« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

「好日居」いつものとおり開店します

しばらくお休みをいただきましたが
いつものとおり店を開けています

またのご来居お待ちして居ります

「好日居」のいつものとおり…
月火-定休日+臨時お休み
水~日-正午~日暮

〒 606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町 91-82
T+F 075-761-5511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々是好日な人生の祖母

2008年4月「ひさのおばあちゃんの贈りもの キュートなQP展」で開店した好日居。
ひさのおばあちゃんは好日居の祖母でした。
先日1/25、数え99歳となりたくさんの友人お客様からメッセージをいただき
和やかに祝ったばかり…つい元気な祖母でしたが今朝2/16、
静かにほほ笑みをたたえて天に召されました。
穏やかな老衰、美しく長き人生を閉じました。
QPに会って下さった方々には心より感謝しております。
250名のQPさん達と好日居は只今ひさのちゃんの傍に居ますが
21日からは祖母から受け継いだ笑顔と感謝の心を持って再び好日居を開店致す予定です。
すみませんが少しだけおやすみいただきます。
皆様のかけがえのない日々が好日でありますように祈りつつ…
合掌

2/21(土)より営業いたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

祖母 ひさの のところへしばらく帰ります。
ご迷惑おかけしますが

好日居 しばしおやすみいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あとのまつり

090215_020

今日は上海から建築家のお客様方6名ご来居
イチオシは?と聞かれ中国は福建省産の烏龍茶の最高峰、「岩茶」をお出ししました。

上海…って中国よね?
中国からのお客様に岩茶を出すなんて…私ったら怖いモノ知らず…(笑)

気に入って飲んでいただけたのかしら…?
「上海は緑茶ですから…」などとおっしゃっりつつ…
中国茶である「岩茶」、意外にも初めてお飲みいただいたようです。
さすが広い中国…

ホントのところどう思われたのでしょ…
あとのまつりです
しかし中国茶を愛する人がJAPAN京都にもいる…って感じてもらえたら
それでいいことかと…
日中友好な一日でした。

謝謝、再見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデー○。°。○

090214_003

今日はバレンタインデー、
好日居もひそかにカカオの入ったお菓子をお出しした一日…

今日はちいさなお客様もいらっしゃいました。
ちいさなお客様にもちいさな小菓子
(もしかして世界一ちいさなチョコレート菓子?と思ったりするのですが…)
フランスのちいさなちいさな真珠チョコ「Les Perles Craquantes」/直径4mmほど
をちいさなちいさな中国の古いうつわに入れてみました

そうしたらちいさなお客様がすぐさまちいさなカードに
食べていただいたちいさな金平糖とちいさなちいさな真珠チョコの絵を描いてくれました

サインには[sai」
saiくんありがとう!
すぐにそんな反応をいただけるの…って結構嬉しいもの…

ちいさなお客様にもまんざらでもなく過ごしていただけたのかな?
店主喜ぶ…嬉しい一日となりました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまごやさんのお弁当

090213_006

京都ハ竹屋町通リヲ寺町通ヨリ西入ル南側(車は東向一方通行)
ときどきお世話になる「中川幸商店」のおべんとう
通称「たまごやさんのおべんとう」である
600円也

看板娘の可愛いおばあちゃんが店番してます
優しい味、飽きることなく美味しいです
お弁当に入ってますが卵焼きも美味しいです
卵焼き:一本たったの180円也
これまたお値段もお味も優しい…のです
お出汁は丁寧にお昆布、イワシ、サバからとられているという
卵焼きには葛も使われていてふうわりもちり…食感好し
サバビアン!?である

京都御所南東角からすぐ近所、
梅園のある御所で「たまごやさんのおべんとう」をほっこり広げてみてはいかがでしょ?
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

中川幸商店/おべんとうは平日11:30~売切れ
京都府京都市中京区竹屋町通 御幸町東入松本町587
075-231-5968

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日々是好日』な日々なる好日居

09021003

↑お茶のお稽古のひとこま、床の掛軸「日々是好日」
その言葉、「好日居」の素…である。
その文字は藍染の糸に白糸で織られたもの
その装丁も素敵な縞や朱、灰色の布で構成されたものでした。

偶然同日、少し追加した旧暦手帳「旧暦日々是好日」が届きました。
あと4冊お譲りできます。ご希望の方ご一報くださいませ。(2100円/冊)

090110_001

『日々是好日』 とは禅語の言葉
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

かけがえのない日々を大切に生き、これ好日、と心から味わうこと。

雨の日には雨を、風が吹けば風を、そして晴れた日には陽光を…
楽しむべきはそれを楽しみ、
楽しみ無きはまた無きところを楽しむ、
これぞ「日々是好日」

どんな苦境に置かれても、これ好日、結構なこと、
…と味わえる心を持ちたいもの。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
大好きな言葉、「日々是好日」
私の魔法の呪文である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「はきもの」の詩

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
はきものをそろえると心もそろう
心がそろうとはきものもそろう
ぬぐときに そろえておくと
はくときに 心がみだれない
だれかが みだしておいたら
だまってそろえておいてあげる
そうすればきっと
せかいじゅうの
ひとの心もそろうでしょう
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

銅駝水の掲示板に貼ってあった「はきもの」の詩
いいな…と思ってメモしてた言葉でした。

shoeshoeはきものつながりで何ですが…coldsweats01

090209_002

たまたま友人のところからはきものをいただきました。
サイズは少し小さめ…お着物好きの方、
もしもお好みのおはきものがあればご一報くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新入リ来ル/どうぞよろしく

090208_012

今朝、取壊しになってしまう友人宅よりいただいた椅子がやってきた。(真中の子)
好日居のカウンター、当初お客さまが座るためのつもりでなく
サービスカウンターとして用意したものだったが
今ではお客様の座られるカウンターと化している。
高さもちょっと高めで合わないけれど…

お店を始めてからそのカウンター向きの椅子が少しずつ増えています。
その新入さんがまたひとりやってきた…というわけ。

この椅子、日本のどこかの医院で患者さんが座っていた椅子らしい(右の子も医院用)
ドクターの座る立派な椅子は近所の友人宅にもらわれていった。

出会いがあってやってきたモノ達が好日居でまたお客様を迎えています。
好日居にてたくさんのお客様が座られて新しい傷と歴史が刻まれていく…
モノも人もコトも出会いの連続、積み重ね…
生きてる…ってただそんなことか…と…ふと思うこの頃。
どうせなら愉快にここちよくいきたいものだ…と…

K さんいろいろありがとう。大切に使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松屋藤兵衛/味噌松風+織姫

090206_003

友人宅にて「松屋藤兵衛」製、大徳寺納豆の効いた滋味なる「味噌松風」、
その渋さと対照的な珠玉「織姫」をいただく。

「松屋藤兵衛」の店構えも滋味感たっぷり、
その店の干菓子「通い路」も大徳寺納豆のよく効く滋味系、
この「味噌松風」、中でも右にでる渋さ無し…などと思ったりするのだが
「織姫」ときたら…同店の菓子と思えぬ対照にある彩に驚きである。
こうしてバランスとっているの…?って思うほどカワイイ☆

味は5色それぞれに違っていて楽しい
白-胡麻
黄-生姜
緑-柚子
茶-肉桂
赤-梅
キュートでにんまりいとおかし。

「織姫」ときたら七夕に買いたいお菓子ですが、只今好日居でお供にお出ししてます。
3月うさぎさまごちそうさまぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美味しい時間/御倉屋さん

090204_007

090204_003

本日、所用ありて北山超え「御倉屋」さんへ…

季節限定、上品な大徳寺納豆がさりげなく美味なる落雁「霜のあさ」
言わずと知れた「旅奴」
そして、ふうわりほろほろ焼け色焼け割れ具合い美味し「夕映え」

好日居わがままランキング「御倉屋」銘菓三種…である

言葉なく美味しくいただきました。
いずれも気取らず上品にて美味、
京都に来られたらぜひ北山を越えてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

疫神斎の神符 (えきじんさいのおふだ)

吉田神社節分祭で拝領した神符

090204_004

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

くちなし色の 疫神斎の神符は 後水尾天皇の 御宸筆にして

古来より当神社のみに伝わる悪病災難除の 全国唯一の特殊な神符で 節分三日間に限り授与いたします

この神符を門口の内側にはつて 一年間の御安全をお祈り下さい 吉田神社

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

後水尾天皇は第108代天皇であり
(慶長元年6月4日(1596年6月29日)- 延宝8年8月19日(1680年9月11日))
85歳の長寿を全うされている方である。

なんだか 超えてる字 である。思わず一年間の安全をお祈りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「升コレ」/升collection@好日居

090203_010

立春大吉!

厄払いして大いに福来たる年にいたしましょう!

鬼は~外!福は~内!福は~家!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田山節分お散歩コースと懸想文(けそうふみ)

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

昨日友人が来て節分厄払いに好日居からお出掛け。

途中の須賀神社にて友人2人はこの懸想文を即ご購入!
私は以前購入したことがあるのですが(効果は如何に?…(笑))
今回は買わずに帰りました。(後悔?)
でもちょっと面白くて…友人の授かった「懸想文」を拝借してご紹介致しましょう…
090203_001

090203_003

「懸想文」とは…説明によると

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

江戸時代、京の風俗行事の一つとして懸想文売りが京の街々を賑わしたものでした
烏帽子に水干姿で梅の木の枝に文をつけ 福面をして売り歩いたといわれています
懸想文の名からして恋文を連想される方も多いと思います
縁談や商売繁昌などの人々の欲望を叶える符札です
懸想文を人知れず鏡台や箪笥の引出しに入れておくと顔、、かたちが美しくなり着物が増え、良縁が有るというので古くより京の街々の娘や嫁にあらたかなものと買い求められたもの
其の後この優美なる風習は明治維新以後なくなりましたが、縁結びで有名な当京都の須賀神社でつくりご祈祷致しました

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

容姿端麗!衣装持ち!そして良縁!盛りだくさんな節分限定須賀神社の符札です。

只今、聖護院から吉田にかけて、年に一度の大節分アミューズメント(?)で大賑い。
よく散歩するのは東大路丸太町の「熊野神社」から芸能と商売の神様「御辰神社」を経て「須賀神社」あたりから「吉田神社」、吉田山の「お菓子の神様」で福豆茶とお菓子をいただき「お料理の神様」にごあいさつして、河道屋のれんかいの「年越し蕎麦」をいただき、日本全国津々浦々の神々をまつる(なんておおちゃくな…!とも言える)「大元宮」を一周して山をぶらぶらする…他におススメ寄り道もあるが…ざっとこんなコース…

これだけ廻れば厄払いも福呼びもしっかりすっかり萬福の満足感。
壬生寺まで梯子したいと思いつつなかなか吉田参りだけでたらふくである。

それから、節分は花街のしきたりで「京のおばけ」?として化ける?(いわゆるコスプレ?)風習もあるらしい…化けるとは厄祓いの意味があるとか…
化けてのご参拝なんていかがでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒桜@好日居

090129_003

早花見する哉寒桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椿@好日居

090131_005

お茶のお稽古先から頂戴してきた曙椿

大きなつぼみがふうわりとほころびはじめました

090131_007

欠かしたことないけれど摘んだりいただいたりして

お花を買ったことなく過ごしています

でも意外に身近にちいさな花が咲いていたりして…

好日居はそんな感じがいいかと思って…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »