« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

ひな祭り☆

200802025_009

もうすぐひな祭りですね

これは流し雛の風習残る鳥取のもの
一人づつのお顔がなんだかかわいらしくて…

建具のレールを清い川の流れ に見立てて(?)…
流したつもり…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

工事中居の好日居 de 鍋パ

Dscn0002 ←鍋パの元/080224

‘想像マレーシア鍋’、‘焼き鶏鍋’、‘酒粕鍋’、元上司の師匠 陶芸家Y氏のお土産‘鹿肉’炭火焼、‘たま木亭カンパーニュ&バケット&おこげパン’、‘Casa de Bananoさん親戚製イチゴ’、‘好日居父製甘い白菜’、‘自家製簡単瞬間燻製’、‘鍋作家誕生日トリプルロールケーキ’、お土産の‘鍵善-鍵もち’、‘天狗の稲荷’、‘寝屋川バウム’…

…いろいろ食べました…

鍋会中、写真を撮らずですが、濃い濃い会だったことは間違いないようで…

雪積もる中、熱いひと時をありがとうございました

元上司H氏の陶芸作品、鍋デビューのための小さなパーティの予定でしたが

気がつけば工事中の好日居にたくさんの方が集まってくださって

たくさんお手伝いいただいて

そして、たくさんエールをいただいて

本当にたくさんたくさんありがとうございました

来て下さった方から

「本当にオープンできるの?」なんて心配されてますが、

ただただ「日々進歩」…で参ります

どうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

○。°明日は寒い鍋日和 。○

Dscn0015

明日は好日居で鍋パーティー、
島酒店さん http://shima.atukan.com/ に吹雪の中、明日のお酒を買いに行きました。
バイクに安定して乗るように、縄でしっかり縛ってくれました。
縛り方がカッコイイので乾杯はビールで、
ちょっと飾ってから開ける事にしましょう…明日参加の方お楽しみに!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Água de Beber♪/おいしい水/Buena agua de beber

Photo おいしい水を求めて…
京都は水処…というけれど、残念ながら水道水はちっとも美味しくない…
今、自分のためのお茶とお米には必ず井戸水を汲んでいる
水道水のように口の中にひっからないし柔らかい、そして無臭無味

先日先斗町のママさんが
「京都は井戸水がいいよ…年中定温で洗いものしても手は荒れないし…」
(シモヤケの私は飛びついた!)
ダメもとで急遽井戸掘り計画を目論んだ好日居
大阪の友人の父は友達と井戸を掘ったそうな…って話も聞たばかり!
昔式ポンプでジャージャーって水を汲みながら
美味しいお茶を淹れる情景を思い描いたよ!
早速、井戸掘りやさんに打診~
………しかし残念ながら、鴨川より東はあまり良い水ではないらしい…
いきなりノックアウト(T_T)
もちろんお金をかけ、深く掘れば別の話だと思うけれど…

京都で浅くて良い水が得られるのは御池烏丸あたりから北とか…
そういえば、茶家の家元のあるあたり…
それは水のよい場所にあるという事なのか…?
昔の人はすごいなぁ~と思いつつ…井戸を掘るのを諦めた好日居でした
浄水器を使うのは不本意ではありますが、
水道水をより美味しくいただくおススメあれば教えてくださいませ!
パン屋にひき続き、「求むおいしい水!near 神宮道!!」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

○。°小鳥の楽園 。○

0802195_2 0802192


好日居の庭には小鳥がやってきます
今はメジロがつがいでかわいい姿を見せています
見えます?

小鳥も好日であるような好日居でありたいな…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

求むパン屋 along the 神宮道!

幼少のころからパンキチです
昨日そんな話を友人としていた

幼少の頃、広島在住
市街にはアーケードがあり
アーケード中に流れる焼きたてパンの香りは子供の心を鷲掴み。
そのパン屋はベーカリー「アンデルセン」で
以前はお姫様の出てきそうなステキな洋館でした。
確か赤い絨毯が敷かれ乙女心をくすぐる夢のようなパンやだった。
(と、思う)
それからというもの、パンキチのまま今に至る

芦屋「BACKEREI BIOBROT」のパンを入手
この頃は粉の美味しいパンが沢山出てきて本当に全面口福!
今日も生きててよかった…って思える好日居でした

しかし、好日居のある京都・岡崎、
、、、ウカツにもパン屋不毛地帯!!
どなたか美味しいパン屋さん開店しません?
求ムパンや!

朝、MYパン篭を持って焼きたてパンを買いに行きたい今日この頃…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

りぐり山茶

Photo_2

旅先で出会った茶作り人の方が四国高知からお茶を送って下さいました
未生の茶樹が茂る山の地だそうです
http://blog.livedoor.jp/country777
好日居で飲みたいお茶を探していた矢先、
その方の名刺にすられた写真、
山中の茶樹郡がとても印象的で連絡をしてみました
京都の水でどんな風に味わえるか、楽しみです
山の香がするんだろうなぁ~
ちなみに「りぐり」って土佐弁の「りぐる:こだわりにこだわって大切にそして丁寧に作った」
って意味を込めたそうです
りぐって淹れてりぐって飲まなくては…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »