« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

今週のgallery@好日居?

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
 ≪12月≫
12/6,7(土・日好日居でのお茶会案内こちら
そしてお茶会の合間の時間は通常営業致します!
(12/6,7の営業時間帯:13:00~15:30)

12/13(土)17:30まで居ていただけます。(18:00~貸切ご予約)

081127qp2009_002

ひさのちゃん(好日居の祖母)の住む実家の依頼で
好日居は今こんなインスタレーション中!?
寒い洋室が只今にわかギャラリーと化してます。。。

081127_002

そしてこちらは柚子達続々…
なんてことはないのですが、ついキレイで…並べてみました。

先頭はCasa de Bananoさんからいただいた柚子の里、水尾の柚子
それから3つは花洛庵さんのご友人のお庭からいただいた柚子達
そして実家から送られてきた小さくて端正な柚子

いずれも香よし…よろしければ手にとって柚子(風呂?)気分に浸ってくださいね

冬を思わせる柚子色は心をまたまた明るくしてくれます。
本当はすぐいただくと香り高く美味しいのでしょうけれど…
しばらくお客様の目と鼻のお楽しみとさせていただくことに致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

…塩羊羹…っていったら新鶴本店 …ですね。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
 ≪11月≫
11/29(土)17:30閉店させていただきます。
(17:30まで居ていただけます。) 
 ≪12月≫
12/6,7(土・日好日居でのお茶会案内こちら
そしてお茶会の合間の時間は通常営業致します!
(12/6,7の営業時間帯:13:00~15:30)

081126_002

どど~んと届いた塩羊羹さま
信州は下諏訪、新鶴本店御製。

以前見向きもしなかった塩羊羹でしたが、
新鶴さんの塩羊羹にはまっていた母に
「だまされたと思って食べてみて!」
と口に押し込まれ食べたのが何年前の事だろうか…

塩羊羹…ってこんなに美味なる味だったんだ。
…つくづく感心したものである。
味よし姿も上品なるあずきのいろさす薄墨色である。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 かの上杉謙信の美談『敵に塩を送る』に伝えられますように、信州は海のない国。
ふるさとの先人たちにとって、塩は何にも代え難いものでありました 。
それ故に、塩の使い方、味わい方にも思いが深く、単なる塩辛さではなく、
持ち味を引き立てるための微妙なさじ加減として、
塩の貴重さを自然と身につけてまいったのでしょう。
 明治6年創業のみぎり、当店初代の河西六郎も、羊羹に塩味を加えることを思いつき、
砂糖や餡とのなじみ具合、寒天折り合いに苦心しながら、丹念に練りあげるうちに、
塩の調和がもたらす、しっとりした淡雅な口当たりと甘さの間合いを体得。
新鶴の塩羊羹が生まれました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(△新鶴本店さんの案内より抜粋)

現在でも、厳選十勝小豆、茅野の寒天、楢薪をたいて練り上げる、
初代の製法を忠実に守り、作り続けていらっしゃるそうです。

好日居もこのごろ悩ましい「塩梅」(あんばい)という味の決めどころ
これまた大胆にも塩をうまく使った塩梅の骨頂であろうか

Jさま、お土産ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶会のご案内/好日的閑暇 @好日居     08年12月6日・7日

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
 ≪11月≫
11/29(土)17:30閉店させていただきます。 (17:30まで居ていただけます。) 
 ≪12月≫
12/6,7(土・日)好日居でのお茶会「好日的閑暇」の合間の時間は通常営業致します。
(12/6,7の通常営業:13:00~15:30) 

 08120614_3

08120624

08120634   

08120644

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

好日的閑暇 / 着物でおでかけお茶時間    二〇〇八年 大雪の頃

忙しい「師走」こそひととき、
着物でまったりお茶時間、ご一緒しませんか?

二〇〇八-この年に名残り惜しみつつ
二〇〇九-そして来る年に想いを馳せつつ

       京都町家お茶処 好日居
       大谷石の間にて MISS 2008ー名残りのお茶、
       洋の間にて     クリスマスティ、
       板の間にて     WELCOM 2009ー口福のお茶、
       三種類のお茶を予定しております

日            :二〇〇八年十二月六日(土)七日(日)
時  お昼時 :十一時~十二時半
   夕暮時  :十六時~十七時半
於  好日居 :
http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com
定員          :各 先着八名(要予約)
参加費       :二五〇〇円(お茶、お菓子付き)
DRESS CORD:和(着物の着付けについてはご相談ください)

主催           :佳音×好日居
申込、問合     :佳音   
yoshiko_kaon@ybb.ne.jp 
             :好日居 http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.comよりメール可能です。
当日連絡先    :好日居 〇七五・七六一・五五一一
             京都市左京区岡崎円勝寺町九一・八二

佳音 //樺嶋佳子/着物の仕事のかたわら「着物で楽しむ中国茶」をテーマに
                    お茶会を主宰        

好日居//横山晴美/建築の仕事のかたわら町家を改修し二〇〇八年春、
                       京都町家お茶処「好日居」主宰
             「好日居」 時間と空間そしてお茶+ときどきギャラリー+ときどき出張茶会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のいとおかし/龍田姫・柿寿賀

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
今日はとても寒かったですね
好日居もストーブ稼働…
皆さまも首周りを特に暖かくして風邪ひかれませんように

今日もまたまた美味しいお菓子をいただきました。
ひとつは「末富」さんの『龍田姫』という上用
もうひとつは奈良の『柿寿賀』というお菓子

081121_003 『龍田姫』はいわゆる上用饅頭とはちがい
下の白い上用の生地と上のピンクに染まった生地で
こし餡がサンドされたもの(写真では下の白い生地が見えませんね…)

なんとも形もちょっとどんくさくかわいらしい感じ…
(お行儀悪くてもこれは手でいただくのが美味しいんじゃないかと…)
手に持つと上用のふぅわりした生地が気持ちよく
触感ににんまり、形にほっこり、味にうっとり美味しいお菓子でしょうか
上用饅頭がこんな形にくずされるのもさすが末富さん
お芋の味が上品に香り、餡とのバランスもさすがとうならせるものでした。

『末富』 http://www.digistyle-kyoto.com/gourmet/hyakumikai/kyogashi/suetomi.html  

081121_004 『柿寿賀』は奈良土産にいただいていたもの
柚子皮のコンフィチュールを干柿で巻いたもの
これまた自然の甘みからでしゃばらずに美味しい!さすが奈良!!です。

『柿寿賀』 http://www.geocities.jp/kakisuga/index2.htm

またまた美味しい一日でした。
ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日晴天なり、秋のよもぎ摘み

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
京都は今日、雪だとお客様からのメールでおびやかされてましたが?
なんという好天気!ホッとしつつ、
あまりの小春日和、太陽をいっぱいあびてよもぎ摘みをしました。

081120_002

よもぎと言えば“春”と決まってる…と信じていたのですが
お隣の空地に美味しそうなヨモギがあり、試しにそれを摘んだのです。
早速茹でてすり鉢で擦って早速ひとつだけ草餅に…
美味しい!秋のヨモギも捨てたもんじゃない…!

あるミュージアムの仕事の依頼で十勝小豆を使った料理や和菓子をいっときに11種も作くらなくてはいけなくて
その内の一品、「草もち」に使えるかと思い…ちょっと試作。
美味しくなく美しくなければ製菓材料の「ヨモギの粉」を購入しようかと思ったのですが

なかなか色よく美味しかったです。
ケーキやクッキーも作りたくなるよい香りでした。

意外に秋の「よもぎ」美味しかったですょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「食あってのうつわ展」のご案内

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
以前長野でふと立ち寄ったうつわの店に工房を構える木地屋の小椋正幸さんが漆部の大場芳郎さんと
京都で展覧会をされる案内を受け取ったので合間を縫ってのぞいて来ました。
「ギャラリーのざわ」
京都のうすいうすいおかきの「うすばね」の売ってる「菱屋」さんの西隣くらい…

山から漆がやってきた「食あってのうつわ展」木・漆の食器がせいぞろい

残念ながら時間がなくてちょっぴり見せていただいただけですが
奇をてらわない使いやすそうな器がたくさんありました。
また時間をみつけてのぞきに行きます。

「ギャラリーのざわ」さんもはじめてうかがったのですが
町家を丁寧に直されてておくどさんが魅力でした。
23日、29日と木のうつわでいただく美味しいごはんや手打ちお蕎麦の会もあるそうです。

木のうつわ漆のうつわに興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか?
「うすばね」でもポリポリほおばりながら…島原散策のついでに…おススメです

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

11月16日(日)~30日(日) 午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)
●山から漆がやってきた「食あってのうつわ展」木・漆の食器がせいぞろい
信州 松本・南木曽 
漆部/大場芳郎 木地屋/小椋正幸
信州の地で木と漆に向き合い自然のめぐみに感謝し
用の美を求めて仕事に励んでいます。
木の温もりと漆の質感をどうぞご高覧ください。

◎プロフィール
大場芳郎(おおばよしろう)
長野県生まれ
松本市/池田三四郎氏師事。
輪島市/奥田達朗氏師事。
1980年、工房「大場漆部おおばうるしべ」開設
10年来、松本市中山産漆を採取、くろめ使用。
無所属。

小椋正幸(おぐらまさゆき)
1967年、長野県木曽郡南木曽漆畑に生まれる
1986年、長野県木曽山林高等学校インテリア科卒業
1988年、石川県立輪島漆技術研修所専修科卒業
    家業である木地屋・轆轤の職に就く
1997年、長野県木曽郡南木曽漆畑に工房を構え
    木地から漆塗りまでを一貫しておこなう
毎年、銀座清月堂ギャラリーにて木彩会展に出品
http://yama.to/ogura/

■木のうつわ・漆のうつわで食す会を計画しています。
23日(日)11時より…信州の新米をオクドさんで炊き、信州味噌とお漬物を楽しむ会
29日(土)18時より…信州伊那谷清内路村で穫れた蕎麦粉でそばを楽しむ会

※人数に限りがありますのでご予約をお願いします。(会費1500円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囍茶さんの「お茶と器と」展再日程 決まりました!

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
囍茶さんの「お茶と器と」展再日程決まる!

昨日、囍茶さんから無事体調も治りつつあり
改めて「お茶と器と」展を開催される日程が決まったとの連絡がありました。
元気になられてよかった…嬉しいです。
きっとますます楽しみな展覧会になるのでは…
楽しみにされてた方もぜひぜひ奈良にお散歩どうぞ…

さてさて、以下は店主さんからのメッセージです。

200811

こんにちは。喜喜茶(きちゃ)の店主です。

先日は「お茶と器と」の急遽延期のお知らせを送らせていただき、
驚かれたことと思います。
楽しみに予定を開けていただいていた方もいらっしゃったのではないかと思うと、
本当に申し訳ない思いで一杯です。

さて、「お茶と器と」の再日程が決まりました。

日 : 2008年12月5日(金)より12月10日(水)
時 : 13時より17時(カフェのオーダーストップは16時半)

前の日程なら行けたのに・・・という方もおられるかもしれません。
出来るだけ対応させていただこうと思いますので、その際はご連絡ください。

ギャラリーにて石原稔久さんのうつわを見ていただくだけというのも可能です。
(販売もしております)

詳しい茶館(カフェ)メニューについてはブログにて案内しております。
そちらをご覧いただきますようお願いいたします。

またこの期間に限り近くに駐車場をお借りすることができました(5台分)。
当日詳しい場所をご案内しますので、到着されましたら中のス
タッフに声をかけてくださいね。

皆様にお会いできますことを心より楽しみにしております。

喜喜茶 藤永絵美子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

店名も場所も知らぬ知人ご来居の謎

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

朝の支度をしていたら思わぬ人がご来居。

2年前、北京中医薬大学日本校・薬膳科で机を並べたMさんだった。
福岡在住のMさんがまさか「好日居」の門に立って居るとは…

初老の彼女は「好日居」という店の名前も知らず、
ただ「岡崎」という地名だけを頼りに
瓢亭さんの前でタクシーを降りて歩いて探したそうだ。
開店前の看板もロクにない「好日居」にたどりついてくださるとは…
「好日居」を見つけられないお客様が続出する?中
Mさんは5分程度で…神様の引き合わせかと思える程
…の確率じゃないかと思う

薬膳科を修了され引き続き中国整体推拿(すいな)の勉強をされてるMさん
開店前時間でしたが私の肩コリを解すべく
手あてして下さって帰られたのでした。

はて、店名も知らぬ彼女が何故「好日居」を私の店だと確信したのだろう?
そういえば…聞きそびれた謎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小菓子/デパ地下より福袋届く?…続々美味しいもん

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

081112_001

大阪のデパ地下の郷土菓子売場からKさんお好みのさながら“福袋”届く
デパートに入ってること自体ちょっとは有名なお菓子のはず
しかしまだまだ未食のお菓子あるなぁ~
って実感の好日居です

届いたお菓子は、

「月世界」/月世界本舗/富山市
暁の空の淡い月影と美しい表情からこの名がつけられております。
最上の和三盆糖と白双糖、それに新鮮な鶏卵を材料として、
口中でしずかにとける独特の風味とおさえた甘さは、日本茶は勿論、
コーヒーのブラックにもよくあい、現代にいきづく古典の銘菓とも称讃されております。

とある、一度食べたら忘れられない日本のメレンゲ菓子である。

「御堀堂の外郎(ういろう)」/御堀堂/山口市
名古屋寄りの好日居は外郎とは名古屋風のものとばかり思っていましたら
なんと山口の外郎も有名なのだそうですね。
名古屋の外郎は米粉で作るためもっちりしていますが、
山口県の外郎はわらび粉を用いるためプルッとした食感になるようです。
いただいた御堀堂の外郎はタピオカ澱粉にわらび粉そして小麦粉が入っていました。
あっさりしていて美味しかったです。
名古屋生まれの好日居にとってどうしてなかなか…目からウロコの山口外郎でした。

「小男鹿(さおしか)」/冨士屋/徳島市
甘からず不味からず佳味幽玄にしてゆかしき風味、
これこそ稀に見る日本の味、風雅な和菓子の味です。
太陽と大地に育まれし山の芋、阿波特産和三盆糖、厳選された小豆と粳米、
これ等すべての持ち味をそれぞれに活かし、伝統の手法で練り上げた竿物蒸菓子です。
しっとりとした舌触りと鹿子斑の肌模様についほほえみが湧いてまいります。
点茶一服の静寂の境にさそわれます。

という説明書きのある「小男鹿」四国のかるかんと言えばいいのか
美味しくいただきました。また食べたい逸品です。姿も可愛らしい。

「山川」/風流堂/松江市
「山川」が、日本三名菓の一つと称される所以は、
そのしっとりした口当たりが、抹茶本来の風味を引き立てる所にございます。

とある。お茶の香りを引き立てしっかり溶け合って口中に広がる風味は
なんとも言えないお菓子である。乾燥しないうちに早く食べねば…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小菓子/とりどり…美味しいご案内。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

081112_012

久々に「くるみもち」をいただいた。
(写真は食後にてくるみもちの入っていた壺だけ写ってます…)
お土産に届けて下さったものだが
大阪は堺の名物
夏にはかき氷と共に食す
この頃なかなか堺に行くことなく縁遠かった「くるみもち」だが
久々の味わい。 美味しい。
いわゆるずんだ餅とは別格のこのくるみ餡。
なぜかバテレンさんのお人形も一緒にやって来た
かつての貿易港”堺”ならでは…

「くるみもち」の かん袋
大阪府堺市新在家町東1-2-1
電話 0722-33-1218

それから仙台は「霜ばしら」も今、居る
思ふ、コレは「大人のわたがし」?もしくは「蜘蛛の糸を紡いだお菓子」である。
繊細なこの上ないお菓子は10月~4月の冬季限定品。
“冬だけ逢える やさしいくちどけ ”
静かに舌の上にのせて味わってほしい逸品である。

嗚呼、絶品かな絶品かな…

「霜ばしら」の 九重本舗 玉澤
宮城県仙台市
電話 022-246-3211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷犬戻る/ありがとうございます。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

11/5(水)のブログに載せた「京都の町中、迷犬を探しています。。。」
の沖縄生まれの迷犬スキッピー
なんと…一週間近く経った昨日?
飼主さんのマンションに無事戻って来たそうです。

身体中に草の種とか付けて…
スキッピーは一週間どんな旅をしたのだろう…
一体どこまで行ったのだろう…
でもよかったね、無事で…
そして飼主さんの”マンション”に戻るなんて
普段散歩の範囲なんて知れてるだろうスキッピー…
犬の世界に地図なんてきっとないし
しゃべれないだろうし…
車社会の日本の町で無事帰れるなんて…ホントよかった…
とっても賢いんだね…

スキッピーの世界地図は少し広くなったんだね…きっと…
旅の話を聞いてみたいな

そうだなぁ、好日居の世界地図は今どのくらいなんだろう…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はじめての // MIA'S BREAD //

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

081108miasbread_002
奈良で人気のパン屋さん「MIA'S BREAD」のパン
お土産にいただきました。
というか…奈良に行かれたらぜひ…
…などと行ったこともないし食べた事もないのに
パン吉の好日居はついついお勧めしてしまいました。
ら…ちゃっかり…お土産にいいただきました。

いただいたのはシナモンに胡桃、秋に美味しい組み合わせ。
ふぅわり空気を抱いた感じの食感…
そしてやさしい味。
混ぜ方?酵母??がちがうのでしょうか?
平城京跡の側とのこと、
いつか焼きたてをお店か平城京跡の広場でほおばってみたい
そんなMIA'S BREADでした。
…きっと…いつか…パン吉の夢

MIA'S BREAD
http://miasbread.com/
奈良市佐紀町2406-1(平城宮跡の北側)

来店   11:00~18:30
カフェ  9:00~17:00
定休日 日・月・祝(臨時休業はカレンダーにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”洋梨タルト” そして 懲りずに”栗きんとん”

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

081108_006
秋になると林檎タルトを焼くのが趣味みたいになるのですが
ついつい林檎が好きなせいか洋梨タルトに手が出せませんでした。
しかし信州から美味しい洋梨が届いたので
はじめて洋梨タルトを作ってみました。
林檎と比べてもなかなか…同点程美味しいタルトです。

+今日は山猿さんの拾った栗をしばし保存していたものを
懲りずに栗きんとんにしたのですが
またまたこれがどうして…
拾いたて栗より甘みも味も深い深い美味しい仕上がり…
不思議なものです。熟成したのでしょうか?
たぶんこの美味しさは今だけの限定です。
(今頃ブログに載せても遅いですね…(笑))
でも美味しくて…ちょっぴり秋自慢の好日居です。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

柿の樹ボウル

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
☆★☆2008.11.7(金)はお休みさせていただきます☆★☆

先日、埼玉から木漆芸家の小沼さんちの家族が好日居にご来居
お祝いにいただいたのがコレ
「柿の木製ボウル」
081101_005

なんとなく正円じゃないのがわかりますか?
かたちに微妙なゆらぎがあるんです
この揺らぎを作る人ってすごい…と思って小沼さんに聞いてみたら
小沼さんと柿の樹の気の自然力によるコラボ造形だったんです

どうコラボかというと、木が水分を含んだ状態で機械で正円に整形、
徐々に乾燥、そして自然に変形していったもの
収縮のちがいから不思議な揺らぎが生まれています

画家でもある小沼さん曰く
「木を扱う魅力は、まさに「樹の気」とふれあう醍醐味。
 木に語りかけ、木も語りかけてくる。
 木が語りかけてきた言葉によって、完全に意図できないところで、
 自分が動かされていく面白さ。
 白いキャンバスにむかうのとは、また違った魅力が私を夢中にさせます。」

納得、である。「樹の気」とふれあった作品なんだ…と…

ボウル製作:小沼デザインワークス/木漆芸作家・画家 小沼智靖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェとうつわの旅とスタンプラリー

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
☆★☆2008.11.7(金)はお休みさせていただきます☆★☆

本日東京から背広を着たお客様ご来居。

その方は奥の部屋、通称「大谷石の縁側」…に迷わず向かいある椅子に座られ
「ここに座りたかったんです…」そうおっしゃって…
「カフェとうつわの旅」の本を片手に好日居の掲載ページの写真のその椅子を指差し…
コレも、コレも、と本の写真と生好日居とを比べつつ丁寧に確認するように
本を見て楽しみに来て下さったのだなぁ~と恐れ入るばかり…

サインまで求められ…これは少々恥ずかしいものがありますが
(…それでも実はお二人目…サインの練習しておけばよかった…(笑)

遠方からのご来居ありがとうございました。
お帰りになる時、お茶を淹れてる最中でお見送りできず…
また来て下さるかな…いつか…楽しみにしています。

そしていつも大谷石の間が変わらずにあるように
いえ、もっと居心地のよい空間になっているように…
…と、また心の引き締まる思いでした。

期待はずれじゃなかったかな?少し気になりつつ
でもちょっと嬉しかったです。

あのお客様はスタンプラリーのように「カフェとうつわの旅」をしながら
あの本に店主のサインが埋められていくのかな?
そのこともちょっと聞いてみたかった…
そんな旅も悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆延期のお知らせ◆ 囍茶さんの 「お茶と器と」

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
☆★☆2008.11.7(金)はお休みさせていただきます☆★☆

奈良の茶友、囍茶さんのたのしみなイベント「お茶と器と」
急遽、延期されることになりました

好日居から楽しみに案内をお持ち帰りされた方がいらっしゃいましたら
またしばらく後のお楽しみということでどうぞお待ちくださいませ

200811

延期のわけは店主さん水疱瘡のため。
店主あってのお店、代りが利かないとは大変だなぁ
好日居も改めて日々健康の大切さを思うのでした

喜喜茶さんの「お茶と器と」
また日程が決まれば好日居からもお知らせしたいと思います

みなさまも秋のひと日、健やかにそして好日にお過ごしくださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えた”殻付き”マカダミアナッツ

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

081105_005

私の欲しいものはなぜか店頭から消えうせていく…
何故?…売れないものが好きなのかな?

たとえば、
デザインが目にさわらずさりげなく美しいと思うもの
ちょっぴりめんどうで美味しいもの

今回店頭から消えて悲しい思いをしたものは
「ちょっぴりめんどうで美味しいもの」
殻付きマカダミアナッツ…

木製の胡桃割りでは割れない殻付きのソレ、
マカダミアナッツ専用殻割り器も軸が折れてしまうほどの
「丈夫ナ殻ヲ持チ」のマカダミアナッツ…
割るのがちょっと面倒なほど殻が固いのだ
(このナッツ割り器はマカダミアによる軸折れの為なんと二代目…)

最近まで近所の明治屋さんにも売っていたのに
ある日突然商品棚から姿を消していた…

この写真は最後の貴重な三粒
今日はブログにご披露…
と思って割ってみたら硬くて上手に割れませんでした

殻の中が鈴カステラのように美しく二色なのも
意味もなくお気に入りな理由
そして割りたてマカダミアの美味しいこと…
塩味付きの其れとはちと違います
最後のひとつぶ…ちょっと心していただきます

木の実好きなんです
胡桃の季節ですね
好日居でも胡桃を使ったお菓子も作りたいなぁ…
とぼんやり思うこの頃です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都の町中、迷犬を探しています。。。

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
☆★☆2008.11.7(金)はお休みさせていただきます☆★☆

好日居の小さな友人達から預かった大切なお願いの告知

081105_2

犬を探しています!
【特徴】
・名前は「スキッピー」沖縄生まれの雑種の小型犬
・首にちいさな「おまもり」がついています
・毛色は、身体が「ベージュ色」、首周りは「白色
10歳の♂オス、おじいさんです。

【連絡先】
こまい:075-213-7672
もしくはこのブログのメールまで…

ちいさな友人たちが飼っているわけではないのですが
とても仲良くしている大切な犬の友達なんだって…
どうぞ見かけた方はご連絡ご協力お願い致します

京都「烏丸御池」で今の飼主さんから離れて
沖縄目指して南に南に走っていったとか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンボのメガネ

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

好日居にブルーカメラさん(お客さま)がご来居
ステキなペンダントヘッドをおもむろにのぞくのです…
何なに??
な~ンとトンボの目みたいなレンズがペンダントになってます
オモシロ~い…

081030_15470001

あら不思議…好日居のキッチンです
なんだか魔法がかかったよう…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »