えているような気がするのだが
喜多さんの場合はスイッチがシャッターと連動してるんだろうな…

つまり私の場合
「わぁ~きれい!」→(どうキレイなのか…)→≪エメラルドグリーンの海の色!光の乱反射!キレイ≫
みたいな構図になり私がカメラを取り出すのはその後、つまり感動の瞬間とズレがある

喜多さんはたぶん違う
「OH!」→(感動のスイッチがONになると同時に)→≪シャッターをキル≫
感動の瞬間=シャッターをキル瞬間なのだ…

20090417_002
20090417_003 20090417_006 私が「来られるといつも写真撮られますよね」…と言うと
「ただ『好日居』に来た…って確認してるんだよね」…と喜多さん…

なるほど…好日居に来たという感覚をファインダーから切りとりながら確認していくのだ
常に写真家喜多さんの感動のスイッチはシャッターをキル手と共にあるのだ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わさびの花束

20090410 友達から届いたワサビの花束

水のきれいなところにしか生きるコトのない植物

可憐な白い花

少し見て楽しんで、拝んで、味わって楽しみました。

軽くゆがいてお醤油で、白いごはんのお供に美味しくごちそうさまです。

この世にワサビがあって幸せです。大地に感謝

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

露地は大漁マグロ(真黒)石の海/好日居建築案内②

20090416_002

あるお家からいただいた真黒石の海に浮かぶ飛び石は

某旧料亭の露地からのいただきものやら拾ったのやら改修の折に掘って居たら出てきた石やら…露地石たちは流れ者の集まり

20090416_004 苔生うるもの、柱の跡残るもの、形、姿、出生地や育ちもまちまち、経歴違って面白い

これも左官屋「さくあん」さんの親方の力をずいぶんお借りして悩みぬいて配置したモノ達

バラバラの素材ながら結構絶妙なハーモニーを醸し出してる…と思っている

マグロ石もバイクで八瀬まで掘り、もらいに行ったり届けていただいたり、爪割れ、アカギレるほど丁寧に洗って敷いたっけ…今となっては懐かしい思い出…

ご来居の折、ちょっと足元を見てみてください

マグロ石がほんとうに美味しそう!?特に雨の日暮時、美味しそうなマグロが大漁です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好日居のヘソ/好日居建築案内①

好日居は出会ってから2年半、開店してから1年が経とうとしています。
好日居に出会ったのはひょんなことから…
今となっては30年空家だったこの家に呼ばれたとしか思えない出来事からでした。
それからありがたいことにたくさんの友人や知人の手を借り改修した「好日居」
その改修の事を時々紹介していこうと思いつつ今日に至ります。
やっと今日からはじめることに致します。
どうぞご笑覧ください。。。

そしてお手伝いいただいた皆様、「好日居」が今あるのも皆さまのおかげ
心より感謝の気持ちと共にご紹介させていただきます。ありがとうございます。

002

みなさまが通り過ぎてしまう好日居の門の前です。
これは某元料亭さんから譲り受けた石の数々。。。
中の露地の飛び石にまで過去の記憶残る形が面白くて…

001

たとえばこの穴
おそらく料亭の門のフランス落しの鍵の入る所だったのでしょう…
私がこっそり「好日居のおヘソ」…と思ってる石です。

手すりは手を少し添えるのに楽かな…って思って付けたきゃしゃな鉄の丸棒
「コンブ金物」さんに曲げてもらいました。
そして蜜蝋で時々拭いています。

石の配置は左官屋さんの「さくあん」さんの親方とうんうん唸りながら敷いていきました。
どうぞご来居の折には好日居のおへそ、ぜひ探してみてくださいませ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年が経って

2009年4月3~5日の展覧会も無事終わりました
今、好日居の長い様で短かった一年を経た気持ちに少し満足しています

ちょうど一年前、珈琲焙煎家のグラウベルさんやマンマンデーさんに出会ったばっかりに
どこの馬の骨ともわからぬ好日居を開店前にも関わらず川口葉子さんにご紹介下さり
「カフェとうつわの旅」という本に載せていただき
一年経ってちょうどまた同じ時にグラウベルさんの珈琲が届きマンマンデーさんもご来居いただき、なんだか一年前がフラッシュバックするようです
一年で何か成長したかな…?

良く来て下さる方、お隣りから、東京から、たまには海外から
デートに、友達と、ご両親と…
いつもお抹茶の方岩茶の方京番茶の方、たまにはお酒の方
いろいろな方にご来居いただきました
小菓子を楽しみに来て下さる方
気になる郷土菓子をお土産にご来居下さる方
ひとりでこなしているので限界があるけれど
我慢強くお待ちいただいたり気を使っていただいたり
TVや情報と縁遠い好日居に俗世の様々を教えて下さったり…
これからも至らぬところは少しずつ繕って
好いことは取り入れて進化していきたいと思います

展覧会最終日の4月5日は去年好日居のオープニングを飾ったQPの産みの親
祖母ひさのちゃんのたまたま四十九日にもあたり
お客様からこんなメールをいただいた
「好日居の一周年とおばあさまの四十九日とがほぼ重なるというのは、
おばあさまの心が好日居の世界に受け継がれたということになるように思います。
古墳時代中期の前方後円墳では王権の継承儀礼が行われたのではないかと考える説があります。
死者は後円部に埋葬されるのですが、新しい王はその後円部で儀礼を行い、
亡き王の魂を身につけて前方部に新しい王として姿をあらわす
 ― この説の当否は別として、何かが生者に受け継がれてゆくという考え方は昔からあったように思います。
おばあさまの豊かな心が好日居とともにある、一周年にあたってそのように思えるのです。
あらためて、おめでとうございます。」

受け継がれ受け継いでいく…
その豊かな心をもつ祖母は無名の人ではあるけれどそうありたいと思わせるひとだった
一年そしてまた一年
一日そしてまた一日
丁寧に重ねていきたい
ただそう思うこの頃です

これからはじまる2年目
「gallery好日居」…をスタートさせたいと思うこと
「室礼とお茶を楽しむ会」をときどきしたいと思うこと

これからまた一年
どうぞ好日居のお茶時間を楽しみにご来居くださいませ
ただし、こうして一年続けて来られたのもお客様あってのコト
こころより感謝。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

nagiのつくりかた-消しゴムはんことスケッチブック展-  ありがとうございます

「nagiのつくりかた-消しゴムはんことスケッチブック展」無事終了

展示は nagiちゃんの消しゴムはんこソノモノ、
ソレはもちろんのコト
はんこを押して楽しみ広がる可能性∞
はんこを押す事に取りつかれた母!?とその周辺の大人たち…
なんたって作家nagiちゃん本人
その背景にあるn家家族の魅力
その魅力に引寄せられた私たちまで…

…等々、様々な視点からご紹介できたと思います

nagiのつくりかた であると同時に実は nagiのつくられかた でもある というこの展覧会

アート作品としてだけではなく
好日居の展示では家族の在り方、親の・子の・家族の視点、のびやかな個性…
見る方各々がいろいろな想いで作品と向き合って下さったように思います

消しゴムはんこからおこした焼印も楽しく
ティーバックも手作り、はんコップも楽しく選んでいただき
消しゴムはんコップ茶セットもとっても人気でした!090405nagi_010 (↑はんこ茶セット/おちゃめバージョンを並べてみました)

nagiちゃんとその家族と企画した私たちやその周辺までも魅力に取りつかれ
ハッピーな気持ちいっぱいに進行した展覧会
桜咲く岡崎からハッピーをお持ち帰りいただけましたでしょうか?

お持ち帰りいただいたふたつと同じもののないポストカードやレターセット…
見知らぬ人へその手紙が届くかと思うと
まだまだ広がるこの展覧会の余韻に浸らずにはいられません

作家nagiちゃん、そしてCasa de Bananoさん、この度開店一周年となった好日居
ともにこれからもどうぞよろしく見守って下さいませ

心よりありがとうございます!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「花よりはんこ」@岡崎 只今見逃せず開催中!~4/5まで

090403nagi_002 小学校6年生になるnagiちゃんの消しゴムハンコとその背景にある家族の展覧会
「nagiの作り方 消しゴムはんことスケッチブック展」只今開催中!

「Casa de Banano」さんで作家nagiちゃんのパワーに引きずられ消しゴムはんこワールドに浸っていただきましょう

はんこを押すだけなら随時OK!ですが
nagiちゃん先生による彫って楽し押してなおワクワクなワークショップもあります(6名限定)

さて、「gallery好日居」ではnagiちゃんのその他作品と「nagi版ミッケ!」、
それぞれに綴る「家族旅行記」などが楽しんでいただけます(9mの長大作まで!)
建築家の父、デザイナーの母の中でnagiちゃんの成長ぶりがスケッチブックから年を追うごとに成長していく過程を見てとれるもの

「好日居」ではいつものお茶の他「はんコップwithハンコ茶+はんこ饅頭セット」もご用意!
「花よりはんこ」
桜咲く岡崎、ふたつの熱いギャラリーにて
花見て一杯おススメです(お茶ですけどね…)

「nagiの作り方 消しゴムはんことスケッチブック展」にて
ぜひハッピーをつれて帰ってくださいね!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 「Casa de Banano」+「好日居」企画展 
「nagiのつくりかた -消しゴムはんことスケッチブック展-」
 2009.4.3(金)〜4.5(日) 11:00-18:00
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日居 繕いの会/うつわ好きの金継会 新規募集のお知らせ  

欠けてしまった思い出のうつわや大切なうつわ
思い出のかけらを一緒に丁寧に金継で繕いませんか?
月にいちど、うつわ好きのためのサークルです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

 ≪4月≫
■2009年桜の頃好日居はおかげ様で開店一年となります
 2009.4.3(金)〜4.5(日) 近所の友達Casa de Bananoさんと
 「nagiのつくりかた -消しゴムはんことスケッチブック展-」
 大人も楽しめる子供の展覧会を開催

 好日居では展示と消しゴムハンコのお茶+菓子セットを楽しんでいただけます
 お楽しみに!

■2009.4.22(水)13時~日暮:金継見学日。どうぞお気軽にご来居くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »