« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

夏仕舞、秋仕度

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

_mg_1680 ↑photo: by喜多章
涼をさがし求める今年の夏でしたが、めっきり秋の空気
そろそろお世話になったこの香りともしばしさよなら
たかが蚊取り線香、されど蚊取り線香
夏の大切な景色、今年もお世話になりました

080829_001

そしてもう一つ、
この夏「好日居」に耳から涼を届けてくれた姫路の明珍火箸の風鈴である。
~9/1まで作者の明珍宗理さんが京都高島屋の7F催事にいらっしゃってるとの事、
糸変えをお願いしてきました。
随分長く使っているので少し錆びていたのですが椿油を塗るとよいとの事。
あんなに暑かった夏ですが
今日、風鈴の音は心なしか名残り惜しき音…

さてさて、来る秋そして冬のためにぼちぼち秋仕度…はじめますか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の日暮物干茶会 @ 好日居

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

地蔵盆の撮影の帰りに寄ってくださった写真家の喜多章さんと友人の竹葉さん
そして近所のparammmさんも合流して
日暮も近く物干にあがってビールで乾杯!

秋めいた空を眺めているうちに急遽茶を点てることに…

_mg_1682

ウズベキスタンの青空を切取って連れ帰ったうつわで

_mg_1683

鋼鉄のようなブログ
やら
男前ブログ 
やら
茶みせとわからないブログとの評判
たまには茶みせらしく…ちょっとご披露

_mg_1687

ちゃんとお茶を点ててます…

P675_4

でもね、
お茶を点てだすと物干桟敷の人々は3人総カメラマン状態…
ちょっと笑える写真も披露…

でも美味しくいただきました

心地よいと思える時と場所でお茶を点てる
昨日は理想のひとときでした

photo : 上3枚-by 喜多章さん
       物干茶会の図-by 竹葉さん

| | コメント (5) | トラックバック (0)

賣茶翁

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

080821_005

土産があるが冷凍して後日渡そうか?というメールが入る
元上司の出張先、仙台からである
聞けば「賣茶翁」という電話もない小さな仙台の和菓子やの一日限定65個のどら焼き入手の知らせである
もちろん冷凍などゴメンである
仙台から江戸まわりで暮れて亥の刻ご入洛の「どらやき」
受取り場所は京都駅

今年北海道より寒い夏だったという仙台からはるばるやってきたと思うだけで
トクベツである

さっそく夜中、持ち帰りひとくちほうばってみる
甘すぎるどらやきが多い中、華やかさはないものの生地はきめ細かく餡も生地に添った美味しい一品

お茶を淹れながら「賣茶翁」を少し調べてみる

僧職を捨て、賣茶翁は京都で、春は花を訪ね、秋は紅葉を探り、人々を迎えては茶を売る。
多くの文人たちと親交を持ち、その人となりは多くの人々に慕われ、
茶をもてなすだけでなく、客に禅の心を説き、人生を語り、芸術を語った。
89歳まで生き、池大雅(画家)や僧大典といった友人に惜しまれつつ、岡崎の地に逝く。

…岡崎!?…「好日居」、正にこの地、岡崎である。
そして茶をもてなす賣茶翁、まさに好日居の目指すところに近い人物であるのかもしれない

たかが「どらやき」されど「どらやき」
仙台は『賣茶翁』、好日居にとってぐっと身近になった名前である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『縁むすびの糸』/日々是好縁

080818_001

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆ 2008.8.12更新

近所のparammmさんが出雲大社に行かれて
「好日居」によいご縁がたくさんあるようにと『縁むすびの糸』をお土産にくださいました。

考えてみれば「好日居」を始めて本日、5ヶ月目。
あっという間の4ヶ月…

オソルオソル門をくぐり
玄関の扉を開けてくださる勇気ある(?)お客さまもちらほら…

「また来ます」と帰ってくださるお客さま
そして「また来ました~」と言って玄関を開けてくださるお客さま…
そしてそして「友達連れてきました~」と再来居くださる方
そしてお帰りにはみなさんステキな笑顔を「好日居」に残してくださる気がします。
そんなお客さまの笑顔に感謝でいっぱいです。。。

そんな「好日居」でしばしの「ひと時」を過ごしてくださる方が少しずつ増えました。
30年もの間 空き家だった空白の時間を埋めるべく
日々「好日居」にもちいさな歴史が刻まれています

好日居にある「古いオルガン」も「古い回転椅子」や「うつわ達」、「お茶」までも
何かしら縁あって「好日居」にやってきたもの…

「ヒト」も「モノ」も「好日居を使っていただいたいろいろな会」も
つくづく御縁だなぁ~
そしてよい縁はよい縁を運んでくれるのだなぁ~
…と「縁結びの糸」をながめながら感謝の気持でいっぱい。
ひとり感無量です…(笑)

いつも初心忘れるべからず
季節と共にお天気と共にいつも今、この時を大切に
「好日居」と伴にありたいと思いました。

ありがとうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙人十色/田舎仙人・街仙人

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆

先日京丹後の奥地に住まう自給自足されてる人のところにお邪魔しました。
電気はあれど水は山から、火は薪。
その仙人は木工作家で漆も自分で育て漆掻きもされ、作品をつくる。
囲炉裏でいただくものはふっくら焼きあがり皆美味しく、
お茶に珈琲もストレートな美味しさでした。
囲炉裏から立ちのぼる煙で部屋中燻され木もガラスも全てのものが燻黒色。
携帯は俗世圏外。街に出るには少しだけ大変…かなり世捨モードの『ホボ仙生活』

以前千葉県外房某所に住んでいた頃、近所に時々仙人という兄弟がいた。
しかし半分は海外か東京ど真中に居て半分某所で仙人生活をしていた。
けもの道の先に住まい、公共の電気ガス水道はないが自給自足ではない。
買ってきたラーメンのどちらかに得体のしれない採取キノコを器の底に入れ
どちらかがあたってしまったら片方が病院へ連れていく…という『半街半仙生活』

「好日居」のお客様と近所の京都東山は聖地だったという話になった。
東の瓜生山に仙人が住んでいたと観光案内に書いてあった。
でも、、、でもでもですよ~京都の東山…ってあっという間に街から登れちゃう。
仙人も住まう聖地とは聞こえは良いが、
携帯も俗世もお気軽圏内の『お気楽仙人生活』(でしょ~)

それでも徒歩圏内に仙人になれる場所があるのは少し嬉しい。
俗世がまだまだ捨てられない好日居ですが
たまにはお気楽仙人になりに行こうかと思う今日この頃である。

仙人らしく「不老不死の茶」でも持って…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

旅の思ひ出交換会@好日居

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆ 2008.8.12更新

Kojitsukyo_france_0089_5 

週末20名のお客様が旅の写真交換会場として好日居にご来居くださいました。

みなさんの旅の思い出のかけらにジャスミンを見つけたので
今回のテーマは「ジャスミン」
ウェルカムティーは氷出しのジャスミンティー
お隣のお庭からジャスミンの葉をいただいて好日居いっぱいに飾ったり
メインのお菓子は旅の主催者 PATISSERIE AU GRENIER D’OR さんのジャスミンティの香りいっぱいのプティポット
(このお菓子がみなさんのお話から発見した旅の思い出のかけらでした)

Kojitsukyo_france_0122_2  

まだまだ暑い日だったのでジャスミンティーを挟んだ氷から大皿にこぼれおちた滴を掬って飲んで頂きました。
今回こだわりのお水は伏見御香宮さんの御香水

Kojitsukyo_france_0101_2

好日居からはお友達の美味しいスコーンや好日居のわらび餅…そして岩茶etc…が並びました。

ご来居ありがとうございました。

次のテーマをみつけてまたお茶会ができたらな…と思っています。

photo by parammm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の名残りの好日居

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆
2008.8.9(土) は16:00まで貸切です。よろしくお願い致します

今日は「立秋」
この暑かった2008年夏も時折秋に向かって涼風が吹いてくる…らしい…
なんとかエアコンなく乗り切ったものの…
今年はさすがに猛暑続き…
来ていただいたお客様にはおつきあい本当にありがとうございました。

すてきなうちわをみつけては「好日居さんに似合いそう…」などとお気遣いいただき
「うちわの好日居」…そんな今年の夏でした。。。

建築家で写真家の友人が「好日居の夏」をきりとって紹介してくれています
夏の好日居…ちょっと様子をのぞいてみてください
名残りの景色となればと願いつつ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うつわ考/金継ぎ

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆ 2008.8.1更新

好日居は器狂いというには恥ずかしいけど
学校を出て設計事務所で丁稚奉公の様な仕事をしていたにもかかわらず
その月に出合ったうつわの中から気に入ったうつわを
お給料の度にひとつ買っていった。
5枚は買えないけど1枚ならなんとかなる…
よく一枚のお皿を買うのに全部前に出して並べてもらっては
連れて帰る子をどれにしようか迷った。
今でもひとつのものを買うのにうつわみんなと向き合って面接する。
一緒に帰りたい子がやっぱりいるのだ。(…と、思っている。)

旅にでては土産物屋の隅の壁に忘れられたようにかかってる皿を買って帰った。
土産物屋のオジサンはどうしてこんなのが欲しいのかねぇ~壁から外すのも面倒だ
といったふうにしながらもはずしてもらってから、、、今も好日居のパスタの時間。
…そんなふうにして増えたお皿はみんなてんでばらばらだった。
でも気に行って買ったのでどれも愛着があった。

西宮で震災にあった。生きていたしぺしゃんこにはならなかったけど全壊だった。
大切にしていたうつわ達はたくさん割れたり欠けたりした。
思い入のある器達を潔く捨てた。街中がそうだった。

あの旅のうつわ、あのひとの作ったうつわ。
買ってもらったうつわ。清水から飛び降りたうつわ。。。。たくさん割れた。
でも捨てた。

それからうつわにこだわることが少し馬鹿げてるかと思った。
震災後にあてがってもらったうつわで食事をした。
ちっとも食事が美味しくなくて泣いた。涙が出た。
あのうつわたちを金継ぎすればよかった…心からそう思ったが
もうどこかのゴミ捨て場にはこばれて埋められたにちがいない。
こだわりを捨てようと思いつつ少しずつうつわは買った。
たぶん前ほどこだわりはなく…でもすこしずつ…

でも時々割れた。今度は繕おうと思った。
金継ぎをしようと思いつつそれからずいぶん経った。

そろそろ私も金継ぎをして旅のかけらをまた繋ぎ合わせたいと思う。

友人が今、金継ぎをならっている。
そんな友達を囲んで金継ぎの会をしたい と思ってます。

割れてしまったうつわ、欠けてしまったうつわ、一緒に繕ってみませんか?

まだ友人とそんな計画をしている最中ですが、
昨日「ELEPHANT FACTORY COFFEE」さんで
知人の繕ろわれたうつわが置いてあって繕って大切に使われてるうつわはいいなぁ
と心より思ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アパート「ガーデン」

☆★☆「好日居」営業情報はプロフィールに載せています☆★☆ 2008.8.1更新

080801_002

「アパート ガーデン」

近所にそんな名前の建物がある
が、ずいぶん前からすでにアパ-トではないらしい
ある庭師の方が営まれていたアパ-トと聞く。
庭には大きな木が欝蒼と茂り、巨大な灯籠が鎮座している。

080801_014
積まれた煉瓦も手仕事らしく絶妙なバランス。建築も嫌みなくモダン
実は学生の頃から住みたくあこがれてもいた。
こっそり覗くと管理人部屋らしき入口上には
「パンジー」と書かれた札が見える。
どの部屋にもそんな植物の名前が刻まれているのかと思うと
建築マニアにはたまらなく下心をくすぐられる。
残念ながら他の部屋を見ることは叶わずますます気になるばかり。

「アパート ガーデン」。。。名前からしてステキである
ただただ通り過ぎる場所なのにとても魅力的な場所

誰にも知られずそっとしておこうと思いつつも
いつの日かそんなアパートでこっそりお茶会などしたいと
下心は膨らむばかり…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »